伊藤さとりオフィシャルブログ「さとりのひとりゴト あの映画のウラ・オモテ」Powered by Ameba border=

「すべての人の心に花を~FLOWERS FOR YOUR HEART」


 という歌を知ってますか?


沖縄の歌でね

「川はどこどこ流れて行くの」という歌詞で始まる。


私はこの歌を聴くと、ある女性を思い出すんですよ。


昨夜、沖縄から帰って来たらこの本が届いてました。


「目指せ、カリスマ映画ライター!」


 映画ライターの植田さやかさん の文をお母様がまとめた本。


お友達で、血の繋がってない歳の近いいとこのお姉さん

みたいな人デシタ。


やだなぁ、書いてるだけで目が潤んじゃう。


本を開いただけで文字が滲んでしまうんだもの。


さやかさん、2001年の10/16に脳出血で突然

この世を去ってしまって、今は天国から時々、皆を見てる。


さやかさんが好きだったのがこの歌。


御葬式の日、この歌が流れてた。


お母様からその後、何度か電話があって、さやかさんの足跡や

交流関係を尋ねられました。


「さやかの書いた原稿をまとめた本を作りたいんです」


約8年半の時間が流れて、遂に「願い」が一冊の本になって

私のもとに届いたんですよ。



「さとりは、映画の良さをちゃんと伝える人になるんだよ!」


豪快に笑いながら愛情いっぱいの叱咤激励でさやかさんが

時々、口にしてた私への応援の言葉。


音楽ライターもやっていて、聖子ちゃんが好きで

リュック・ベッソンプロデュースの映画で

7人のストリートパフォーマーが活躍する『YAMAKASI』

のチョウ・ベル・ディンが大好きで

クイーンの曲から生まれた亡きヒース・レジャーの名作

『ROCK YOU!』を見た時は、大興奮して踊ったさやかさん。



すべての人の心に花を。



沖縄の空気をまとって帰って来たら

口を大きく開けながら笑うセクシーで豪快で

嘘のないまっすぐな瞳と言葉を放つ太陽みたいな

さやかさんが私の前に姿を現しました。



プライベートで出逢った人もそう。


仕事で出逢った人もそう。


血のつながった親族として出逢った人もそう。


私は神様じゃないから

私という存在と出逢ってくれた人達の心に花を咲かせられる

瞬間をせめて作れたら、と今は思うのです。

伊藤さとりオフィシャルブログ「さとりのひとりゴト あの映画のウラ・オモテ」Powered by Ameba-2010032912470000.jpg