私は

小さい頃から

人の心に興味があった。


その中でも犯罪心理学は

特に興味があった。


だからこの映画の原作

「友罪」のモデルになったと噂されている

少年A「酒鬼薔薇聖斗事件」は

当時、様々な精神分析医の解説を読み

これこそ

14歳の複雑な心が巻き起こした事件であり

家庭環境、生活環境、様々な調査をし

原因を調べても

その心を治す難しさについても

多くの学者が頭を抱えていた事件だった。


加害者、被害者の事件当時の年齢からも

取り扱うには

とてもセンシティブな事件。


ただし

原作も映画もあくまでもフィクション。


「少年法」により守られた加害者が

大人になり

「少年法の原則になる

未成年は成人と違い

厚生する能力があるのか?」

という社会的な問いと

「重い犯罪を犯した過去を持つ人と

親友になれるのか?恋人になれるのか?」

という人の心への問いをテーマにした

人間ドラマでありました。


心理学や心理カウンセリングを

学び

人の心を理解しよう学んでみると

見えてくる壁。


それは

人の心の全てを他人は理解出来ないし

なんなら自分自身も

理解出来ていないのかもしれない

という問い。


犯罪者を作るのは

「社会」だけでも「家庭環境」だけでもない。


映画「友罪」では

自分自身のことを理解し切っていない

人々が多く登場する。


生田斗真さん演じる

過去の出来事に囚われ、背負い続ける元記者も。


夏帆さん演じる

愛だと思い込んでAVまで撮られた過去を持つ

少年Aと恋仲になる女性も。


佐藤浩市さん演じる

死亡事故を起こした息子の罪を背負うのが

親の責任と思い込んで過去に囚われている

タクシー運転手も。


富田靖子さん演じる

娘と亀裂がある医療少年院の観察官も。


瑛太さん演じる

少年Aも。


この映画は

エンタテインメントらしいお涙頂戴モノにも

もちろんハッピーエンドにも

誰かの心を説明する演出もしていない。


ただただ思うのは

答えがないのが、心であり

けれど人は心に向き合って

人と向き合って生きていくことで

人と共に生きる世界の秩序を保つということ。


犯罪を無くすことは難しいだろうが

他人事だからと見て見ぬふりをすると

恐ろしい結果を招きかねないということ。


誰もが近隣の人と顔見知りになることも

事件を減らすきっかけになる。


誰かと「深く心を通わせる」ことで

人は必ず成長していくのだろうと

この映画は伝えている気がした。


「愛」を知らなければ

心は育たないということだろう。

QBKsFnzx6F.jpg

この絵はですね

新しく始まったネットでの映画紹介番組

「映画が好きすぎて」

にて

紹介する映画のワンシーンを

「ちと絵でも書いてみようかなぁ」

という私の思い付きによるものです。

こんな番組であります  ↓
_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4052.JPG

その収録後に

「ワンダー 君は太陽」の来日ジャパンプレミア

司会がありまして

通訳の大倉さんにそのことを話していたら

彼女が気を利かせて

スティーヴン・チョボスキー監督に伝えちゃい

「その絵見せてくれる?」

からの

「サイン書くね」

に至った棚から牡丹餅な出来事でした。


_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4045.JPG

しかも

好きすぎて

映画「ワンダー 君は太陽」公式ホームページで

動画の応援コメントまで

載せてもらいまして。

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4059.JPG

ありがたいですよ、ほんとに。


チョボスキー監督がサインと共に書いてくれた

「You are a Wonder」

という言葉。


「あなたは、素晴らしい(驚異)」

という意味だそう。


自分の子供にも

そう言える親になりたいと思った。


悲しいニュースを読んで

どんな大人も、ましてや親は

子供の命を奪う権利は無いし

子供をしつけると称して

体罰と言って命に関わることなど

言語道断なのだから。


子供は遊ぶことで沢山のことを学び

笑顔になり幸せになる。


子供を苦しめる大人は居てはいけない

子供を笑顔にする社会でありたい。


私自身も、そういう意味で

ワンダーな人になりたいと思った。


ちょっと最後は悲しい記事になりましたが

素晴らしい言葉だと強く心に刻んだ。

「この映画、とても良かったので見てください」

と、とあるマネージャーから言われ

制作プロデューサーのおひとりが

「あっ!」という

身近な方でありまして

公開直前ギリギリセーフな滑り込み

試写での鑑賞でありました。


この頃

映画とは?

