私は小さい時から
趣味が
映画と中学生になって洋楽が
プラスされたくらいで
他は何にもなくて
お金なくて
大学も行けなかったし
学歴もないから
映画雑誌社にも入れなくて
悔しくてなんとか
映画に関わりたいと思って
なんとか関われたのが24歳の時。

今年で26年の映画イベント応援人生。
阪神淡路大震災でも
東日本大震災でも
映画やらエンターテイメントのあり方を
考えることになり
しばらくイベント中止になり
コロナ禍でまたイベント中止になり
やっぱりエンターテイメントって
偉大だと気付かされた。

だって、私みたいなただの映画ヲタクは
映画館で映画を観て、映画試写会や
トークイベントを楽しみにして
映画祭や映画館に並んでいて
その楽しみがあったから明日があって
仕事にまで出来たから
何者かになれ
生きてるって実感するんだもの。

映画や舞台、ライブ、最高だよね。

だからずっとある。

だからエンターテイメントは
人生最高のギフトなんだ。