jEJegBZgHl.jpg
胎内記憶という言葉を聞いたことがありますか?


お腹の中にいた頃の記憶を3歳から5歳の間に思い出すというものですよ。


おしゃまな娘はそれを2歳の頃に語り出し

「おなかのなかでおよいでて、はやくだしてー!っていってたの」

と。


じゃあ、その前の記憶は?


と思っていたら、前世の記憶ではなく

魂の記憶を先週語り出したのです。


「ママのパパってなんておなまえ?ほんとはそのおうちにいくはずだったの。

だけど、ママのところにきたんだよ」


自転車の後ろから突然話し出した4歳の娘。


ここに書くか一週間(たかが)悩んだあげく


これには意味があると考え直し。


母しか知らないことを、口にした娘。


人にはその時々、当事者にしか分からない理由がある。


そもそも小さ頃から

映画「ドクター・スリープ」の

ダニー少年のように

不思議なものを見たり

話しかけられたりしていた

私の脳みそを信じるならば

魂って出入りして繋がっていくんだということ。

Wuytah1_xb.jpg
(あ、これ、傑作でした!新作ね)


そして、赤ちゃんは間違いなく"家族"を選んで

生まれてくるということ。


言うなれば「会いに来る」という言葉が正しいのかも。


きっと、会わなければいけない人が居て

その人との関係をやり直さなければいけなくて

この世界に戻ってくるのかも、と。


だから

この記憶が本当ならば

妹になるはずだった娘の

やり直しの人生を見届けるのも、関わるのも

母も私も姉にとっても運命なんじゃなかろうか?


出会う人に、多くの人に優しくありたい。


あ、言っておきますが、無宗教です。


ただし、小学生の頃

異様なまでに聖書にハマり

親が止めるのも聞かず

近所の教会の日曜学校に行ったりしていたことも

ハッキリと覚えてますが。


前世、そんなに悔い改めなければいけないことが

私にあったんじゃなかろうか⁉︎


前世がなんだったのかは、まだ娘の口から語られていないけれど。


この神秘な出来事から

映画「ブンミおじさんの森」

の柔らかな空気に包まれ

魂の生まれ変わりを映像で感じたくなり

また見直そうと思った次第です。


チャンチャン。