$伊藤さとりオフィシャルブログ「さとりのひとりゴト あの映画のウラ・オモテ」Powered by Ameba

韓国の演技派でありイケメン俳優、ウォンビン氏。


去年韓国で並みいる洋画を抜いてナンバー1ヒットとなった

『アジョシ』が9/17に日本公開となるので来日しました。


名子役キム・セロンちゃん11歳とイ・ジョンボム監督と一緒。


ここまで力の入る映画だと見る前までは正直思っていなくて

見て、その殺人マシーンさながらの戦闘武術に目が離せなくて

更に深い悲しみを秘めた瞳や重い過去を背負った背中に

「ウォンビンはこれで真の演技派になった」と強く感じ。


『レオン』的なストーリーの中に

『タクシードライバー』を彷彿させるシーンもあるわけだけど

完全に韓国のオリジナル映画として確立していて

エネルギッシュで隙がなく、時にとてつもなく残酷な映像に

日本ではエンターテイメントとしてここまでの映画を作るのは

まだ難しいのかな?と思ってしまいました。


それで、記者会見とプレミア試写会の司会をしたのだけど

やはり、ウォンビン氏はアクションより、人間ドラマに

注目して欲しいらしく、何度も「おじさんと少女の絆」

「大人と少女の愛のカタチ見て欲しい」と連呼してました。


物静かな方ですが、『ブラザー・フッド』や『マイ・ブラザー』

そして『母なる証明』、個人的には『ガン&トークス』も好き。


ドラマから映画への遍歴を見ると、ルックスではなく

演技力を見て欲しいという思いがどんどん

強まっているんじゃないかな?


でも確かに演技力には一目置くここ最近です。


人気は日本でもずっと絶大で、今日のプレミア試写会では

ファンクラブの方の黄色い歓声で華やいだひとときになりました。


新宿を行ったり、来たりした本日。


まだ、仙台へのチケットを買っていないと気付いた。

週末は、仙台へあるロケを見に行こうと計画中です。


『GANTZ PERFECT ANSWER』舞台挨拶で5月に行った以来。

 
仙台は元気でしょうか?