毎年恒例のndjc若手映画作家育成プロジェクト2021


ここからの出身者は多く

岨手 由貴子監督 『あのこは貴族』
中江 和仁監督 劇場版『きのう何食べた?』
などなど名前を書いたらきりがありません。


今年の選ばれし4名


最愛の人への喪失感を埋めようとする二人の一日を描いた団塚唯我監督『遠くへ行きたいわ』


家族のパイプとなったことで早くに大人になってしまった小さな女の子からのメッセージ道本咲希監督『なっちゃんの家族』


男女様々な結婚観をコーヒーに例えながら考える藤田直哉監督『LONG TERM COFFE BREAK』


いじめと思春期の妄想と爆発を軽やかに魅せる竹中貞人監督『少年と戦車』


今年も全くタイプの違うセンスを持つ監督4人が揃いました。


時間内で限られた質問しか出来ませんでしたが、2/25からは角川シネマ有楽町で一般公開です。


是非、その才能を観に映画館へ来て下さいな。


フィルフィルのコンサート。

ハリー・ポッター公演が決まってすぐに
全シリーズを娘に初めて見せながら見直した。


魅力を知ってもらってコンサートを楽しんでくれたらなぁ、と。


結果、すっかりハマってU-NEXTのハリポタ同窓会も英語だろうが正座して見届けるほど。


そして昨夜のコンサート


みんな、すごく素敵で、映画愛いっぱいのコンサートで

毎回のように仲間にしてもらえ私は誇らしかった。


映画音楽の繋ぎ的になるようコンパクトに楽しく語る。


自分なりにこだわって、それが本当に楽しかった。


ステージで喋る私に向かって手を振った彼女が見えて

手をあげるふりをして手を振りかえした。


終演後、「ママー!」とグリフィンドールのローブを自ら着てきた彼女は

私に抱きつくとコンサート面白かったと言った後

「ドビーがトイレに居たんだよ!」と教えてくれたりした。


その後は一緒に見に来たおばちゃん(姉)が居るのが嬉しくて

姉にずっと話しかけて終始ふざけてばかりだった。


姉夫婦と別れた後、自転車のシートベルトをしてだの、

お風呂に入ってだの言う私に

「ママはわたしの気持ちなんて分からない」

と大きな声で睨みつけ、ドアを閉め切り

入ってこないでと何度も言いながら夜中に部屋の中の衣替えをしていた。


6歳の反抗期か?


人を引き立てることや映画の魅力を語ることで生きて来て

存在を消されることも当たり前にあって

だからか

どこかで誰かに自分を褒めて欲しいと思っているちっぽけな私は

それが大好きな娘に何も言われないことが一番悲しかった。


泣かないぞ、と思ったら猫がお腹に乗ってきて重すぎて泣き笑いした。


黒い子、6キロ。








24歳で映画を語る夢を映画番組を作り持つというかたちで叶え

気付けばもう人生半世紀を過ぎ。


今年も映画を語る、書く、かたちでワクワクと発見を伝えていきます!


さて、

ひかりTV「エモなび」で

懐かしの邦画から最近の邦画までジャンルに分けて

好きな作品を自由に選ばせて頂き語りました。


ひかりTVで是非、見て下さい!


楽しかった!


そしてひかりTVでは邦画も年代とらわれず豊富に揃えているんです。



【痛いくらいの恋の邦画 3 選】
"言うなれば切ない恋愛映画"

⇒OA予定日:2022年1月11日(火)19:15-19:30



【パンチ力あり!胸に突き刺さる邦画3選】
"特撮もの、社会問題もの"

⇒OA予定日:2022年1月18日(火)19:15-19:30



【とにかくキュンとなる邦画 3 選】
"どうやら音楽映画が好きなもんで"

⇒OA予定日:2022年1月25日(火)19:15-19:30



【絶叫と共にドキドキが止まらない邦画 3 選】
"ホラーやエグイ映画が好きなもんで"

⇒OA予定日:2022年2月1日(火)19:15-19:30



それと

映画以外の子どもの教育や心理についてのお仕事での記事

本日、またUPされました。


子どもの性教育や日本の性教育問題について伺っています。


これは長く読まれたい記事です。


性犯罪を防ぐ為にも。


是非、知ってもらいたいと思いました。

↑このページのトップへ