_var_mobile_Media_DCIM_144APPLE_IMG_4741.JPG

イランと米国の衝突が始まり

そんな中見た

2月下旬公開のドキュメンタリー映画

「娘は戦場で生まれた」


勝敗よりも監督が願うのは終結。


命を助けて欲しいという

世界へ向けた強い強い思いが

映像すべてに映し出されておりました。


子供に罪はない。

武力で収まるものなんて何もないし

武力で平和になるわけなんてない。


そしてシリアの戦地では

見ず知らずの人々、子供たちを

大人たちが救い、手助けしていました。


私が感じたことは

そうやって

子供は皆で育てる未来の希望なんだと

いうメッセージを映画から受け取りました。



そんな子供たちは

未来を担う希望だから

この子達が生きやすい

笑顔の多い

世界になるよう

映画もちゃんと作られているんですよね。


1/24公開の

映画「おかあさんといっしょ すりかえかめんをつかまえろ!」


子供を飽きさせない仕掛けと

子供が騒いで良いという配慮と

子供に楽しんでもらうための思いやりが

沢山詰まった素晴らしい映画でした。

_var_mobile_Media_DCIM_144APPLE_IMG_4742.HEIC

公開直前イベントMCを今回もやりながら

子供たちのお返事や笑顔にこんなに元気をもらえるんだ

本当にありがたい、と思っていたら

宣伝スタッフがステキなことを言っておりました。


「子供たちが笑顔になれる仕事が出来るなんて、自分もありがたいです」


子供たちの笑顔が溢れる世界になって欲しいっ。


本当の平和とは

子供たちが笑顔で暮らせる世界なのであります。