_var_mobile_Media_DCIM_141APPLE_IMG_1145.JPG

真っ直ぐな瞳で興味津々に質問をしてくる

サニーさんは

その瞳の通り、真っ直ぐで誠実な人でありました。


今日は東京FMの人気番組

「シンクロのシティ」生放送のコーナー

「ショクバのシティ」が事務所に取材に来てくれ

私が今、多くの人に紹介したいことを

ラジオを通して伝えてくれたのですよ。


本当にありがたい。


映画をコメントするというより

映画を応援して、多くの人に映画という

社会と繋がるエンタテインメントで

心潤って欲しいという思い。


新しい視点や視野を広げられる世界と繋がる

ツールである映画を映画館で体感することで

目と耳、五感から感情を揺さぶられ

考えること、感じることに敏感になれたり

皆で映画を体験する

応援上映やトークライブ付き上映の

格別な喜びを知って欲しいという気持ちも

伝わったならシアワセ。


好きなこと、という共通言語で

時に仲間が出来たり、一緒に興奮を味わえ

喜びを味わえる参加型映画体験。


いいですよぉ、私、大好き!


あっという間の時間の中で

サニーさんが

焦点を絞って質問をしてくれたことに

感謝感激ですよ。


実は、映画館で映画を楽しんで欲しい

沢山の映画を知って欲しい

という思いで始めた映画トークライブ

「映画本音でジャッジ」


7/27 19時スタート@ヒューマントラストシネマ渋谷

の宣伝もあったので

ホントに嬉しいタイミングでした!


チケット発売は7/12 19時から

ヒューマントラストシネマ渋谷のネット販売と

当日券もあるので

遊びに来て下さいね。



仕事は使命か?天命か? というお題について。


昔は、使命感で良い映画を広めなきゃ

と思っていた。


「やらなきゃ」という使命感。


今は、こんな素晴らしい映画と出会えて

心揺さぶられたから、皆も心が潤ったらいいな

という「こんなステキな体感したよ」

「聞いて、聞いて、こんなお得な情報あるよ」

的、感覚の仕事スタイルへ。


まさに幸福感。


幸せのお裾分けをしたいという気持ちに

近い感覚なんですよねぇ。


これは、映画じゃなくてもいいんだけれど

私の近くには、たまたま映画というツールがあって

映画で飢餓問題に気付かされ

ユニセフに募金しようと思ったり

映画で政治的問題に興味を持ち

政治のニュースを読むようになったりで

自分にとっては

世界から発信される

自分磨き、自分学び、良き人になる為の教科書

がたまたま映画だっただけ。


それを、メディアや媒体を通して

人に伝えられる仕事に着いたのだから

これって天命なのかもしれないし

それならば、間違いなく映画の神様に感謝して

映画を通して、心潤う人が増えたらいいですよね。


そんなことを思った今宵。


なんだか

心地良い眠りにつけそう。