月別アーカイブ / 2012年11月

伊藤さとりオフィシャルブログ「さとりのひとりゴト あの映画のウラ・オモテ」Powered by Ameba-__.jpg

並んでも食べたい代官山のアイヴィープレイスの

ふわふわパンケーキ。



伊藤さとりオフィシャルブログ「さとりのひとりゴト あの映画のウラ・オモテ」Powered by Ameba-__.jpg

ターコイズのローズに一目惚れしたドラゴンローズの

ピアスとロングネックレスを着けて出かけました。


今、見るのにオススメ映画は?


と聞かれると

『最強のふたり』『アルゴ』『のぼうの城』

まだやってたら『桐島、部活やめるってよ』


と口癖みたいに言ってる週末です。


ゆっくりと、ときどきサワサワと戸惑いながら時間が流れてます。

伊藤さとりオフィシャルブログ「さとりのひとりゴト あの映画のウラ・オモテ」Powered by Ameba-2012102700420000.jpg

自転車でお散歩したり、電車に乗って下町に行ってみたり

そんな今日の1日です。


お休みが続いてうっかり忘れないうちに書き留めておこうと

今日は、胸をいぬかれた11/24公開の新作邦画をここに綴ります。


『ミロクローゼ』


山田孝之くんが三役をひとりで演じたポップアートと音楽と

ミックスして「こんな純愛のかたち」を三つのシチュエーションで

見せていく『オー・マイキー!』の石橋義正監督の

ビビットなセンスが光る映画でした。


ただ、ただ、なにもかも好きな映画でした。


絵本を読んでるような可愛くてシュールな話しかと思いきや

ポップでサイケなダンスも詰まったブラックな笑いの物語に。


かと思えば、時代劇仕立ての中に、さらわれた愛する人を

探し続け、カッコイイチャンバラありの純愛に胸が熱くなったり。


でも、三者三様の男たちに統一しているのは

愛する人に一生懸命、愛を手に入れるために、どんなことも!


ひたすら愛の為にアウトローなかっこよさなのでした。


男たるもの、相手の反応を待っていないで、行動するのみ。


そんな監督の声が聞こえてきそうな

女の理想の男性像が詰まった

かっこよすぎて好き過ぎる映画でありますの。

$伊藤さとりオフィシャルブログ「さとりのひとりゴト あの映画のウラ・オモテ」Powered by Ameba

自分の魅力について自分では分からない。


表立って映画を紹介する仕事をしているので

仕事面でのセルフプロモーションが分からない私は

自分の思い込みも怖いので

その道のプロに尋ねたり、コーディネートしてもらいます。


上の写真のアクセサリーは、映画『おろち』で

ジュエリーデザイナーをつとめ

女優の木村佳乃さんも愛用する

「DRAGON ROSE」のアクセサリー。


$伊藤さとりオフィシャルブログ「さとりのひとりゴト あの映画のウラ・オモテ」Powered by Ameba

河合佑紅さんが天然の真珠で一点ずつ作り上げる

素材を活かしたアクセサリーに魅了され

このジュエリーをステージでよくつけています。


http://www.dragonrose.jp/


今日はこの「DRAGON ROSE」受注会で買ったアクセサリーと

土曜日に宣材写真を撮るので

そのスタイリングを友人で綾小路翔さんの専属で

映画『高校デビュー』など

ポップでキュートなスタイリングに定評がある

スタイリストの小泉美智子嬢のアトリエにお邪魔して

私の魅力を引き出すスタイリングをしてもらいました。

$伊藤さとりオフィシャルブログ「さとりのひとりゴト あの映画のウラ・オモテ」Powered by Ameba


記録用に自分撮りをしたので、なんだか中途半端な写真(苦笑)


映画の司会者なら、女優さんを引き立てつつ

品良く、センス良く、というのでこんなワンピース。

$伊藤さとりオフィシャルブログ「さとりのひとりゴト あの映画のウラ・オモテ」Powered by Ameba


映画コメンテーターでTV出演などには、パンチの効いた

ハリウッドっぽく、こんなロックなファッション。

$伊藤さとりオフィシャルブログ「さとりのひとりゴト あの映画のウラ・オモテ」Powered by Ameba


その他、似合いそうなもの、というのでこんなアレンジ。

$伊藤さとりオフィシャルブログ「さとりのひとりゴト あの映画のウラ・オモテ」Powered by Ameba
$伊藤さとりオフィシャルブログ「さとりのひとりゴト あの映画のウラ・オモテ」Powered by Ameba
$伊藤さとりオフィシャルブログ「さとりのひとりゴト あの映画のウラ・オモテ」Powered by Ameba

「最後のブラウス、ナチュラルに、しっくりくるね」

というのでこんなベージュピンクのシルクブラウスを

宣材写真では借りようということになりました。


服でこんなにイメージが変わる。


服や小物のセンスがいいな、と思う人に

まずは服選びを手伝ってもらって何でも着てみる。


大切なのは、自分がどんな印象を持たれたいか?


そこを伝えて、一緒に似合う服やアクセサリーを探して行くと

なりたい自分になれる気がするんですよね。


どれが似合うんだろう? そこは自分では分かりづらい(苦笑)

↑このページのトップへ