今朝、外に出ていつものように見上げたら、空に渦巻き模様が……。

 空の隙間って好きなんですよ、青空より雲がある方が安心しないですか?

 実のところカラッカラのお天気ってキャラじゃないからなぁ(苦笑)


 今日のお知らせ!

 それは夜に打ち合わせして来た第21回東京国際映画祭のことですよ!

 まずはリーフレットが完成!ほらエコがテーマだからグリーンな地球が表紙。



 10/18~10/26まで東京の六本木と渋谷のBunkamuraで開催です。

  http://www.tiff-jp.net/ja/

 毎年、司会をしてるけれど今年の18日のグリーンカーペットアリーナステージと特別招待作品7作品くらいと、コンペの妻夫木聡くん主演の『ブタがいた教室』と日本映画・ある視点から2作品くらい、それとアリーナで行なう特別招待作品ステージイベントをいくつか、あとは26日の六本木ヒルズアリーナで行なうクロージングイベント&観客賞発表式デス

 特別招待作品の『ホームレス中学生』も司会予定で観たけれど、田村さんを小池徹平くんが演じて、しかも中学生なんて?!と思っていたものの、泥だらけでその日を乗り切る小池くんの一生懸命な姿に心で応援している自分が居て、あっという間にエンディング。

 貧乏なんて不幸だと思わない。
 だけどやっぱりどこか恥ずかしい。
 それでもみすぼらしい気分にはなりたくない。

 ちょこっと分かる。
 家を失うほど貧乏じゃなかったけれど、近い気分や暮らしは味わってきたからかなぁ。
 堂々としていたいし、だからこそ前向きに生きて行きたいって。
 
 だからかなぁ、なんだか共感できちゃって家族が愛おしく思えたのデシタ。
 
 『ホームレス中学生』を愛おしく感じたんだよなぁ。

 風邪気味な伊藤は、早々、寝てしまいます。
 明日の『劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナルカウント・ダウン』初日司会のためにも。
 
 風邪には注意して下さいねん

 10/18公開の映画『P.S.アイラヴユー』の特別試写会司会をしてきました。


 そしてスペシャルゲストは日本版主題歌「小さな祈り~P.S.アイラヴユー」を10/8にリリースする徳永英明さんデシタ!

 

 この写真はオフィシャルカメラマンの奥野さんが撮ったもので、下の写真のように、こ~やって撮った写真をすぐにパソコンに繋いで、良いショットを選んだ上で、来れなかった新聞社さん他に送ってるんですよぉ!



 まさに映画イベントをメディアに出す舞台ウラです

 そうそう、徳永さん、この映画の為に曲を作ったんですが、ワルツみたいなテンポで甘くて柔らかくて愛に溢れてるんです。

 「エンディングに流れるんだからヒロインのこれからの心情を表現したんです」

 そのメロディーが素敵だったから、東京厚生年金会館の大きなステージの上で、「チャランチャラン~」とメロディを表現したら、思いっきり徳永さんに笑われたっ。
 
 「チャラチャラって!面白いっ」

 音痴でごめんなさいっ

 終わって控え室に挨拶に行ったら「チャラチャラがずっと可笑しくて面白かったよ!!」と言われた


 さて映画の話しね。

 『P.S.アイラヴユー』

 ジェラルド・バトラーさん扮する亡くなった夫から突然届いたラブレターに驚く妻を演じるのはヒラリー・スワンクさん。

 大好きだった人が居なくなった悲しみから立ち直れない彼女は、次々と届くラブレターを読みながら、過去を振り返ることで未来を見つめ始めるわけで、これってカウンセリングみたいな映画だと思った。

 忘れられない人から手紙が届くなんて、もっと忘れられないじゃん!
 過去にとらわれて前に進めるわけがない!

 って思うでしょ?

 そんなことない!
 
 過去のことを書きながら、それが今までの感謝だったり、愛を持って相手を見つめてることで未来に向いている内容だったら,読んでいる人にもその想いは届くはず。
 
 相手への無償の愛が詰まっていたらそれはきっと相手の心を溶かすはず。

 映画のヒロインは、亡くなった夫に思いを馳せているから目の前に居る男性の魅力にも気がつかない。
 
 けれど映画は教えてくれる。
 大切なのは、もし好きな人が傷ついているならば、相手の思いを汲みながらそっとそばで愛を持って見つめてあげる事だということも。

 ラブレターで癒され、救われる。
 それって自分を見ている存在が居る証。
 
 ね? ラブレターって効果絶大!

 だって私もココに来て見てくれてる人にも支えられて今、仕事をしていられるんだもん

 うわ~、ありがとうございますっ、見てて下さいっ、お願い(笑)



 いつになく早起きさんしてます。

 普段は遅起きさんなんで。



 さて読んでいる台本は『笑う警官』。

 来年公開の角川春樹監督作品で主演は大森南朋さん、松雪泰子さん他!

 シブいキャスティングは映画好きにはたまらないっ!

 来週、大泉撮影所で撮影の合間をぬって記者会見の司会なので読んでるのでした。

 ハードボイルドです、とことん、そんな感じ、今のところは。それがシビレて良い!!

 
 今夜は『P.S.アイラヴユー』プレミア試写会の司会へ~。

 サプライズゲストあり!
 それは今夜お伝えしますね。

 観た人居るのかな?

 これ。

 一途な愛なんだよなぁ、ずっと思い続ける愛なんだよなぁ。
 
 亡くなった人から届くラブレター。

 『スリーハンドレット』のジェラルド・バトラーさんが『幸せの1ページ』よりもっと生々しくオ・ト・コを演じちゃってて「ああ、こ~ゆう、男性にメロメロになる女子もいる」と納得しながら愛のシーソーに揺られ嘆いてました。

 ラヴストーリー好きデスか?

 私はベタベタなのも好き。
 思いっきりどっぷりハマれるから。

↑このページのトップへ