落ちてるんだよなぁ

 むちゃくちゃ。

 特に昨日。

 お陰さまですっかりボロボロになってしまった。




 バランス悪いのダ、私。

 『ウォーリー』記者会見でマイクを持ってステージに上がろうとして左足からヒールが脱げて下に落とした。
 記者の皆さんに笑って頂きました

 久々に会った人に上品なお店に連れて行ってもらってイタリアンなお料理を柄にもなく食べたら、また左足からヒールが脱げて階段から半落ち。

 バランス悪いんですよぉ。

 身体も性格も

 
 今、あるドキドキのせいで更にバランス悪い。

 今週の土曜日に映画「宮廷画家ゴヤは見た」渋谷パラダイス・イベント(ぴあ主催)たるものに立つ。

 ナタリー・ポートマンと『ノーカントリー』のハビエル・バルデムも出てる上質の歴史サスペンスの映画イベントで。

 しかもひとり舞台

■日時:10月11日(土) 12時00分~12時30分(予定)
■場所:渋谷ハチ公前 広場 特設ステージ
■トーク・トーク:伊藤さとり

 (チケットプレゼントとかあるので来てくれたら泣いちゃうっす)


 司会としてゲストを招くのは得意。

 映画のことをテレビカメラとかラジオのマイクの前で喋るのも大丈夫。

 なのになのにたったひとりで生のお客さんの前でなんか喋るっていうのは実は実は実は……


 けれど昨年辺りから「苦手だから、私なんてお客さん寄せにもならないし」と断っていたことに、「これじゃぁいけない!」と奮起し、自分がゲストの試写会とかお話を頂いたらありがたく受けることにしたのであります。

 社交的なんだか人見知りなんだか分かんないくらい、パーティにも長時間居られない。

 目立ちたがりなのか臆病なのか分かんないくらい、自己アピールへたれ。

 心を開いてそうでスペシャルな人にしかちゃ~んと開けないあまのじゃく。

 なのに人前で喋る仕事してる(苦笑)

 映画が好きだから、映画を好きな人が好きだから、という見えない支え棒が背中にきっとあるからなんだろうけど。

 バランス悪いってどうすればいいんだろ?



 はい、ここは大泉学園にある東映撮影所のスタジオ内。

 『ウォーリー』記者会見を終えた私は、撮影中の角川春樹監督作『笑う警官』の会見で司会をしてました。

 登壇者、いっぱいですよ!

 主演の大森南朋さんに松雪泰子さん、宮迫博之さんに忍成修吾さん、蛍雪次郎さん、野村祐人さん、伊藤明賢さん、大友康平さん、そして角川春樹監督!!

 人気の本『道警シリーズ』に北海道警察の汚職事件をヒントにもして映画にしたのだけど、硬派で骨太な脚本でした

 なのに、なのに、会議室でもそうだし、記者会見でも、皆さん面白い!

 角川監督いわく

 「映画はジャズが流れる中で警察の汚職を描くシリアスなものなのに、役者は皆、3枚目」

 私的には一番、お茶目なコメントをしてたのは角川春樹監督でしたけど(苦笑)

 大森南朋さんも大作の主演映画ということからか、いつもよりも喋っていたし、宮迫さんが色んな人のコメントに突っ込んで場を盛り上げ、大友康平さんがボケ役で美味しかった(笑)

 けれど思わない?

 こ~んな映画好きにはたまらないキャスティング!

 角川監督が大森南朋さん主演で映画を撮りたかったんだって!

 映画人にもファンが多い俳優さんだものね

 撮影中のダイジェスト映像を見る限り、皆さんカッコイイ、大人のミステリーになりそうな予感

 来年の秋公開予定ですよ~。

 



 タラ~ン!

 12月公開&今年の東京国際映画祭のクロージング作品になっている、めっちゃハートウォーミングで、しかもたまらなく好きな人と手を繋ぎたい衝動に「絶対!絶対!」かられちゃうディズニーピクサー映画『ウォーリー』の主人公、ゴミ処理ロボット、ウォーリーくん日本初来日!!

 今年の後半、大のオススメ映画の3本指に今入ってるんです、コレ!

 でね、今日はアンドリュー・スタントン監督とプロデューサーとサウンド製作の方(R2-D2のサウンドも手がけた方)がウォーリーを連れて来日。

 記者会見司会をしちゃったわけデス

 本物のウォーリーは、やっぱりコケティッシュで照れたりしながらも「ウォ~リ~」と自己紹介したり、記者を見て「ウォ~!」とビックリしたり、可愛かったっっ。

 タカアンドトシさんがウォーリーとお友達になりに駆けつけて下さったんですが、ウォーリーの動きに感動してた(笑)

 『ウォーリー』ってね、今までのディズニーピクサー映画『ファインディング・ニモ』『モンスターズ・インク』『トイ・ストーリー』が私の中でベスト3なんだけど、超えちゃったかもしれない

 制作時に気をつけたのは、『ウォーリー』ってほぼ言葉を使わない分、目に表情を作ることだったんですって!

 「人の印象も目の表情で変わる」という理論に基づいて。

 だからこんなに愛くるしいっ!



700年間、地球でひとりぼっちだったゴミ処理ロボットが、ゴミの中から見つけて家で見る日課となったのが『ハロー、ドーリー!』。

 ここで愛し合う男女がギュッと手を繋ぐのを見て「手を繋ぐこと」にめちゃめちゃ憧れちゃう!

 だからひと目好きになっちゃった新型ロボットと手を繋ぐことに憧れ、ストーカーみたいに(笑)着いて回るのがたまらなく愛おしい~

 手を繋ぎた~い!

 好きな人とギュッと

 その時、気持ちがひとつになったと感じたら、それは本物の愛じゃないですか~?

↑このページのトップへ