_var_mobile_Media_DCIM_145APPLE_IMG_5931.HEIC
明日から休館というので

自転車でユーロスペースの前を通り、

アップリンク渋谷へ。


どちらもいつもより人が少なくて

切なくなってしまった。


イメージフォーラムにも行きたかった。


アップリンク渋谷で、ランチBOXやホットドック

コーラの原液やらアリ・アスター短編集やら

買ったところで、偶然、支配人の浅井さんが

渋谷に来てまして。


「ありがとね、ありがとね」

と。


仕事がキャンセルになり

インタビューもキャンセルが来て

試写中止の連絡が来て

続々と公開延期、休館のメールが来て

あぁ、映画がコロナに、国に、押し潰されてく。


と、やけに実感して

そもそも俳優や監督やスタッフなど

沢山の人に会うのが私の仕事なので

保菌者だったらと考えると怖くなって、

必要以上に外出しなくなった。


そんな私とは裏腹に

渋谷にはまだ遊びに来たような人達も居て。


特にミニシアター系の映画館が無くなったら

世界各国の秀作が見られなくなる。


日本の才能溢れる若手監督の

インディーズ映画も見られなくなる。


ミニシアター映画を買い付けてくる

映画配給会社も、映画宣伝会社も

大丈夫かなぁ。


試写で見落としたら必ず見に行く

ミニシアターさん達。


時々、舞台挨拶やトークショーでも

お邪魔してたミニシアターさん達。


ミニシアターは、大森も新宿もよーく行く。


池袋も行く、時々、下高井戸も行く。


私は、仕事が無くなっても

小さい頃から映画が拠り所で

好きで好きで、自分で映画の番組作りを始めたんだから

映画で稼げなくたって、違う収入先を見つけて

映画番組作りを続けるだろうし。


ここでしか見られない映画が見られる

映画館は、無くなっちゃいけない。


ふがーーーっ!


コロナよ、退散!

と願いをこめて

アメコミライターすぴさんから

LINEで送られてきた

アントマン&ワスプが

コロナを消滅させようとする画付きで。

_var_mobile_Media_DCIM_145APPLE_IMG_5930.JPG



コロナが怖くて映画館に行けない。


それでいいんですよ。


だって元気じゃなければ

生きていなければ映画館へ行けないもの。


だけどミニシアターが心配。


私も大好きなミニシアター。


アップリンクやユーロスペース

イメージフォーラムには

すごーく良く行きます。


それぞれ個性的な映画を選んでいて

ここでしか見られないものばかりを

チョイスしている

おこだわり映画が大好きだから。


映画館の雰囲気も大好きだから。


ミニシアターを救いたいならば

それぞれの映画館が行なっている

配信事業だったり、主なサービスを、

入江悠監督のblogでもアップしています。

http://irie-yu.com/blog/2020/04/04/%e5%85%a8%e5%9b%bd%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%92%e5%bf%9c%e6%8f%b4%e3%81%97%e3%81%9f%e3%81%84/

ほんの少しでも支援してあげて下さい。


そして、私も賛同している、この試み。

ミニシアターエイド

深田晃司監督と濱口竜介監督が立ち上げました。

準備が出来次第、すぐに力になります。

https://minitheater-aid.org/


皆、カッコイイ!


すごくすごく映画を愛していて

なんだか泣けてしまう。


私も昨日で、インタビューは5月までない予定です。


お仕事も少しの原稿書き以外、

これからもっと無くなります。


正直、お金はすごく心配だけど。


今は、なんとか節約して乗り切るしかない。



渋谷に住んでいるから今日から保育園も休み

娘とずーっと家で過ごすことにしました。


映画の面白さを共有することが楽しくて

映画イベントや映画に関わった人たちの

リアルな声を届けたいと思って

25年間やってきています。


だけどね

お金よりも、テレビに出ることよりも

大好きな人たちを危険な目に晒すのが怖くて

ここ最近はインタビューを控え 

(インタビューも減ってますが)

