INDY500の予選後に行われるメディアツアー

各ドライバーは全米各地に飛んでプロモーションを行います


さて、今年はセントルイス

インディアナポリスからはクルマで行ける距離ですが、片道4時間...

フロントロウのエド・カーペンターと一緒です


ダウンタウンでラジオとテレビのインタビューをこなして

スコット空軍基地に移動して来ました


えっ?!


A54I6070.jpeg


怖い...


何やらいきなりヘルメットを被されてコンテナの中に閉じ込められ


A54I6082.jpeg


えっ?えっ?

え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ⁉️


特殊部隊の潜入訓練に巻き込まれてるし


バンバンって撃ち合いが始まりました❗️❗️❗️

ちょっと勘弁してよ💦


ペイント弾のようなものらしいですが

恐ろしかったです


犯人役は無事逮捕されましたが、怒鳴り声と格闘で訓練とは思えない迫力でした


さて、舞台は変わって今度は医療班を訪れます


A54I6122.jpeg


こちらは輸送機を想定したメディカルチームのシミュレーション装置


患者さんのダミー人形はコンピューター制御により、瞬きしたり口を動かしたり、体が震えたりします

近づいたら呻き出したのでめちゃめちゃ焦りましたが、どうやら写真左のマジックミラーの部屋から遠隔操作していたようですね... 脅かさないでほしいです😰


A54I6161.jpeg


これは実機を使った新しいシミュレーション装置を作っているところ

機内での医療作業は制約も多いはずなので、このような訓練が必要なのですね


A54I6225.jpeg


このとてつもなく大きなクルマは最新のジャマー(電波妨害装置)だそうです

ジャミングを開始すると、全ての通信は遮断され、敵のドローン(前線では今すごいらしいですね...)はGPSを失って、機能することができず、飛び立った基地に戻ってしまうそうな


このクルマはここセントルイスで製造され、直接前線に送り込まれるそうですよ

なんか恐ろしい...


それにしてもジャマーって邪魔〜みたい

ロードは道路とか、これは偶然?それともシャレ?

英語と日本語の起源に関係あるんですかね???


さてさて、次は爆弾処理班です


A54I6264.jpeg


このロボットは遠隔操作により爆発物の除去を行います

写真はグルグルと有線でリモコンと繋がっているけど、実際は無線です

後ろから操作する人が付いて行ったら意味ないし笑


アームを操作して地雷をテーブルに戻してみました


そして極めつけは...


A54I6301.jpeg



ジャジャーン!防爆スーツを着てしまいました

完全にハートロッカー(2008 米)じゃないですか!!


重い... それにしても重い


A54I6292.jpeg


いきなりみんなに囲まれて横に倒されたのですが

ヘルメットを被っていてよく聞こえなくて...


このスーツがどれだけ強いのか証明する為に人が束になって被さってくるのかと勘違いした俺...


A54I6296.jpeg


怖いからバイザーを閉めて、心の準備をして待っていたら、なんか雰囲気違う...


あ、起き上がってみてってことなの?!笑


なーんだ

待ってて恥ずかしい思いした


A54I6291.jpeg


起き上がれました!


さてさて、まだ続きます


次は消防隊


この防火服を80秒以内に着て下さいと言われ...

緊急連絡があってからこの時間で出発らしいです

エドとコンペティションに!


A54I6326.jpeg


デカイよこれ...


A54I6328.jpeg


ぬお〜〜


タンクを背負い、ハーネスを締めます

カウントダウン始まったー


A54I6341.jpeg


完成!77秒で間に合った

エドに1秒差くらいで勝った(と思う笑)


A54I6366.jpeg


特殊部隊や医療班、消防隊の皆さんのおかげで守られているんですね

本当に感謝です


それにしても、INDY500のプロモーションっていうより...


なんかキッザニアに来たような一日 笑

ライリー小児病院で開かれたパインウッドダービーに参加してきました

ボーイスカウトの子たちから寄付されたレースカーがズラリと並びます!
_var_mobile_Media_DCIM_123APPLE_IMG_3282.JPG

パインウッドダービーは松の木の公式キットを使ってレースカーを作り、坂から走らせてその速さを競います

アメリカ連盟カブスカウトの年間イベントのようですが、東京大会や国際大会もあるようですね!

レースですから、しっかりと車検も行われます

_var_mobile_Media_DCIM_123APPLE_IMG_3272.JPG

車重はクリア!

_var_mobile_Media_DCIM_123APPLE_IMG_3273.JPG

うーん、大きさが微妙ですねぇ〜
でもギリギリ合格です!

さあ、スターターを任されました
誰のマシンが一番かな?!


エリオのと競技したんですけどね…
負けちゃいました

ここでもペンスキー強し!笑

HcvDftkdpX.jpg

傾斜のついたコースを一斉に駆け下ります!

コンピューターを使った計測で、各レーンの公平性を図るために6回レースして勝者を決める徹底ぶり

単純であるが故に厳しいコンペティションが存在するので、レースカーを作成する楽しさだけでなく、創造力を育むこともできるし、競うことで嬉しさや悔しさも体験できる素敵な場だと思いました

_var_mobile_Media_DCIM_123APPLE_IMG_3283.JPG

怪我した子、病気の子、たくさん参加してくれました
みんな早く良くなるように祈ってます!!

_var_mobile_Media_DCIM_123APPLE_IMG_3284.JPG

いよいよ今日からプラクティスが始まりました

例年ほぼほぼシェイクダウンだけで終わっていた1日目ですが、今日はクルマの感触を掴んだあと、さっそくグループラン(チームメイトと一緒に走ってトラフィック状態をシミュレートすることです)まで行いました!

アンドレッティのテストプログラムは頼もしい

隣はアロンソの29号車ですよー
ノーヘルなのはピットからガレージに戻るのに牽引されている為ですからね笑

_var_mobile_Media_DCIM_123APPLE_IMG_3269.JPG

明日も楽しみです

↑このページのトップへ