心理テスト。


そもそも心理カウンセラーの学校で

徹底的に学んだ芸術療法や行動心理から

細かくテストの作り方を習得し

心理テストで気軽に自分と向き合うことで

心が軽くなったり

心理カウンセリングに興味を持ってくれたらな

と思って始めたのがきっかけであります。


だって、心理カウンセラーの仕事なんて

生半端な気持ちじゃやれないからね!


心理カウンセラーの資格を取ろうと思ったのも

小学生の頃、いじめられっ子が友達で

私以外、心を閉ざしていたこと

高校生の頃、自殺未遂してしまう友達がいたこと

どうやったら彼女たちの心が柔らかくなるか

どうやったら彼女のキケンな行動を止められるのか

悩んで悩んで、それがキッカケでした。


今、この状況になり

気分が落ちたり、ストレスで苛立ったり

そんな心と向き合うのも辛いけれど

落ち過ぎないことは、意識しておかないと。


ぴあアプリで連載してますのでやってみて

下さいませ。

https://lp.p.pia.jp/shared/cnt-s/cnt-s-11-03_3_14ee41d8-6be3-4c59-a001-483a66eb3282.html

tI56NhzIir.jpg
p9TWy7Gpzs.jpg
オススメ新作映画

『ミセス・ノイズィ』での心理コラムと

『ルース・エドガー』キャラクター心理テスト


今回

雑誌「スクリーン」でも

カラーセラピーで映画という

見開き1ページを書いたのですよ。


実はね

そもそも「スクリーン」に

「伊藤さとりが心理テスト作れる」

と紹介してくれたのが

先日、亡くなった映画ライターの紀平さんで

ありまして

最近、もうひとつ心理テストを作ったのが

まるで紀平さんからお仕事のプレゼントみたい

だったんですよ。


それは

「スクリーン」の編集長からの紹介で

『007』心理テストを作って欲しいと

ムービープラスからの依頼でした。


紀平さん、ありがとうございます。


今、この状況で仕事が少なくなった私を

助けてくれてるみたいで

人との繋がりに救われるなぁ

とこの頃、やたらと涙腺弱いっ。


そう人と人との繋がりが

やっぱり、心を柔らかくするんだよな。


そして

映画はなるべく優しい気持ちになれたり

笑顔になれるものを見るとイイよね。


映画で、すこーし心が軽くなるって

心を整える大切な作業な気がするからね(^^)


あ、これは

気分爽快、友情と愛に胸が熱くなる映画。

『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』


ストレス発散にかなり効く映画であります。

_var_mobile_Media_DCIM_146APPLE_IMG_6133.JPG