VVqi6HhVkD.jpg
ぴあアプリで

「映画心理テスト」や「映画心理コラム」

を書いている理由のひとつに

映画のライトユーザーさんに

素晴らしい映画を色々、紹介したい!

というのがありまして。


あ、ぴあアプリのエッセイのところに掲載されている

「映画パーソナリティ伊藤さとりの今のアナタがまるわかり」

というページが心理テストと心理コラムですね。


https://lp.p.pia.jp/shared/cnt-s/cnt-s-11-02_2_c30d8d2b-c2e3-4425-86c8-eaf08330c0e8.html

もうひとつ

私が心理カウンセリングを学んだ理由として

多くの人とステージ上やインタビューで

話を引き出す上で

対話の大事さやら

人の心の深さに気付かされたことも多く

何度かブログにも書いていますが

小さい頃から心に傷を追った友人と

よく出会っていたからもあるんてす。


どう向き合って良いのかもわからず

ただ側にいて

ただ話を聞いて

今でも、あれが正解だったかなんて分からない。


人と会話するって簡単じゃないですよね。


考え方も違えば、ものの捉え方も違うし

思いを口に出すのが苦手な人もいるし。


だから

仕事も恋も容易くはないものね。


私が映画を伝える

インタビューをするという

仕事が多いのも

子供を持ったのも

時々、人の思いが聞こえてくるのも

もしかしたら前世で

人の気持ちが分からない

自分勝手な人間だったのかもしれないっ!


だから今世で

人の心に寄り添うよう

人の気持ちに沢山触れて

人の心の痛みも喜びも

全部知るように

閻魔大王に言われて生まれて来たのかもしれないっ!


心を育むのに正解なんてないけれど

ずっと修行中であります。


そんな私の心理テスト


良ければ、トライして楽しんで下さいな。







_var_mobile_Media_DCIM_142APPLE_IMG_2933.JPG

いわゆる趣味が仕事になるという

ラッキーな人生を歩めているわけですが

人生半分になり

映画館への恩返しがスタートしております。


昨日は

地元、大森で、地元の先輩で女優の

片桐はいりさんと東京テアトル沢村さんに

お呼ばれされ

はいりさんと一緒に

駅ビル、アトレ大森の特設ステージで

館内放送公開ラジオトークを行いました。

lN9SmWaLoe.jpg

DJを務めて下さった朝妻久実さん通称

クミッチェルさん(働く人を応援するチアガール)

のテンポの良さで

ワイワイ、キャーキャー、当時の大森の話や

地元、大森でのエピソードやら

キネカ大森での映画の話と共に

はいりさんが主演する「もぎりさん」の話をして

あっという間の一時間でした。

_var_mobile_Media_DCIM_142APPLE_IMG_2916.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_142APPLE_IMG_2923.HEIC

小学生の頃からずーっと

映画と洋楽に支えられてきて

キネカ大森の前身となる映画館の頃から

地元で映画を見ておりました。


たしか最初に見た洋画、字幕版は

大森の映画館。


キネカ大森は35年前、1984年に

日本初のシネコンとしてスタートし

そこでも映画を見たりして

電車にひとりで乗れるようになっていた

タイミングだったので

有楽町にまで足を伸ばして映画を観に行きました。


幼児の頃から生粋の文系だった私が

高校時代にバイトした

有楽町スバル座横のカフェ。


名画を多く上映していたのと

ガラガラの時間は

ご好意でタダで映画を観させてくれたりした

有楽町スバル座が

ついにこの秋、クローズドします。


グループ活動が得意ではなく

原付を買ったり、映画館で映画を観たり

海外アーティストのコンサートチケットを買う

夢を持ってバイトばかりしていた私を

時に慰めてくれたり、救ってくれた映画館。


有楽町スバル座への恩返しを来月行います。


https://subaru-kougyou.jp/movies/


メモリアル上映でトークショー付きもあるので

日本映画のイベントで時々、お手伝いで

マイクを握ります。

huTjsn5Y1r.jpg

寂しいなぁ。


寂しすぎる。


バイトが無い日もバイト終わりでも

家に帰りたくなくて

有楽町スバル座やギンレイホールで

映画を観て帰ることも多かった。


名画をスクリーンで体験する

喜びを教えてくれた映画館。


映画館が好きです、とっても。










_var_mobile_Media_DCIM_142APPLE_IMG_2800.HEIC

私ごとですか

もうすぐ

結婚1周年でして

再婚ですがw


亡くなった父の遺骨が

父の実家の北海道のお墓に入ってまして

雪やらなんやらの影響があり

やっと昨日

旦那くんと娘が、初お墓参りをしたのです。


せっかく行くなら

北海道プチ旅行しちゃえ

と考えついて

富良野にも足を伸ばしたりして

大自然を堪能してきたんですよ。

_var_mobile_Media_DCIM_142APPLE_IMG_2851.HEIC

映画が好きで好きで

好きな映画の仕事をできるようになると

休んだら仕事が無くなっちゃうだとか

考えて

仕事のタイミング合わせで

海外にふらっと行っていた独身時代。


ひとりは色んなことが出来た。


そして、仕事に対して

今思うと必死だった。


映画番組のレギュラーコメンテーターを

やりたくて、やれたらやれたで頭がいっぱいで。


好きな映画の司会をやりたくて

でも自分からは言えないから

なんとなくスケジュール空けて願っていたり。


それはそれで

あっていい時代で

子供を持つと

そうはいかず

色んなことを体験させてあげたいと思うし

いざ

昨年の初ハワイやら北海道観光とかすると

もう子供中心!


家族サービスせねば!

と躍起になったりして。


今思うと、当時、私は

何を急いでいたんだろうなぁ。

_var_mobile_Media_DCIM_142APPLE_IMG_2839.HEIC

映画から得るものはとても大きくて

映画から知ったことも沢山あって

けれど

大自然を感じたり

見知らぬ人と話をしたり

人と語らう時間を取り始めると

こんなに世界は広くて

多くの人が共鳴し合って

ぶつかったり

必要としたり

愛したり

嫌ったりして

毎日毎日

世界はぐるぐる回っているんですよね。


年齢も性別も関係なく

気さくに話しかける旦那くんは

私自身、気付かされることが多いのですよ。


実際、年齢はずいぶん下なので

色んな発見があって刺激になるし。


それは

仕事をしている映画というコミュニティも

年齢も性別も関係なく

皆が集まって仕事をしているからで

私はどんな人の言葉も受け止めたいと

思うんです。


色んな考え、色んな世代が

刺激し合ってこそ

良いものって生まれると信じてる。


「だから若い人は」とか

「だから年寄りは」

とか言って視野を狭めたら

素晴らしいものは生まれない。


仕事だけじゃない

フラットがいいよね。


心柔らかくあくせくせずに

心、フラットに(o^^o)


P.S.

そんな私は

自分のルーツである

生まれ故郷、東京は大森で

女優の片桐はいりさんのご好意で

明日、駅ビルのアトレ大森にて

公開トークラジオをやります。

https://event.atre.co.jp/sp/omori/35thanniversary

ksTAElUsij.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_142APPLE_IMG_2898.JPG

地元の先輩、片桐はいりさん主演映画

「もぎりさん」コラボイベントです。

明日、日曜の14時から。


観覧無料なので、立ち寄って下さい。


優しくて面白いはいりさんと映画愛と地元愛を

叫びます(^^)

_var_mobile_Media_DCIM_140APPLE_IMG_0842.HEIC







↑このページのトップへ