_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5240.HEIC

いつまでたっても可愛いものは好きさ。


大堂と言われようがなんと言われようが

「スター・ウォーズ」がディズニーに行った時も

えらく寂しかったし

ディズニーが20世紀FOX買収というニュースに

複雑な気持ちを持ってるのも事実だけど

(FOXサーチライトはありのままの〜♪で)

とか

ジェームズ・ガン監督を

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」監督に

戻せー!再雇用してくれー!

とかね。


でも、やっぱりネズミさんは可愛いし

映画も面白いから好きなのだ。


アベンジャーズにいつか

デッドプールが出たり

そんな夢だって遠くない未来かもしれないけれど

映画が始まる会社のロゴを見る

楽しみもあるから

それぞれに色があって楽しいと思うから

配給する作品自体も好きだから。


そんな私

ユアン・マクレガーもずっと好きでして

ユアンの一番ステキな映画は

「トレイン・スポッティング」を抜いて

歌声も素晴らしく

カッコイイ

「ムーラン・ルージュ」ですが

彼がクリストファー・ロビンが

大人になった時を演じた

TtqDnkIL6C.jpg
「プーと大人になった僕」を試写で見たのですよ。


もとの本の世界観を映像で表現した

オープニングロールの素晴らしさ!


プーやティガー、ピグレットたちの

モフモフぬいぐるみ的感触へのこだわり。


プーらしい、ゆるくてシュールな笑いと

忙しく毎日を生きるクリストファーとのギャップ。


そう、まさに大人向けの映画でありました!


しかも私みたいな人向き!


働いて、子育てしながら

自分の時間を作ることは皆無で

子供との時間をなんとか作らねばと

思いながらもなかなか慌ただしい大人たちは

笑いながら、自分にクリストファーを

照らし合わせ

子供の心を取り戻そうと気付くのであります。


しかもエンドロールもシュール!


無邪気な青年だったユアンが

50歳に近付き始めても

大人の中にまだどこか

ヤンチャさを秘めているから

この役が似合うのだろうなぁ。


プーを抱く姿が可愛かった(笑)

_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5308.JPG

今年の春からワタワタと立ち上げた企画が

形になっております。


そんな訳で

自分で立ち上げたんだから

自分でブッキングもしなきゃなんない。


ひとりで映画解説もしますが

映画監督や俳優などなど

ゲスト呼んでも楽しいんじゃないか?


もっと深く映画のことを

理解してもらえるんじゃないか?


と、このネット番組「映画が好きすぎて」

も5月から始まっております。


毎週更新。


今は8月公開作、さとりのオススメ映画

「センセイ君主」熱弁と

「高崎グラフィティ。」

川島直人監督をゲストに招いた回。

こちらがサイト↓

https://www.youtube.com/watch?v=JSjWXl9M-Mc


見ていただければ有り難いです。


そして今週末、アップ予定の映画コラム

映画サイトのシネマクエストで

企画を立ち上げた映画人同士の対談

「シネマの世界」は

「ゾンからのメッセージ」

古澤健監督かプロデューサー&脚本で

鈴木卓爾監督が今回監督という

面白い組み合わせ。

_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5309.JPG
こちらのサイト↓

https://cinema.co.jp/column/satori-ito


そして、これは

私が一番最初に立ち上げた企画で

長く続いている映画人対談(動画)


今週末にケーブルテレビチャンネル700で放送

ぴあ映画生活のサイト、

YouTubeにてアップされる


「新・伊藤さとりと映画な仲間たち」


東出昌大さん「寝ても覚めても」。

_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5100.HEIC

サイトは↓

https://m.youtube.com/channel/UCVYlon8lP0rOJoFamEjsklA


全部、いろんな角度から映画の世界を

見てもらえる内容なので

映画好きでもそうでない人でも

人が好きな人に見て欲しいっ。


こんな魅力的な人たちが映画を作っているから

映画が面白いんだよな。

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4714.HEIC

本日、第2回目のデイリースポーツ

毎月第1金曜更新の連載コラム


「伊藤さとり上映5分前」発売日。


第1回は大泉洋さん


第2回の今回は、トム・クルーズさま!


ええ、日米のファンサービス花マルのお二方が

連載に登場続いておりますよ。


そうそう

池松壮亮くんも

東出昌大くんも

言っておりましたが

良い役者の究極は

"人間力を上げること"

なのですよ。


多くの人に愛される俳優の

色んな人と会って話して私も思った。



沢山感じて、沢山人を知って

沢山の感情に気付ける人こそ

面白い演技も出来るし

人を引き寄せる魅力を持つ人だと。


そんな東出昌大くんが

来週オンエアの

「新・伊藤さとりと映画な仲間たち」ゲスト。

_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5099.HEIC

ケーブルテレビ.チャンネル700では

サイン入りプレスのプレゼントあり。


YouTube、ぴあ映画生活の動画でも

見られますのでお楽しみに、はいっ。




↑このページのトップへ