とか

仕事とは?

とか

思うことあり

なんとなく

エンタテインメントな映画より

職人的な映画の試写を好んでおりました。


はい、とても反省。


山崎賢人くん主演、東宝映画

というだけで

若者向けの青春映画だと思い込んだ

自分の「決め付け脳」よ、馬鹿め!


そもそも

山崎賢人くんが演じる主人公は

ピアノの調律師を目指す新米、ってことからも

職人映画じゃないか!


あらすじは至ってシンプル。


ピアノの調律師さんの作業に一目惚れした

青年が、先輩の側で修行を経て

様々なピアノと出会い

ピアノを弾く人の心に触れ

"どんな"調律師になるか気付いていく物語。


しかもこの主人公の

ピュアさと戸惑いと夢の仕事を続ける上での

壁に悩む姿は、間違いなく山崎賢人くんしか

出来ない心の葛藤だった。


そして

驚くことに

私の"今の心"に触れた‼︎


調律師でも、ピアノを弾くでも

もちろん新人でもない私の琴線に触れた‼︎


良い原作を映画にする意味こそ

こういう理由なのかもしれない。


この映画は

"どんな未来を描きたいか?"

模索中の人が見るとなお突き刺さると思った。


もちろん、夢を追い始めた人には

主人公の気持ちが痛いほど分かる。


私みたいに

夢のレールには乗れたものの

映画の司会では後輩さんも現れ

どーやらベテラン。


映画評論的なところでは

映画賞の審査員席では大先輩も居るし

年齢的には下っ端。


なんの位置なのかよく分からない

中堅どころなのか?


的な位置にいる人には

主人公の先輩である鈴木亮平さんの立場や

時には大先輩の三浦友和さんの目線で

この映画に共鳴するんじゃなかろうか?


やりたいことを見つける時は

きっとまだ自分のため。


やり始めてしばらくして気付く

誰のためにこの仕事をしているのか?


そして

やっていくうちに突然見えてくる

もっとシンプルな職人的感覚。


映画では

ピアノを弾く人に合わせ

その人の音色を良くするために調律をし

やがて

自分の調律で演奏を台無しにしたかもと嘆く。


たしかにどんなことでも共同作業。


私がこの映画でとても好きなセリフは

山崎賢人くん扮する主人公が

先輩に言い返すシーンでの言葉。


「音楽は競争じゃないんです!」


大会やコンクールがあり

競う場があろうとも

そこに執着せずに

ただただ、奏でられることへの喜びに

満ちて演奏出来たらとても幸せ。


だけど、日々、誰かと比較されてしまう

世の中で、そうはなかなかいかないものよ。


そんな時

気付ければいいのが

自分が、仕事をする上で理想とする表現の仕方。


私だったら

司会をしている時は

会場の一番後ろの人たちまで

会話に参加しているような

全体がひとつになる包み込むステージ。


映画を紹介することに関しては

言葉で身体で 

感じたことを少しでも伝えられるよう

目一杯表現出来たら

魅せるトークが出来たら

もしかしたら

誰かの琴線にふれるんじゃないかと思う。


気に入らない人もいるだろうし

好んでくれる人もいるだろうし

それが映画でも描かれているのだけど

それでいいと思う。


だって

調律師も様々なタイプの調律師がいるように

自分の仕事にも様々なタイプの同業者が居て

その人に合う調律師がピアノの調律を

任されるのだものね。


だからこそ

それぞれの個性が光るんだものね。


と映画から教えていただきました。


にしても上白石姉妹、素晴らしかった!

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4033.JPG

↑このページのトップへ