_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7788.JPG
「グリンチ」初日舞台挨拶のあと

打ち上げで大泉洋さんは

「クリスマスがくる前までには娘と「グリンチ」を映画館へ見に行きたいです」

と言っておりましたが

私もだなぁ。


今回の「グリンチ」イベントでは

よくお仕事する大泉洋さんと宮野真守さん

最近お仕事したばかりのロバート秋山さんで

安心安定の笑いとトークで毎回助けられ

あぁ、お客さんを楽しませる「陽」のトークって

なかなか高度なレベルだよな。

と思っていました。


それでもって、皆、「いつもありがとうございます」

みたいなことを言ってくるので

「こちらこそ、安心し過ぎてありがとうございます」

と言い返すのだけど

グリンチの舞台挨拶は、そんな言葉の魔術師

大集合なのですが

これがまた声優としても

素晴らしいクオリティで

カンバーバッチ好きな私も

吹き替え版をオススメしてしまう。


12月は「グリンチ」と「シュガーラッシュ オンライン」へ

娘を連れて行く約束なので

私はこの2本の映画を

2度づつ見ることになるのだった(笑)


_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7724.JPG

恒例の映画トークライブを無事楽しみ

やっぱり好きな映画を語らうって

サイコーだわ、とニタニタしてたら、、、


叔母さんが亡くなったというメールが届き

小さくショック。


この叔母さまは、目立つやんちゃな私以上に

おとなしくちょっと人見知りだった

姉を気にかけてくれていて

そんな風にちゃんと周りを見ている

ステキな女性で

私は好きでありました。


今年、同じように

もうひとり

私の姉を特に気にかけてくれていた

叔母が亡くなり

心根の優しい人たちが

逝ってしまったのが寂しくて。


たまたま温泉旅行に行く日にぶつかり

お通夜に出た後

車でブゥンと出発し

温泉旅館のある場所の

途中にあるとあるホテルに泊まったので

あります。


疲れからパタンと眠れたと思ったのに

なんだかイヤ〜な気配がして

目が覚めた。


モヤモヤとフワフワと

磁場がズレているような空気の重さ。


静かにイビキが聞こえてくる!


ええっ?

と思って

相方のイビキを確認したけれど

鼻息で、、、ち、が、う!

隣の部屋のイビキが聞こえてきてる

とは明らかに違うぞ!


モヤモヤとバクバクで眠れない私は

悩んだあげく

「暑い!」と言って相方を起こし

空気を変えたつもりで

結果、変わらず。


気配を感じたまま眠りに就いたのでした。


そして

朝、気付いた。


近くにはお墓が。


お散歩しに来てたのだろうかっ?


それとも塩を身体に振り忘れたからかっ?


映画「ゴースト・ストーリー」みたいに

その場に居座っている人たちだろうかっ?

明らかに亡くなった叔母さんのイビキとか

じゃないからっ!

おじさん風だったし。


うしろの百太郎、居たら教えて頂きたいっ。


イタズラだけは辞めて頂きたいっ。


睡眠時間はお肌に影響を与える

お年頃なんだからさ。



昨日のこと

行きつけの骨気A salon 

ゴッドハンドの愛ちゃんが

ズレた顔をゴリゴリ直しながら

「今年は、要らないものを清算する

人生においての整理の年だから

離婚する人多いんですよ」

と言っていたら

昨日、今日と著名人の離婚ニュース!


星回りのことは占星術を学んでいないので

疎いけれど

来年に向けての断捨離が

この時期、行われるのは

誰だって、モヤモヤした感情を

長く抱えたくないから

当たり前のことかもしれないわ。


確かこないだの「ハード・コア」初日舞台挨拶で

山田孝之くんがこんなことを

言っておりました。


「人は良かったことは呟かずに

悪いことばかり呟いてしまうので

良いと思ったことはどんどん呟いて下さい」


そーなんだよな。


幸せな感情を呟くって

人を幸せにするのに

不思議なもんだ。


人の幸せや良い話を不快に感じる人は

心が、今、寂しいだけだから

仕方がないこと。


離婚においても

新しい旅立ちなんだから決して

ネガティブなことなんかじゃないし。


一歩踏み出した決意を讃えればいい。


更に中谷美紀さん結婚のニュースで

幼い娘に、中谷さんから貰った娘の服を

タンスから引っ張り出して

「これくれたお姉ちゃんが結婚したよー!

幸せそうで良かったね!」

と私に言われ

娘は「へー、そうなんだ」とドライに答えられ

不満が少々残るもなんだかとても幸せ。


幸せなニュースは良いな。


気持ちを幸せにしてくれる。


"偶然が重なりあって"という結婚報告の文章に

メグ・ライアンとビリー・クリスタルの

「恋人たちの予感」を思い出した。

pVQYufXGCC.jpg

出会い、友達になり、それぞれが恋をして

失恋をして慰めてもらうほどの関係。


やがて、2人の関係に違う風が流れ始め。


友達から恋人に発展というのは

可能なのか? 


なんでも言い合える関係に

恋心は生まれるのか?


では結婚とはなんなのか?


そんなテーマがコミカルにチャーミングに

綴られていて、私の大好きな映画の一本。


人生のパートナーって

偶然が重なり合うものだろうし

目の前で泣いたり笑ったり出来る

相手なんだと思うんだよなぁ(^^)


まぁ、異性として見られることが重要だけれど。


幸せの報告で幸せになった出来事でありました
(^^)

↑このページのトップへ