先日頂いたトロフィーを紹介します!

北米最大のモーターショーであるデトロイトオートショーにて、 INDY500優勝のボルグワーナートロフィー授与式が行われました。 
_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6254.JPEG
昨年12月、82年の歴史のなかで初めて米国から海を渡り、 日本にやってきたボルグワーナートロフィー。 皆さんも各イベントでご覧になる機会はありましたか?

しかし、あれは世界にひとつしかない、とても貴重で巨大なもの。そこで、優勝チームのオーナーと、優勝者に贈られる別のトロフィーがあります。ボルグワーナートロフィーのミニュチュア版、通称"ベイビーボルグ"!
_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6255.JPEG
いや~嬉しいですね。
本当に嬉しいです!

台座は石で出来ていて、 そこには優勝の証であるプレートと、 ボルグワーナートロフィーに刻んであるものと全く同じ「顔」もあります。

トロフィーは本家同様にシルバーですから、 取り扱い用に白手袋を渡されまして… 笑 
_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6256.JPEG
ずっと応援してくれた皆さんと一緒に獲った、最高のトロフィーです!!
本当にありがとうございました!!

ちなみに… こんな立派なケースに入っています。
aWeSsn5qJN.jpg
さあ、これから日本に持って帰りますよ! 
_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6304.HEIC

いよいよ大晦日となりましたね。

今シーズンもたくさんの応援を本当にありがとうございました。

TCMに来て下さったファンの皆さんには直接ひとりひとりにお礼を言えましたが、参加できなかった皆さんに、改めて感謝の気持ちを伝えたいです。

インディカーシリーズでの挑戦を始めて8年、夢だったINDY500の優勝を達成できた今年は本当に特別なシーズンでした。

ずっと応援してきてくれた皆さんと共に勝ち取った、最高の栄冠でした。本当にたくさんの応援をありがとうございました。

今年のTCMも、満員となった会場は熱気に包まれていましたね。

当日に至るまでの打ち合わせの過程や準備、
イベントの模様は来年1月のGAORAさんで放送されますので、どうぞお楽しみに!

さて、TCMでの詳細は恒例のレポートにて近々掲載させて頂きますが、
今日はハイライトを少しご紹介しましょう。

まず、会場への入り。
毎年ここはどうしようか悩むんですよね…

でも今年はこれに決めました!
_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5921.JPG

会場をぐるっと一周してステージに向かう!
手が届くみんなとハイタッチで盛り上がりました。楽しんで頂けましたか?

シーズンレビューは70分間ノンストップで喋り通してしまいました😁

時間の都合でカットせざるを得ないシーンもたくさんで、話し足りなくて詰め込んだ分、早口になってしまってごめんなさい。

_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5927.JPG
子どもたちとのじゃんけん大会も盛り上がりましたね。本当は全員にあげたかった。 

_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5926.JPG
満員の会場をバックに、初めてアメリカを出たボルグワーナートロフィーと!!
_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5925.JPG
握手会後のフィナーレは、ファン皆さん全員に生で見てもらいたかったシーン。あの日のビクトリーレーンを完全再現したかったんです。

最後のリスタートからのチェッカーまでのノーカット映像のあと...
_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5923.JPG
あのときと同じウィニングポーズを!
体のひねり具合も一緒に😆
5月29日インディアナポリスの気持ちでマシンに立ちました。

_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5924.JPG
ミルクも飲んでかぶっちゃったしね😂

_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5922.JPG
500の優勝を支えてくれたスポッターのロジャーとフィジオの浩平。
アメリカから駆けつけてくれて本当に嬉しかった。ありがとう。

リングを3人で着けてのポーズは誇らしかったです。

最高のステージを作ってくれたスタッフの皆さん、ありがとう。

そして、ここまでどんな時も応援してきてくれたファンの皆さん、本当に本当に素晴らしいサポートをありがとうございました。

2018年も更なる高みを目指してがんばっていきます。

来年も是非応援をよろしくお願いします!
 
それでは皆さん、どうぞ良いお年をお迎え下さい。

この度の報道された内容につきまして、応援して下さっている多くの皆様の信頼を裏切ってしまった事を心よりお詫び致します。

私を支援してくれてきた妻には深く感謝していますが、このような事態を招いてしまったことは、ひとえに私の弱さが原因だったと思っています。

今後の解決に向けて、誠意を尽くし、私自身、自らの責任を果たしていく所存です。

この度はご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんでした。

↑このページのトップへ