_var_mobile_Media_DCIM_140APPLE_IMG_0732.JPG

今朝、めざましテレビのエンタのコーナーで

「愛がなんだ」のヒットの理由を

電話インタビューで解説した様子が

オンエアされまして。


世の中、否定ばかりじゃ息苦しい。


いや、そもそも

「一般的に」やら、「普通は」やら

誰が考えた定義なのかなのです。


「愛がなんだ」のヒットの理由も

"恋愛は両想いで付き合うのがハッピーエンド"


が当たり前と誰が決めたのか?


そんな決めつけに、物申す時代の今だからこそ

光を見出した人たちならではの

声に出さない、共鳴の連鎖がヒットの要因

なんじゃなかろうか。


愛は、誰になんと言われようと

自信を持って生きた方が、心にも身体にも良い。


「スター・ウォーズ」に小学生の時に出会い

惚れてしまい

お陰で、映画を見始めた私の恩返し的

仕事になるディズニーDXの番組

「スター・ウォーズDX」

クワイ=ガン・ジン編の解説。


MCは、サッシャさん

久しぶりに会えたなぁ

スター・ウォーズ好き仲間で

番組で語り合え

楽しかった!


放送日が出たらまた伝えますが

人情家で一度決めたら誰がなんと言おうと

自分の信念に従うブレないクワイガンが素敵。

_var_mobile_Media_DCIM_140APPLE_IMG_0725.HEIC

そう言いながら

さすがにクワイガンの服は持っていないので

私のスター・ウォーズコレクションの中から

ロサンゼルスで見つけた

BB-8のオールインワンを着用。


胸にはスター・ウォーズ展で買った

R2-D2のブローチ。


好きな仕事をしているのは

贅沢なこと。


と誰かに言われたけれど

こないだ

「泣くな赤鬼」完成披露試写会のMCで

堤真一さんがこう言っておりました。

_var_mobile_Media_DCIM_140APPLE_IMG_0731.JPG

「高校ほとんど行ってなくて、やりたいことが

そこになかった。ある時、テレビを見ていたら

アクションクラブ(ジャパンアクションクラブ)を

知って、身体を動かすのが好きだから

入ってみた。

怪我をしてアクションが出来ないから

仕方なく役者を始めたら、今の自分がいる」


みたいなことを、デス。


どんな仕事に就きたいかを決めるより

好きなことを見つけたら、まずやってみる

直感を信じる、ってことですね。


今の直感を大事に。


これって、クワイガンが支持する

生けるフォース=リビングフォース

じゃないか!


そう考えると

私も、リビングフォース派であります。


そして新たに

レギュラーな映画レビューがスタートしました。


「aukana アウカナ」というサイトです。

_var_mobile_Media_DCIM_140APPLE_IMG_0759.JPG

「ボヘミアン・ラプソディ」

https://doga.hikakujoho.com/library/00186797.html



「娼年」

https://doga.hikakujoho.com/library/00180776.html


裏話も盛り込んで。


お読みくださいませ。




_var_mobile_Media_DCIM_140APPLE_IMG_0703.JPG

映画の話ではないの。


本日は娘の4歳の誕生日でして

私的なことを綴っておきます。


再婚して初めての娘の誕生日で

まぁ、2年同棲していたので

ワォ!初の家族でのお誕生会だ!

