_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2088.HEIC

「パパはこわい、こころのなかにほのおがボッ!とでるから」


そう5歳児は言うとりました。


で、私はどうなん?


「ママはぜんぜんこわくない、おこったふりしてても、こころのなかにポワンとおはながさいてるから」


たぶん、映画から覚えた表現方法で例えているであろう

独特な言語で大人が「叱る」ことについて語った彼女の言葉は

一昨日の夫婦の会話を思い出させました。


「いじめちゃったことがある。

すごく良くないことで、けれどあの頃は自分なりの正義だった」

そう相方は当時の自分の嫌な部分について話したのですが

それは最近ニュースになった痛烈な事件

旭川いじめ事件やNetflixで見ている

いじめにより自殺した女の子の死の真相を探るドラマ

「13の理由」がきっかけでした。


zpzneEufEy.jpg

私自身は

きっといじめられていたのだろうけれど

自分自身はいじめられていたという感覚はなく

誰かに好かれたいとか仲間に入れてもらいたいとか思わず

すごくドライな学生時代を過ごしていたんだと思う。


母も言っていた通り「正義感の強い子」だったようだけど

俗にいう「優等生」ではなく、「裏番」と中学生の頃、裏で噂されていて

何を考えているか分からないアウトロー的な存在だったようで

親友と呼べる友より、趣味の合う友が数人居たという小中高時代でした。


小学生の頃の友達は、「いじめられっ子」になってしまった子が数人で

その子達と仲良くしていると

多くの女の子たちは仲良くしてこないから

彼女たち以外の名前は正直あまり覚えていない。


『セーラー服と機関銃』に憧れてベリーショートにしたから

オトコオンナというあだ名が付いていたけど

どうでもよくて気にかけていなかったせいか

問題児と言われる男の子二人組に殴られたりしていたけど

殴り返していて、流血事件になることもあり、一緒に廊下に立たされていたから

いじめられっ子という感覚が無いのかもしれない。


「いじめられっ子」と仲良くしていた私は、

誰かに八つ当たりする人の弱さに嘆いて

あの頃は特に人間を好きじゃなかった。


そこには父親の投影もあるけれど。


中学、高校時代は、映画鑑賞、コンサート活動という大きな趣味があって、

その為にバイトに勤しんでいたから

学校は人生の「習い事」程度の考え。


ある日、クラスで無視されても、親友が居なくても、

どうにもならないくらいの苦を感じずに過ごしていた気がします。


学校に行きたくない日は偏頭痛が併発し、

家で寝込んでたから、脳は正直なのです。


これはあくまでも私の場合だから、

人それぞれ痛みは違うし経験も違う。


人の言葉に敏感なのは相方のほうで知る限り人に優しい。


私は良い言葉も汚い言葉も、色んな言葉を知り過ぎて

逆に鈍感になっているのかもしれない。


だから叱ることも怒ることも注意することも下手なのかもしれない。


それでも自分の子に思うことは

心が叫んでいたら無理してでもそこに留まる必要はないし、逃げて欲しい。

話せる人が居るなら話して欲しい。


好きなことがある場所へひとりで行けないなら

連れて行ってあげたい。


好きなことを探している最中なら

一緒に探したいと思うのです。




























45_JKrYASg.heic

アニマルセラピーはご存知でありましょうか?


人を癒す動物のことであり

主に老人ホームや養護施設

ケアホームなどで活動するワンちゃんが多いです。


そのワンちゃんたちのことをセラピードッグと言い

海外では随分前から活動していて

日本でも必要性に気付かされ、専門学校もあるのです。


ココリコの田中さん主演で

セラピードッグを育てるという映画

『犬と歩けば』もありますので

観ると更に理解が深まるやも?

0QEAzu_Rby.jpg


TjKsTSdMO5.jpg

日曜日のことですが

ドッグトレーナー育成専門学校の生徒たちが

コロナ禍の渋谷の公園で

セラピードッグたちと無料ステージを開催しておりました。


コロナ禍で今は老人ホームなどへ出向けられないそうです。


未来のドッグトレーナーが

人々に犬の温もりを感じてもらい、

癒しを実感してもらおうと行なっていた無料ふれあいステージ。


猫を飼っているのに犬好きな娘と共に参加したのですが

様々な犬たちを膝の上に乗せて抱きしめさせてくれるという

幸せなひとときでありました。


犬は人間の相棒と言われるくらい、

人好きで飼い主に従順、と一般的に思われています。


犬の性格により違いはあれど、

身体を触らせてくれ、寄り添い

愛を注いでくれる優しい生き物。


無償の愛は、温もりで伝わり、人の心を癒やしてくれる。

UNLaVx33FN.jpg

そうだ

5月公開で犬の映画がありました。

忠犬ハチ公のロシア版のような出来事が

実際にあったという犬と少年の物語。


『ハチとパルマの物語』


ハチとはまた違う展開であり

親子の物語でもありながら

犬の忠誠心と愛の深さを知る作品ですよ。




誕生日おめでとう、

ツイートもありがとうございました。


なんだかバタバタして

気付けば誕生日も過ぎて3月最後の金曜日。


私はつくづく大事な時に

ちゃーんと思い出を作らせてもらえる運命のようで

今日は映画『ブレイブ -群青戦記- 』公開御礼舞台挨拶の司会を

させてもらえたのでした。


映画を書くこと伝えることが夢だったのですが

前半の人生は映画を紹介すること

映画イベントの司会としてお手伝いが主でした。


去年のコロナをきっかけにというか

自然と書くことが増えてきて

今は、映画で喋ることと映画について書くことが半分ずつに

なっているような気がするのです。


映画イベントに関わらせてもらったお陰で

沢山の感動的な出来事に出会え

沢山の人と出会い、共に成長してきた気がします。


この仕事は意外と孤独で

私みたいなアウトロータイプには似合うのかもしれないほど

一期一会です。


それでも、現場で出会った人々が声をかけてくれたりして

その瞬間だけでも、手を差し伸べて仲間に入れてくれるから

毎回、良い思い出しか無いんだと思います。


出会いや別れの人生の中で

人と関わることが多い仕事を選んだからか

人との時間は大事に、と歳を重ねるほど思うんです。


だって、感動を与えてくれるのは、

映画でも本でもなく、

結局は、人だと思ったから。


こんなに沢山の人がいる世界で

出会えた人は間違いなく

自分の人生に必要な人しか居ない。


だから感謝しかない。



↑このページのトップへ