こんにちは、いや、こんばんは?
あいさつに迷う時間帯ですが、こんにちは。
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1337.JPG


今回のブログは最近買った新しいカメラのお話です。

どんなカメラかというと、某グループの写真好きのメンバーの生誕記念グッズとして発売されたフィルムのトイカメラです。

某グループというか、今さら伏せる意味がわからないくらい当然に超特急ですね!
よく考えたら写真か超特急の話しかしてないこのブログ。いいのかしら。

FC(ファンクラブ)限定で発売された4号車タクヤくんデザインのお誕生日記念グッズでした。(※現在は販売期間が終了しています)

フィルムカメラなら私も買わなきゃと初めて推し以外のグッズを買いました。
新・鮮(笑)

取扱説明書記載の会社名を簡単に調べたところ、カメラに限らずオリジナルのグッズ等を制作する会社で作られたカメラのようです。
こういう制作のシステムは詳しくないのですが、レンズ周辺は他の専門メーカーで作ったものを流用していたりするのかな?
詳しくはよくわかりませんでした💦


ただ、販売サイトにカメラの基本スペックは載っていたので、撮影には最初からあまり困らないでいけました。
トイカメラなのに親切です😁

それによると、

材質:プラスチック
シャッタースピード:1/125
フォーカス:1.2m〜
レンズ:28㎜f/9.0
使用フィルム:35㎜

らしいです。

フィルムは入れ替えが可能で、初めは試写用にメーカー不明のISO200のフィルムがついていました。
でも、このもとからのフィルムはカメラの感じを見つつさくっとあまり面白みのない写真だけで撮り終えたので、ブログには登場しません。

今回は前から使ってみたかった別のフィルムについての記事です。

今回使用したカメラを考えた超特急のタクヤくんはイメージカラーが緑なんですよね。
なので、緑といえば!なあのフィルムを使ってみたかったんです。


ということで、これが今回使ったフィルムとカメラです。
0fvLOm9R5h.jpg
カメラの方はトイカメラとしてはけっこうしっかりした作りの部類でした。

トイカメラらしく単純に中心にピントがきて周辺に向かうほどボケてはいきますが、大きくは歪まないし、シャッタースピードもそこそこあるからブレないし、使いやすかったと思います。

そして使用してみたかったフィルムは、Revologで作っているVolvoxという名前のエフェクトのフィルムです。

このRevolog(レボログ)はオーストリアはウィーンにある会社です。
ウィーンの学生さんが写真学校の卒業制作で作ったフィルムが好評だったのをきっかけに初めた会社だそうです。

ここのメーカーは、普通のカラーやモノクロのフィルムを加工して、写真にいろいろな特殊効果がランダムにのるフィルムをたくさん出しているんですよね。

光の斑点だったり、稲妻だったり、引っかき傷だったり、そういった派手な効果がつくので、普段とは目先が変わって楽しいです。
自分がとる写真とのマンネリ防止におススメです(笑)

しかも効果が出る位置や強弱は現像してみないとわからないので、それもスリルがあります。

フィルム写真って、いつも完璧に確実ではないところも面白さの1つだと思っているのですが、こういうフィルムはその楽しみをさらにふくらませてくれます。


さて、今回使用したVolvoxのエフェクトはと言いますと、緑色に光る斑点がランダムに写真の中に飛ぶというものです。

言葉だけだとイメージがつかめないかもしれませんが、何も撮らないでフィルムだけ現像して効果をみてみるとこんな感じです。
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1340.JPG
まるで熱帯の蛍みたいですが、蛍ではないんです。
Volvox(ボルボックス)なんです。

ところで皆さまはボルボックスがなんのことだかわかりますか?
私はわからなくてフィルムを買う時に調べてしまいました。

ボルボックスとは、「藻」のことだそうです。

詳しくいうと、緑藻類オオヒゲマワリ目の淡水藻の総称だと書いてありました。
画像は「ボルボックス 藻」等と検索して見てほしいのですが、言われてみれば確かに!と納得です。
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1322.JPG
このフィルム、日本では扱っているお店が少ない上にVolvoxはRevolog社のなかでも人気らしく、よくこれだけ売り切れていたりするんです。
かくいう私もRevologの中ではこのフィルムが1番面白くて汎用性が高そうと思って探していたので、私みたいな人が他にもたくさんいたのでしょう。

こういった特別な効果がついたフィルムは面白いのだけれど、フィルムのエフェクトと自分の創意がぶつかり合うのが難しいところで、写真の中に他人の手が入り過ぎることが気になってしまい、私は自分の写真と言い切るには抵抗があるんですよね。

