月別アーカイブ / 2010年06月

伊藤さとりオフィシャルブログ「さとりのひとりゴト あの映画のウラ・オモテ」Powered by Ameba border=

そうだよなぁ、父の日。


写真の中で微笑む父は、少し高いところから見守ってくれてるけど

小さい頃に嫌がる父の手を握り「上を向いて歩こう」を一緒に歌った

夕暮れをつい最近のことのように感じます。


逝ってしまった後で父はこんな人だったと知るのも

女より口下手な男性らしいのかもしれないです。


手帖にびっしりと書かれた日々の感想は仕事のことや夢ばかりで

裕福な暮らしをさせることが

家族にとっての幸せと思っていたんでしょう。


女という生き物は、きっと仕事ができることよりも

自分への愛情深さに惹かれる弱さもあり。


なのにどちらかを怠けていると愛が不安的になるのも

女の気まぐれなんでしょうか?


勝手だけどきっとそれは見えない未来が怖いから。


上を向いてばかりいる人の手は握れない。


目を見て姿を確認してくれないと安心して進めない。


今の感情を話してくれないと心を開けないのも

言葉を操る人間の、弱点であって美徳なんですよね。

ひゃぁ~。


映画館の入ってる夜空の下のオープンテラスレストランで

W杯日本戦をワンセグで見た夜。


周りは皆、サッカーより「ラブ」なカップルの中

avex映画宣伝マン氏とそれぞれの携帯画面を見ながら

目を合わせずに会話しながら食べ物を口に放り込んでた(笑)


上映前と上映後のレイトショーの映画舞台挨拶だったから。


伊藤さとりオフィシャルブログ「さとりのひとりゴト あの映画のウラ・オモテ」Powered by Ameba border=

この写真はお昼にやった映画『ソフトボーイ』舞台挨拶で

控え室にあったもの。。。


佐賀県で売っているというスイカサイダー。


スイカのほんのりとした甘さが口に広がりマス。


打ち上げ会場に行き、改めて気付きました。


製作陣もキャストも男性ばかり!


「ソフトボールで甲子園狙え!」で始めた高校男子たちの実話を

知ったプロデューサーたちが、あの頃の勢いと夢への情熱を

伝えたいから映画化に踏み出した作品。


豊島圭介監督も無邪気な方だからフィルムには

無邪気さと明るいパワーが焼き付いてる。


永山絢斗くんも賀来賢人くんも加治将樹くんも中村織央くんも

「あの撮影を振り返っても思い出に残る大切な作品」


と打ち上げでも呟いてました(^^)

伊藤さとりオフィシャルブログ「さとりのひとりゴト あの映画のウラ・オモテ」Powered by Ameba border=


で、こちらが夜にやったavex映画『カスタードプリン』の舞台ウラ。


可愛いでしょ?


主にavex所属のグラビア&タレントの女の子達が集まった作品で

皆、めちゃめちゃ細くて顔小っちゃくて手足も長~い!


司会の私も同じ日本人だったっけ?と思うスタイル。


映画はイベントコンパニオンをバイトでやっている

デビューを目指す女の子達の可愛いお話。


だからイベントのコスチューム姿なんです(笑)

伊藤さとりオフィシャルブログ「さとりのひとりゴト あの映画のウラ・オモテ」Powered by Ameba border=

ちなみに親しくしてるくぅちゃんこと「竹下公美ちゃん」とも


(竹下じゃなく→武下でした。けんさんありがとう、変換ミス)


武下公美ちゃんと初のお仕事になったので嬉しかったなぁ。


高校生だった頃の私の青春時代、

有楽町スバル座の映画館に隣接する喫茶店でバイトをしたら

映画をタダで見せてもらえるからとウェイトレスをしてたり。


『カスタードプリン』みたいにイベントコンパニオンをやったり。


色んなコスチュームに身を包んでいた(笑)


ああ、そうだ!映画のエキストラを高校時代にやってました!!


『マルサの女』や『愛・旅立ち』に映ってる、高校生の私が(笑)

伊藤さとりオフィシャルブログ「さとりのひとりゴト あの映画のウラ・オモテ」Powered by Ameba-2010061816240000.jpg


来週、記者会見の司会をするので先行試写で新作を見たわけ。


吉田修一氏の原作を『フラガール』の李相日監督が映画化。


『悪人』


妻夫木聡くんが事件の渦中にいる孤独な青年を演じ

深津絵里さんがそんな男を愛してしまう目立たない女。


ある殺人事件で浮かび上がる「人間の残酷さと愛深さ」


脚本に吉田修一さんも加わってるからか

被害者の親族、加害者の親族、そして事件に関わる人たちや

それを取り巻く人たちの人物像が、ちょっとした行動だけで

しっかり見えてくるから素晴らしい!!


役者も樹木希林さんや柄本明さん他、演技力がある人ばかりで

共演する役者も引っ張られ確実に磨きがかかり、演技が自然に。


久石譲さんの音楽が映像を音で自然と表現しているのも見事。


それより何より映画が投げかけるテーマが胸に刺さったんデス。



大切な人がいないと失うものがないから強くなった気になる。


失ったり、欲しがったりする人間を馬鹿にしてしまう。


だけど、それじゃダメ。


人間は大切な人が居て、弱さや命の価値を知る。


だから強くなれ、優しくなれるんだって。



しびれる作品デシタ。



と雨で髪がまとまらずに最近、帽子でごまかす私は思った(>_<)

伊藤さとりオフィシャルブログ「さとりのひとりゴト あの映画のウラ・オモテ」Powered by Ameba-2010061812380000.jpg

今から美容室に行って参ります。

↑このページのトップへ