4月からのインタビューは、距離を開けて

ドアを開けて窓を開けて行なっていました。


アナタの大好きな人をコロナにしたくないし

私の大好きな人をコロナにしたくないし

私は大丈夫、だなんて、言える保証は無いもの。


昨日が今月、最後の対談。


『初恋』『ファンシー』で舞台挨拶の司会を手伝いで会い、

審査員をしている未完成映画予告編大賞で

私も票を入れ、映画化になった

新作『猿楽町で会いましょう』。


この三作品に出ている

小西桜子ちゃんが言っていました。

_var_mobile_Media_DCIM_145APPLE_IMG_5903.HEIC

「また、前みたいに映画館で舞台挨拶で会いたいです」


そう、私たちは

最初にコロナの影響で初日舞台挨拶を断念した

『初恋』をお客さんと祝えなかった仲間だから。


ケーブルTV チャンネル700×ぴあ映画生活×YouTube

「伊藤さとりと映画な仲間たち」


YouTubeでは

「新・伊藤さとりと映画な仲間たち」で

全ての回が見られます。

https://m.youtube.com/channel/UCVYlon8lP0rOJoFamEjsklA



とにかく沢山の日本を代表する俳優、監督が出てくれ

自分たちの映画の話、

自分たちが影響を受けた映画の話を

楽しげにしてくれているんです。


皆、アーカイブでも残すことを許してくれ

長い年月、沢山の俳優陣が

気持ちで、出てくれたんだと思うと

ありがたい、本当にありがたい。


そして、皆がオススメする映画をコロナでの

自宅待機の日々、見てはどうですか?


5月は小西桜子ちゃんです。


今週金曜日からアップされるのは

松岡茉優ちゃん。


新作映画『劇場』、傑作でした。

_var_mobile_Media_DCIM_145APPLE_IMG_5792.JPG

松岡茉優ちゃんが抱きしめてくれた後、

私が保菌者だったらと

ドキドキして2週間過ごしたばかりです。


だから

本当にあたりまえのことが

あたりまえじゃなくなってしまって

心が悲しくなっている人も多いですよね。


私もそう。


だけど、窓を開けて、空気清浄機を押すように

毎日、毎日、息を吸って

家で楽しめることを探して

家で見られる映画をインスタやTwitterに

アップしていくから。


コロナが収束したら

皆と大好きな映画を語るパーティをやる!


絶対やる!

そして映画館で応援上映で叫びたい!


あたりまえに映画初日が

あたりまえの場所の映画館で

あたりまえの日常として

皆と拍手して笑い合える日が来ますように。







_var_mobile_Media_DCIM_145APPLE_IMG_5858.JPG
あ、311の時に「不謹慎かも」というので

映画舞台挨拶仕事が一気に無くなり

暇になり過ぎて

あの時のことで麻痺していたけれど

補償されずに

エンタメがこうやって

国に潰されていくのだ、を実感し始めた。


映画イベントが無くなり

映画の公開が延期になり

仕事は一気に減り

音楽イベント自粛になり

夫の顧客もお金が無くなり

貯金が尽きたらどうするか?


あの時と違うのは

小さな子供がいて

シングルマザーをまだやってたら

気が狂いそうだったかもしれないけれど

相方が居て

こんなに心強いとは。


今は、お互い個人商店なので

この状況が長く続いたら

国が補償してくれる

もしくは援助してもらえないと

映画の応援、音楽のサポートだけでは

子育てが出来なくなると考えたら

何をすべきか?


人と会うことが完全にダメとなった時

どうやって生計を立てるか?


国に吠えるけれど

それが通らなかった時の

一手を考えることに向き合っていかないと

ですね。


まずは健康第一の中で

人にも迷惑をかけずに何が出来るか?


そして

幼い子供の心にも変化が起き始めた。


コロナでそとであそべないからつまんない。

おともだちとそとであえないからつまんない。

カラオケもいけないからつまんない。


大きな声で泣いたりして。


この日は、保育園で先生の目の前で

「おしっこしちゃうから」

と言ってわざとお漏らしをしたそうな。


でも

手を洗って、うがいして、

ベタベタ周りを触らない

マスクしよー。

を言い続けないと

買い物も行けないし

幼い子を家にひとり置いて出ることは出来ないし。


どうやったら子供が安心して過ごせるか

どうやったら子供がストレスを抱えないか

渋谷というこの狭い空間の中で

子供の心と向き合ってあげないと

この子達は

潔癖症で神経質になってしまうかも、な。


毎晩、料理を作りながら

子育ての発達心理の本を読みながら

子供と向き合いながら

家族で映画を見ながら

今までの自分ではない

自分を生み出すことを考え始めた今日この頃。


私も落ち込んじゃいけないし

不安になっちゃいけないなぁ。


子供に伝染しちゃう。

大丈夫、大丈夫、と子供の前でくらい

言える大人にならないと。


そう、大丈夫!


心を健康にしておくことが今、一番大事な気がする。

gtfmX2rgeV.jpg

↑このページのトップへ