作品を作る上では、特に視覚に依存した作品の場合は、表現する手段として何らかのメディアを選び取った時点で使用するメディアの影響を受けて作者の主観とは別に、ある程度のフィルターや制約がかかるのは当然のことではあるのですが、いわゆるエフェクトフィルムはそれが強過ぎて私とフィルムの主客が逆転してしまう気がしてf^_^;
いつか私が写真展をすることがあるとして、このフィルムで撮った写真はださないだろうなと思います。

でも楽しいので使いますけどね!
トイカメラ等に入れてスナップ写真を撮るとあっという間に見慣れた風景に異化効果を出現させることができます。
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1318.JPG

さてさて、この写真を撮ったのは今年の1月某日のことです。
この日は1日写真を撮る日と決めて、お店が開く前の時間帯のアメ横から撮影を開始しました。
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1319.JPG
いつもは賑わっている場所だけに、人通りの少ない朝は静けさが際立ちます。
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1320.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1323.JPG

朝のアメ横の次は、夢の島熱帯植物園へ。
中は高温多湿の熱帯気候でカメラの結露が収まるまで大変でした。
気温差が大きい冬はむき出しでカメラを持ち込んじゃダメな場所です。
カメラが痛みます…。
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1325.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1326.JPG
気分はすっかり南国です。
ガラスドームの中には滝もあって、こいつが湿度の元凶か…!と思いながらもせっかくなので滝の裏側から1枚。
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1531.JPG
この写真をみた時、1つ思い出したものがありました。
あれです、風の谷のナ◯シカです。

お近くの植物園に青いワンピースを着て行って、「ムシゴヤシが午後の胞子を飛ばしている。きれい。マスクをしなければ5分で肺が腐ってしまう死の森なのに」

と囁きながらこのフィルムで撮影してもらえば、あっという間に姫ねえさまになれそうです。

やりませんが。


植物園を後にして昼食を食べ、最後に向かったのは葛西臨海公園です。

この時はそこでまさかあのようなことが起きるなんて想像もせずに、のんびりお昼のカレーうどんの量が多過ぎたな、などと考えていました……。


_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1332.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1333.JPG

初めて行きましたが、海もあるし、水族館もあるし、観覧車もあるし、印象的な建物も花畑もあるし、撮るものには困らない公園でした。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1336.JPG
ここの水族館はどの水槽の前も混んでいてあまり写真は撮れなかったのですが、屋外のペンギンの水槽は広いので比較的写真が撮りやすかったです🐧
上からならガラスや網もありませんでしたし。
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1331.JPG
そうそう、大きな公園には猫もつきものです。


そして、夕方は海辺の方へ写真を撮りに行ったのですが。
波打ちぎわから離れているし、周辺の岩も乾いていたので大丈夫だなと思って一歩を踏み出した岩の中に1つだけ藻が繁殖している岩があったのです。

さといもはまんまとそれを踏み抜き、滑って転んでしまいました。
そして自力ではその場から動けないくらいの怪我をしてしまったんです。
スマホで助けを呼ぶことができたのでなんとかなったのですが、歩けないとわかった時は本当に慌てました😱
その後も通りすがりの親子連れに助けてもらったり、いろいろありました。
助けてくれた通りすがりのお母さんと男の子ありがとう…。

これが現在でもまだ怪我が完治とはいかないくらいの大怪我で、怪我をしてから今にいたるまで初めての体験ばかりでした💦
その話は今回のブログの趣旨からそれるのでしませんけども。

怪我は私の不注意といえばそれまでなのですが、まさかそこだけピンポイントで藻が生えてるとは思わなくて、藻うびっくりしましたね〜。おっと誤字失礼しました。もうびっくりしましたね〜。

そして、そんなフラグの回収をするつもりで選んだフィルム(Volvox=藻)じゃなかった…、と思いながら救助を待つ間にさといもが撮った写真がこちらです。
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1338.JPG
えー、きれいにおちた(?)ところで今日のブログはこの辺で!

その場から一歩も歩けなくなるほどの激痛を抱えながら藻、いや、抱えながらもシャッターを切ったさといもの業の深さに改めてぞっとしたところで皆さまごきげんよう。

次回は今回のブログと同じ日に違うカメラで撮った写真になります。
多重露光に大挑戦(怪我の話はもうしないよ)の巻です。
乞うご期待!


