伊藤さとりオフィシャルブログ「さとりのひとりゴト あの映画のウラ・オモテ」Powered by Ameba-2010062915220000.jpg


なにをおいてもスタジオジブリのぬくもり感はピカ一。


優しくて懐かしい、幼い頃にかいだ匂いみたいな。。。


『借りぐらしのアリエッティ』


7/17公開を前に観て来ました。


一言につきます。


「みずみずしい」


雨上がりの陽に輝く、水分をいっぱい吸った緑。


人間に見つからないように床下で暮らす小人のアリエッティ。


人間の少年に見つかってから彼女の世界はガラリと変化する。


イギリスの児童小説「床下の小人たち」が原作。


小人たちは人間たちの家から生きるために必要なほんの少しの

ものを「借りて」地下で生きている。


音楽は久石譲制作じゃなくてケルト音楽。


だってイギリスの児童小説だし、妖精の話だから

自然霊を信じるケルト民族の曲でしょ?と私は勝手に解釈。


多くを望まず、必要なものだけで日々の暮らしに感謝し生きる。


「借りる」というのはお金とかじゃない。


小人のアリエッティと一緒でね

考えてみたら、私たち人間も自然から野に育った野菜や

牛の乳やら必要な分だけ「借りる」=「少し拝借」して

昔は生活してたんだから、それがホントの地球での共存生活。


『借りぐらしのアリエッティ』を観たら

身体の中に緑を取り入れたくなったわけで。。。

伊藤さとりオフィシャルブログ「さとりのひとりゴト あの映画のウラ・オモテ」Powered by Ameba-2010062818040001.jpg

これ、美味しっ!


あぁ、やっぱり身体が不必要なものまで欲する贅沢だ。


今週は静かに暮らしマス。