とは思わないんだけど

うちの家族と旦那くんとホームパーティをし

千葉の旦那くんのご両親からは

お手紙付きでプレゼントが届いて

それをパパに読み上げられている

娘はえらく喜んでおりました。


磯野貴理子さんのニュースを見ながら

実は切なくなり

結構下の旦那さんを持つ身として

私自身も

この人の子はもう無理だろうな

と思っている分

なんとも言えない気持ちになりました。


「万引き家族」を見た時に

心が解され泣いてしまった。

血の繋がりではない家族の愛やらに。


「幼な子われらに生まれ」を見た時に

人ごとではない問題に

胸が締め付けられた。


最近は、そんな未来は訪れず

私たち3人と2匹の家族だろうなぁ

とほぼ確信しております。


救われるのは

「子供はもういるじゃん」

と言う旦那くんの言葉。


そして一昨日保育園で行われたお誕生会で

子供たちが一瞬ざわついた出来事が

苗字問題。


我が娘

いまだ私の苗字を名乗りたがるのです。


が、再婚して苗字が変わったほうで

娘のフルネームを知っている子が多く

娘が堂々と自己紹介した際に

「なまえ、ちがうよー」

と声が上がったそうな。


旦那くんは

保育園の付き添いで

娘が私の旧姓を名乗ることに対して

「この子の好きなほうで別にいいじゃん」

と本気で思っていたみたいで

保育園では他のお友達への混乱も防ぐために

今の苗字で名乗ってもらうようにしようという

提案に

怪訝な顔で、子供の自由でいいじゃん

子供の意思を尊重しようよ

とブーブー言っておりました。


これから先、夫婦別姓も法律で

認められる未来がくるのは

それはそれで良いと思う。


もし再婚時に、そうなっていたとしても

きっと私は

旦那くんと同じ苗字を選ぶ。


お揃いが好きだから。


娘の苗字の件についても

皆、お揃いが良いから

彼女にパパが出来た証みたいで嬉しいから

彼女が嫌じゃないなら新しい苗字を名乗ろうよ

と提案したのであります。


娘は、うん、と言って、昨日から

今の苗字を自ら名乗り、登園中。


親の離婚、再婚、小さくして色々と

娘にはミッションを与えてしまったけれど

彼女が笑顔で、私も笑顔で

彼女を愛してくれる人が

周りを取り囲んでくれると本人が解ったら

それだけで子供は幸せみたいだった。


未来、何かあったとしたら

しっかり伝えようと思う。


「みんな、わたしのことすきなんだから」
 

お誕生日のお祝いをされる度に嬉しそうに

私に告げていた娘よ。


ありがたや、ありがたや。


私も半人前だから

満足いく家族を作り上げる作業は

一生続くんだろうな。


皆への感謝が溢れた今宵でした。


はい。

_var_mobile_Media_DCIM_140APPLE_IMG_0494.HEIC

ここ最近

DVD棚から

見たい映画を見つけては

DVDプレイヤーにセットする娘。


昨夜は「クモモの木のこと」←ぼのぼの 映画ね。


カワイイー、とか言いながら写真まで撮っておった⬆︎

ついでにこれも撮っておりましたが⬇︎

_var_mobile_Media_DCIM_140APPLE_IMG_0495.HEIC

最近、3歳の彼女が覚えた言葉は

「せつなっ」


果たして切ないという気持ちが

分かっているのか?


だけど

悲しいという気持ちと切ないという気持ちを

まだ区別できていないらしく

「クモモの木のこと」を見ながらも連呼していた。


最近の「切ない」という言葉がハマる映画はコレ⬇︎
kHt0wcCaDt.jpg

こないだアップリンク吉祥寺へ

「轢き逃げ」舞台挨拶司会に行った時も

高校生の子達が次々と「愛がなんだ」の

シアターへ入っていく姿を目撃。


浅井隆館長と話をしていたら

20代から10代まで客層が落ちてきて

若い女の子だらけで大ヒットだそうな。


今泉力哉監督の匂いがプンプンする

愛が肩透かしに合う人々の物語。


すんごく好きなのに

相手はきっと自分のことを大切に思っていない。


そんなことを分かっていても

やめられない相手への想い。


昔言葉で言うと

まさに愛の奴隷。


切ない、切ない、切ない、の連打です。


浅井さんがブログに書いたヒットの理由を

読みながらフムフムと納得しました!


それとは別に私なりに考えていたこと。


別に映画を見に来るお客さん、女の子たちは

切なさを味わいたくて見に来てるわけじゃない。


「愛ってなんなの?」

と知りたくて見に来ているのやも。


別に付き合うことが愛のゴールじゃないよ

と物語は伝えている。


そうさ

夢中になるくらい好き

四六時中、相手のことを考えている幸せ

自分が幸せな気持ちならそれでいい

そう

愛はそもそもそんなことだと思うわ。


結婚しなきゃならない、とか

付き合わなきゃならない、とか

誰が決めたんだ!


愛に正解もカタチもなく

そもそも自分勝手な感情なんじゃなかろうか。


ただひとつこの映画で伝えているのは

見返りを求めない、無償の愛

ってこと。


それを皆知りたいのかもしれない。


そして

壁ドン映画みたいに

無敵の美男美女みたいに

非現実すぎるわけでもなく

何処までも等身大の一見、自分を投影しやすい

岸井ゆきのちゃん演じるヒロインと

普通っぽいけどクセのある男の子を演じるのが

えらく上手い成田凌くん。


感情移入しやすいリアリティ。


まさに映画らしくてステキよ。


浅井さんが言っていた。


「僕たちみたいな世代は

そんな経験してもうこの歳だったりするから

この映画はそんな人に向けてじゃなくて

愛を知りたい人たちへ向けた映画なんだよ」


面白い。


そう、私はこの映画を見たとき

懐かしさと苛立ちとこんな友達居たな

私、こんなこと言って友達と喧嘩したな

今思うと懐かしい、彼女も私も今や母だよ

と昔を思い出していた。


で、切なさを懐かしんで味わっていた。


これは経験者の感想かもしれない。


なんにせよ、語り合える映画ってサイコーよ。


そんな私はもはや母。


ここで告知ですが

テレビ東京の番組に出ます。

_var_mobile_Media_DCIM_139APPLE_IMG_9874.HEIC

「ベン・イズ・バック」

この映画に泣かされた、切なかった。


子への想いが痛いくらい。


コメント動画が

公式HPでも見られます。


https://benisback.jp/ 

で、

テレビ東京の番組 TX「一夜づけ」 

5/18(土)5/25(土) 

27:05~27:15


でもオンエアされます。 


今の私の切ない感情にドンピシャだった。


で、私

「切ない」という言葉が好きなんだと気付いた。


娘が覚えたってことは

私が家で映画見ながら呟いてるんだろうから。






↑このページのトップへ