こんばんは。

今は4月、あたたかな春の陽気にみたされて世間ではもうすっかり冬の海の寒さなど忘れられている今日この頃ですけれど、みなさま明けましておめでとうございます🌅

ということで、今年のお正月は海へ写真を撮りに行ってきました。

年の瀬に電車に乗って海沿いを通過する機会がありまして、その時にみた夕日と海の色合いが忘れられず後日わざわざ海まで行ったのです。

電車からみえた海とは違う場所なんですが、同じ太平洋沿岸だから夕日も沈むだろうし、いいよね!という勢い任せの訪問でした。
(あ、正しくは太平洋に夕日本体は沈まないです。ただ、日が暮れていく色の変化が見えるよねってことです、適当ないい方しちゃった。ごめんなさい)


程よく晴れた小春日の夕方を待ってのお出かけです。
使用カメラはいつものNikonF2。
フィルムはKodak Kodacolor200とIlford DELTA3200の2本です。
Kodacolorがなくなってしまったので、最後に少しだけモノクロのDELTAも使ってみました。
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1169.JPG
しま模様のようなシンプルな構成と淡い色調でさっぱりしているこちらの写真、よく見ると船がいるんです🚢
この写真のポイントはあくまでも船なんです!本人としては。

この写真を撮った時のことを思い出すと、私は海の童謡を口ずさみたくなります。

今どきは実際に船旅で海外に出る人は少ないと思いますけれど、海を望んだ時に感じる、どこまでも広大な未知の世界がこの先にあるかもしれないというトキメキはあの童謡が作られたころと変わることはないように思います。

3Olw_9dZFW.jpg
それと同時に真新しい防潮堤の向こう側をのぞき込んで撮った写真たちには、撮影した日の私の戸惑いも如実に写し出されてしまったなー、と苦笑してしまう気持ちもあります。

海は広くて大きくて、突然の思いつきだけで足を運んだ私の手には少し余る場所でした。
なんだか写真が全部生々しいのですよ。

海は海であり、私の写真ではないという感じです。
上手く説明できていないのですが、これらは写真未満の写真ということですかね。
つまり普段の私の判断基準からするとブログに載せちゃいけない段階なんですが、淡々と続く自然の前に立ちすくんでしまった1人のさといもの記録として、あえて文字と共に残して置こうと思いました。

ところで1人のさといもって表現はおかしいですね(笑)
人なのか芋なのか…🥔

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1171.JPG
波濤の合間に夕日の金色がきらめていて、近くでみても夕方の海は車窓からみた時のままにとてもきれいでした。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1175.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1181.JPG

波に洗われた砂浜にしっとりと光が集まる様子も素敵です。



_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1178.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1224.JPEG
海の側に行くと、存外多くの鳥居に遭遇します⛩
今回、私が海を前にして感じた戸惑いを言い表す言葉を日本語の中に探すならば、あるいはこの鳥居につながるものになるのかもしれません。
ただ、あえてそうしたくはないとも思います。
アニミズムとか、そういう宗教観の話に一般化した時に削ぎ落とされるディテールや生々しさを残したくて書き始めたのが今回のブログなわけですし。


_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1182.JPG
これは風紋ってやつですね。
いかにもモノクロ写真な写真になりそうだったので急いでフィルムを入れ替えて撮りました。
高感度で粒子が粗いフィルムと砂浜。
こういう古めかしい写真が好きなんです。



さて、今回は少しトーンダウンしてしまった当ブログですが、次は新しいトイカメラのお話に戻ります!
次は楽しい緑のフィルムの話ですよー。ワクワクあり(さといもの)涙ありの波乱万丈な内容になる予定です。

海には、前向きに再チャレンジを誓っておりますので、どうぞ次回もお見限りなく:;(∩´﹏`∩);:

おはようございます。

なんと約9ヶ月ぶりのブログです。
ために溜めたフィルム写真をやっと整理したので写真ブログをいくつか書くことにしました。

写真のテーマごとに記事を分けて全4回分くらいになりそうな予感です。

載せたい写真がたくさんあって大変なんですけど、あまり時間を空けずに書けるといいな!
まあ趣味で書くブログに大変も何もない気もしますが(笑)
しかも整理をサボっていた自分が悪いし🙃


ちなみに今回のブログタイトルのお題はつまらないラノベの書名にありそうなやつを考えよう、です。

気まぐれなお遊びなので次回のブログに続く訳ではないし、大した意味もないです。

ウンディーネは水の精霊ということで、夕方の水辺で撮った写真なんだねー、くらいの気持ちで読んでくださいませ。


_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1152.JPEG
さて、この写真を撮ったのは去年の12月初め頃だったでしょうか。
場所は水元公園です。

この公園には一昨年の秋にも行っていて、その時は人と一緒だったため十分な撮影時間をとれなかったのが心残りだったんです。

なので紅葉の季節を待って再訪してみました^_^

ばたばたしているうちに紅葉の最盛期を若干外してしまい、終わりかけの紅葉というか立枯れた風情になってますが🍁💦

でも冬間際の乾いた寂寥感もそれはそれで味わい深くて本人的には心踊る撮影の時間でした!

そして、肝心の写真の仕上がりはというと、夕方を狙って行ったのもあって、しんみりした地味な写真が多いです。
xWekiwoOGq.jpg
そう、我ながら渋いというより地味!

……いいんです、負けない!(何に?)


