月別アーカイブ / 2010年09月

伊藤さとりオフィシャルブログ「さとりのひとりゴト あの映画のウラ・オモテ」Powered by Ameba-2010092212140000.jpg


朝イチで病院に行ったら午前の診療は予約と言われショボン。



午後の診療スタートの2時までここで待つ間

夕方に行うBeeTVドラマ舞台挨拶付き試写会の司会


『世界の終わりに咲く花』


川島海荷ちゃんと中村蒼くんがドラマで共演デス。



この物語を待合室でこそこそPCで見ております。



肝臓病を患ってる太陽と咲希。


親にあることから会うことを禁止された2人は

咲希が移植手術を受ける前に行きたかった島へと

親に内緒で病院を抜け出し恋の逃避行をするんだけど、、、。


若い2人の初々しい演技と純粋な想いが溢れる携帯ドラマ。


最近の携帯ドラマは携帯ドラマスタート当初の10分づつの

次回へと興味を持たせるための視聴者を意識したぶつ切りな

作り方と違い、「これは1本の2時間ドラマです!」といった

堂々とした作り方で質が上がってマス。


その理由は、配信後のDVD発売で映画的に購買を上げること

その為に人気俳優をキャスティングする製作の質アップかな。


佐野史郎さんが海荷ちゃんのパパで病院の院長先生役を

やっているのも作品のクオリティを上げてるし。



昔、病みつきになったドラマ「ずっとあなたが好きだった」


マザコン夫・冬彦さん、気持ち悪くてねっとりしてて

嫌も嫌も好きのうち?を実感するくらい目が離せなくて

名演技で良かったし(笑)



あ、「スターの発言は素晴らしい」と言う書き込み。


色んな著名人と会う中で思うのは、自分の発言が

人や社会に影響を及ぼすことはもちろん

自分が出た作品、作った作品が人に勇気や感動を

与えることを知った時に、人との繋がり、自分の使命を

身に染みて感じるんじゃ。


ひとりよがりなんかなんの意味もなくて

人がいるからこそ自分の存在が

意味あるものだと気付いて

軽はずみな言葉を発しなくなるんじゃないかな。


とその人たちと仕事をするたびに

自分もそうでありたいと思うし

声も身体も私を必要とする人の為にも元気でなきゃね。

伊藤さとりオフィシャルブログ「さとりのひとりゴト あの映画のウラ・オモテ」Powered by Ameba-2010092115030000.jpg


お仕事は2つ。


お昼の『おにいちゃんのハナビ』ヒット祈願&鏡割り。


国本監督と高良健吾くん、谷村美月ちゃん

主題歌を歌う藤井フミヤさんとお仕事。


表参道にある新潟県物産館の前で新潟のお酒による鏡割りを。


「この映画を沢山の人に見てもらいたい。

この映画に込められた想いが届くこと。今はただそれだけデス」


高良くんは実話がベースなだけあってまっすぐな瞳で伝えてた。


いつも別れ際に握手をしてくる高良くんは

心底、真面目で見習わなきゃって思うのです、お姉さんは。



それから夕方は同じの25日に公開になる

『恋愛戯曲~私と恋に落ちてください』

女性の恋のお悩み相談トークショー。


鴻上監督、深田恭子ちゃん、椎名桔平さんとステージに。


ハートの風船をお客さんにプレゼントしたのであります。


「相手に重いと言われるなら

同じくらい愛に重い相手と付き合えばいい」


深キョン、さすがのコメントでした、確かにそうね。


「大切な順番は私の場合、自分、家族、犬

(犬と家族の順番反対かも)そして恋愛」


深キョンの話を聞いていたら相手に自分を合わせない自信から

大切にしてくれる相手と恋愛をする。ってことだとふに落ちた。


大切な順番。


今は、体調かんばしくない自分と猫の理由で

猫の手も借りたいくらい必要だとやけに思う今日でござる(笑)


では明日の為に早々、猫と一緒に薬を飲んで眠りの森に

旅したいと思いますぅ。

伊藤さとりオフィシャルブログ「さとりのひとりゴト あの映画のウラ・オモテ」Powered by Ameba-2010092118230000.jpg

伊藤さとりオフィシャルブログ「さとりのひとりゴト あの映画のウラ・オモテ」Powered by Ameba border=

『乱暴と待機』のレポや『十三人の刺客』レポを上げず

ごめんなさい(^_^;)


風邪引きでなんだか忙しく、しまいに猫のみーしゃくん

体調不良でアワアワしておりますっ。


動物病院から記事を簡単に書くと、、、。



『乱暴と待機』舞台挨拶は、映画のイメージぴったりの

ゆるゆるクスクスな楽しいトークで

美波さん、小池栄子さん、山田孝之くん

原作者の本谷有希子さん、監督の中で、誰の日常を覗きたい?

という質問のナンバーワンは山田氏でした(笑)


本人は「こんな変態というかとんでもない(面白い)本を書いてる

本谷さんの姿を覗きたい」

そう皆に注目されるのに恥ずかしくてせわしなく

オロオロ前後ろに動きながら喋っとりました。


あと私のマイクのコードが突然外れるというハプニングがあった。


その時、即座に気付いて

「マイク貸しましょうか」

と言ったてマイクを差し出したのは山田氏であります。



して上の写真は昨日のイベント。


『十三人の刺客』女性限定試写会の司会。


上映後にやった役所広司さんと山田孝之くんによる

女性のお悩み一刀両断トークショー。


「このまま恋も出来ず、結婚も出来ず、干物女になるのが不安」


というある26歳の女の子に向かって2人。


「焦ることはない。恋はしようと思ってするものじゃない。

必ず自分に合った相手がそのうち現れます」


役所さんも言ってましたが、昨日の山田氏は饒舌で

裏でリラックスして話す時の姿に近かった(笑)


「もっと時間あったら良かった。

じっくり話を聞けなくてすいませんっ」


演技も見事に七変化。


ステージトークも七変化。


面白ーく興味深ーく良ーい人物でございます (^-^)



ちなみに猫のみーしゃくんの体調不良は別の猫から移る寄生虫。


でもガブくんは健康体なので違うみたい。


家猫の2匹なのに、、、不思議すぎます?!

伊藤さとりオフィシャルブログ「さとりのひとりゴト あの映画のウラ・オモテ」Powered by Ameba-2010092022270000.jpg

↑このページのトップへ