ニューヨーク州に位置するダイナミックなロードコース、ワトキンスグレン


写真でもわかるほどコーナーにはバンク角がついていて、アップダウンに富んでいます

ここは1961年から20年間F1が開催された伝統のコース

今年、全面再舗装されて、近代F1サーキットのような路面になりました!


これは最終コーナーですが、オーバルでも使われるSAFER(Steel and Foam Energy Reduction) Barrierが導入されていて、ウルトラハイスピードコースならではの安全対策も施されていました


このように鉄製のガードレールの奥が衝撃吸収材になっていることで、クラッシュ時の衝撃が劇的に抑えられているんです

お世話になりたくありませんけどね😅

僕らは唯一事前テストに参加できなかったけど、明日からの走行がんばってきます!!