さて、ここのところ私がはまっている撮影テーマがありまして。
それは、黄昏時の水辺、です。

場所は海でも川でも湖でも、どこでもいいのですが、ちょうど日没前後1時間くらいの水辺の風景を撮りたくて撮りたくてそわそわしている今日この頃なんです。


しかも、水辺の「風景」として広角で撮りたいのです。

はあ、撮りたいなら好きにしたらいいじゃない、と思われるかも知れませんが、それには一つ問題がありまして。
好きだからってイメージに技術が追いつくとは限らないんですよねー、これが。

なので実際に引いて広角レンズで撮ってみるととらえどころのない地味な写真が量産されるのが悩みで……。
悩みで……、
悩……、
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0325.JPG
悩みです。
これとか、本人は好きなタイプの写真なのですが、いい写真かと言われると考えてしまうところです。


それでも水辺の風景が好きだから、油断すると同じような写真でフィルムが半分くらい埋まっていたりします。
34CMxzKega.jpg
撮影している最中は夢中なので、やばい!めっちゃキレイ!アメージング!と(脳内で)歓声をあげながら美しいと思った回数分だけシャッターを切ってしまうのですよね。

そして、理性を取り戻してから改めてみるとフィルム代がもったいないなと後悔していたりします。
同じの何枚とるねん!って(笑)


ところで、晩秋の水元公園でみつけた興味深いテーマがもうひとつありました。

何かというとトリです。鳥。
水鳥。
水元公園は広い水郷公園だけあってカモやカモメなどの水鳥がたくさんいます。

あの日、撮影スポットを探しつつなんの気なしにカモを見ているうちに、冬羽でモコモココロコロしながら水に浮かぶ彼らの可愛さに私は気がついてしまったのです🦆
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0304.JPG
羽の間に顔を押し込んだ同じ姿勢でバランスよく散らばって水面に浮かぶカモたちの様子がとてもユーモラスで可愛らしいんです。

夕方だから眠るところだったのかもしれませんね。
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0306.JPG
更にたくさんのカモ🦆
写真のタイトルは《カモのコンポジション》かな?

生き生きとした野鳥の写真とかではなく、模様みたいな面白さを出したくて撮った写真です。

というか、迫力のある野鳥の写真とかは機材の事情で無理があるので最初から狙っていません。

この日の水元公園にも野鳥撮影のガチ勢がちらほらいらっしゃいましたけど、あちらは超望遠の高性能なレンズに三脚が基本装備ですものねえ。

ネイチャーフォトの系統はいつもすごいなあと思うのですが、私の興味のあり方からは少しずれている気がして手が出ない分野ですね。

今のところは単焦点レンズに完全機械式カメラだけで充分に楽しい撮影が出来ています。
tyLLeCvi7Q.jpg
カモは水から上がってもかわいいです。
カモの柔らかな茶色のグラデーションで秋らしい写真になりました。
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0310.JPG
古いレンズだから、ちょっとグルグルボケになりかけですね。

そうそうカモだけではありません。
カモメも撮りました。
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1119.JPG
こちらを向いているカモメの表情が絶妙だなと思って撮ったのですが、画像からだとよくわかりませんね😅


さて、不慣れな鳥の写真はこれくらいにして、ここからは公園で撮った中からまだ紹介していないお気に入りを簡単に見ていきましましょう。
mz5zfRQzNL.jpg
木漏れ日をみたらとりあえず撮ります。
しかし、これも水辺と同じで好きに結果がコミットしないモチーフの1つです。
でも撮る。
いつか自分の趣味のど真ん中を射抜く写真を撮るという見果てぬ夢を抱いて、撮る。

5eeqnLlNV0.jpg
上の写真のイメージは北欧の森の中にある湖。
……いつだって想像の翼は自由です!


それから、お散歩の楽しみといえば猫ですね。
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0332.JPG
この日であった猫はまだ子猫でとてもなつっこい子でした。
動きが速くてピンボケしちゃいました。
最初は私の方に遊びに来てくれたんだけど、少し離れたところで男性がおにぎりを食べ始めた途端にそちらに行ってしまいました……。
もう、正直さんなんだから……って少し寂しかったです🐈


そして最後は、この日の水元公園で一番最後に撮った写真で締めくくりたいと思います。
J08xFasG11.jpg
秋の日は釣瓶落としとはよく言ったもので、あっと言う前に暗くなっていく公園にとても名残惜しい気持ちでシャッターを切ったことを覚えています。

ちなみに今回使ったフィルムはLomography Color Negative 800とKodak Color Plus 200です。
どちらかといえば黄味が強めの色味は夕方の風景によくあっていたと思います!

フィルムの紹介をしたところで今回のブログは終わりです。
今回は淡水の風景だったので、次回のブログは海の写真です。
次回も乞うご期待!
冬の海もなかなかよいものです🌊

↑このページのトップへ