_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2607.JPG

この二日間

いや

去年の秋から今年まで

マーティン・スコセッシ監督が来日するたびに

司会をする中で、話しを聞いて、考えさせられていた

映画「沈黙 ーサイレンスー」


28年前にスコセッシ監督が遠藤周作さんの原作と出会い

そこからずっと映画化を考えながら

なかなか脚本を書けずじまいで

再婚して娘が生まれた辺りで

自分自身も成熟して

脚本を書き始めた

と監督は、昨日の会見で話していました。

_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2608.JPG

ちょうど昨日の会見に

出演者の塚本晋也さんもいらしてて

今日の

「沈黙 ーサイレンスー」ジャパンプレミア

舞台挨拶前に昨日の会見のことを話したのだけれど

やっぱり

マーティン・スコセッシ監督の

「未来の若者への不安」

が心に響いたようでした。


_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2638.JPG

窪塚洋介さん演じるキチジローのような

弱者が生きられる場所は果たしてあるのか?


スコセッシ監督はこんなことを言っていました。


現代社会は

益々、強者が、全てエライ、正しい、と思わせてしまう状況になり

弱者は排除されてしまっている。


これは大人やメディアのカラクリでもあるのに

未来を担う若者たちは信じてしまいかねない。


弱者だって、いつから変化する場合もあるし、弱者が悪いなんてことはない。


だからこそ

弱者を受け入れ、抱き締めるような人間になってほしい。


日本で、隠れキリシタンが弾圧されていた時代が舞台であり

恐ろしい処刑の中で、彼らと神父が、信仰とはなんなのか? 神は存在するのか?

と自分自身に問う心の旅であるから

宗教的な映画なのはたしか。


けれど

それを飛び越え

マーティン・スコセッシ監督が描きたかったテーマこそが

人は平等であり、誰も人を罰するほど偉くはなく

真実は全て自分の中にそれぞれが持っている

ということだと

映画を観て、話しを聞いて思ったことでした。

_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2639.JPG

日本を代表する俳優陣が、皆、オーディションで役を勝ち取り


心も身体もスコセッシ監督に委ね

精神的にも肉体的にも過酷な役を、演じきり、今、この笑顔なのだから

スコセッシ監督の魅力というのは

歴代の作品だけではないのですよね。


「サンキュ」という言葉が舞台挨拶で監督から何度も出て

「ありがとうございました」という言葉が俳優陣からも何度も出てた。


「タクシードライバー」

などの狂気に満ちたものでもなく


「ヒューゴの不思議な発明」

のように温かな愛に溢れているでもなく


「ウルフ・オブ・ウォールストリート」

のギラギラした感情でもなく


愛すべきギャング映画たちが放つ、カッコいい男たちの生き様でもなく


ただただ

苦しく、哀しく、虚しく

それでも

神を信じ、愛を信じ

空を仰ぎながら神の姿を探す人々。


権力を持った人の絶対的な発言がもたらす、恐ろしい問いに

自分だったらどう答えを出すのか。


裸で十字架に貼り付けられ

激しい波に

何度も何度も全身を叩かれるシーンこそが

今でも目に焼き付いている。