娘が『ハリー・ポッター』の面白さに気付いてくれたので

家にあるDVDを見せているのですが

「死の秘宝」が見当たらず

昨日、『ゴーストバスターズ2』のDVDを借りるついでに

SHIBUYA TSUTAYAへ行きました。


すっかり店舗も減ってしまい

25年は続いた店内放送の映画紹介番組も今年
幕を閉じ

近くで借りられる店舗はここしかなく。


久しぶりに足を踏み入れると

そこにはVHSもずらりも並んでいました。


そうだ、今の若者や娘はこの存在を知らないのだ。


私は映画館とレンタル店が行きつけの10代、20代だったので

VHSの棚を見るのが好きでたまらなかった。


まだ会ったことがない未知の世界の扉のようで

そのジャケットを眺めながら

借りる作品を選ぶのが楽しみでした。


映画公開時とは違うメインビジュアルになっていたり

未公開作品をジャンル別に探せる喜び。


手に取ることでご挨拶程度に出会え、

今の気分とマッチングするか後ろのあらすじを読んで考える。


ここも居場所であり、時間を気にせず

瞬時に異世界へ思考回路がワープ出来る特別な空間。


配信で見ることが出来ない旧作も多々あり、

DVD化していないものなど

宙ぶらりんになった権利をVHSで「ここに居ます!」と言うように

カルトな重鎮たちが存在しておりました。


新しいものに飛びつく心理は分からないでもない。


古いものを懐かしがりたがる心理もよく分かる。


だけど

私は、先輩も後輩も、ベテランも新人とも出逢いたいし

マニアックな方から流行りの方、マイペースな方まで

仕事を続けている限り、話を聞きたいし、見ていきたい。


そうすることで自分の中の世界観が広がっていくから。


そして娘には先人の存在も知って欲しいし

旧作との出会いも味わって欲しいし

大人とも同世代とも年下とも話せる人、耳を傾ける人になって欲しい。


映画を通して人を怖がらず、仲良しだけで集まらず

色んな声を聞いて出会って接して欲しいと

VHSさんたちと再会して気付かされましたわ。