どうも。佐藤諒です。
今年最初の投稿でブログの投稿頻度を上げると目標として掲げました。
そして今回、2019年の投稿数と2020年の投稿数を比べた結果...
2019年...9回
2020年...50回
勝ちました。1月、2月にたくさん投稿した貯金と、去年の投稿数が9回という低い数字、ダイエットの記事を載せた時に、LINE BLOGのトピックスに載せてくれたLINE BLOGさん、そして今年、このブログを読んで頂いた皆さんのおかげで、去年の自分に勝つことができました。合わせて、去年の投稿数が9回のみだったことに関して、申し訳ございません。
さてさて...色々大変だった今年も今日で終わり。新型コロナウィルスによりライブや収録、ドラマの撮影が中止や延期になり、どうなってしまうのか、このまま立ち消えとなるんじゃないかという不安を抱きました...
しかし、そんな中でもライブはオンラインライブという形での開催、収録はzoomを用いてのリモート収録や少人数でのスタジオ収録、ドラマの撮影は徹底した感染対策のおかげで無事にクランクアップと、私達のために尽力してくださったスタッフさんやマネージャーさん、ファンの皆さんの応援のおかげで、それらの不安を打ち消すことができました。
ただ、その不安とは別に、個人的に今年は去年と比べて、良い意味でも悪い意味でも自分自身のやり方を信じて、自分を変えようと試行錯誤した分悩み、スタッフさんやマネージャーさん、メンバーの皆に色々迷惑をかけてしまった1年でした。
ただそんな自分にも、スタッフさんやマネージャーさん、メンバーの皆が厳しく優しく接し、ファンの皆さんが応援し支えて頂いたおかげで、恵まれた環境でお仕事をすることができ、結果的に良い1年を過ごせました。
支えてくださった皆さん、本当にありがとうございます!!来年も支えてくださった皆さんにとって良い1年になること、そして新型コロナウィルスによる影響がなくなり、また元通りの日常に戻ることを願っています。
今年1年、本当にありがとうございました!!
良いお年を!!








どうも。佐藤諒です。前回の投稿から1ヵ月と15日...完全に更新を怠っていました...最近はずっと授業して自炊して課題してなどと同じようなサイクルをずっとぐるぐる回っている生活です。オンライン授業が始まる前、夜更かし等で昼夜逆転してしまった生活リズムを直そうと思い、夜の12時に寝て、朝の7時に起きるという、わからないけどなんか規則正しそうなリズムに整えましたが、いざ始まってみると課題やら番組のアンケートやらで、整えたはずなのに、授業開始前より生活リズムがぐちゃぐちゃになっていることで、なんともいえない虚無感に包まれているこの頃。
そんな気持ちを晴らすが如く、私はまだ自炊を続けてます。とはいえ、相変わらず簡単で自分ファーストの料理ばかりです。だからこそ、揚げ物やお菓子などといった、手間がかかる料理を作る人には頭が下がりますし、それらを大々的ではなく、インスタのストーリーでさらっと載せるのも、また頭が下がります。また、来週の青春高校で自炊王決定戦が開催されますが、予告の時点で既に自分のレベルを超越しており脱帽してます。
良ければ是非、来週の放送をご覧ください。
そんな井の中の蛙状態の私が、自炊し始めてからずっと作り続けている料理があります。それがこちら。
yzCqR2Aa5H.jpg
焼き鳥の缶詰と玉ねぎとにんにくをいっぱい入れたパスタ。あまりにも簡単なので、ずっと作り続けてます。
元々YouTubeで参考にしたレシピの動画があるんですが、最近はそのレシピを完全な自分好みにアレンジしてます。はっきりいって、めちゃくちゃな目分量のレシピで邪道中の邪道のパスタになってます。自分では美味しいと思ってますが、他の人はどう思うか分かりません。狂っているのかフォークが止まらず、飲んでいるような感覚になるパスタです。
なぜか最近になってまたハマり出してしまい、今週の水曜日に1kgのパスタを買った時に、その夜に150gぐらい作って食べたのに、その4時間後の深夜にまた食べたくなって今度は250gくらい作って、またそれが美味しくて、翌日の夜も250g作って、またその翌日の夜に350g作って、結果的に1kgのパスタを3日で消費してしまいました。今私は怖くて体重計に乗れません。
今からその作り方を載せてみますが、もし興味がある方は実験感覚で作ってみてください。あと、よろしければ正直な味の感想を教えてください。よろしくお願いします。
飲めるチキンパスタ
材料(1人前)
  • パスタ 茹で時間7〜9分のやつ 250〜350g
  • 焼き鳥の缶詰 2個
  • 玉ねぎ 1/2個
  • 市販のきざみにんにく 適量(チューブでも可)
  • 塩 ひとつまみ程度
  • オリーブオイル 適量
  • 鶏がらスープの素 適量
  • 味の素 適量
  • 水 合計で600cc〜650ccぐらいになる
  • しょうゆもしくはめんつゆ 大さじ1程度
  • 粉チーズ、胡椒、マヨネーズをお好みで
作り方
  1. 玉ねぎを薄切りにする。炒めている時に葉と茎が繋がっているのがなんとなく嫌なので、玉ねぎの茎は薄切りにする前に切り落として、刻む。
  2. 焼き鳥の缶詰をあけておく。
  3. 鍋(できれば片手鍋)にオリーブオイルを入れて温める。あったまってきたら、玉ねぎを入れて強火で軽く炒める。私の家はクッキングヒーターなのでMAXの強火にしてますが、ガスだったら強めの中火でも良いかもしれません。そこは火加減の調整をお願いします。
  4. にんにくを入れ、合わせて炒める。刻みにんにくの場合はスプーンだと入れやすいのと、にんにくは弾けやすいので注意するのと、出来るだけここは早めに炒める。
  5. 缶詰の焼き鳥を入れて軽く合わせて炒める。こちらもスプーンだと入れやすい。
  6. 缶詰に水を入れて残っているタレをスプーンなどで濯いで入れる。尚、水の量的に片方の缶詰でタレを濯いだ水を、もう片方の缶詰に移し替えて濯ぐようにする。
  7. 水を550cc入れ、味の素、鶏がらスープの素、塩を入れ、混ぜ合わせたら沸騰するまで待機。
  8. 沸騰したらパスタを入れる。パスタはあらかじめ手で半分に折ってから、入れる。茹で時間は表記の時間通り。
  9. パスタを入れたら鍋に蓋をして、3分毎に蓋を取ってかき混ぜる。3分なのはただの感覚。吹きこぼれないように火加減も調整してください。
  10. 残り3分から1分くらいの間、頃合いをみて、しょうゆもしくはめんつゆを入れる。
  11. 残り1分くらいになったら、蓋を取ってかき混ぜ続けたら完成。スープパスタっぽくなる時もあります。
  12. お好みで粉チーズ、胡椒、途中でマヨネーズも入れるのもおすすめです。
作り方は以上です。工程は多いですが、やってみると意外に簡単です。火加減の調整だったり、材料もほぼ目分量ですが、やってみようという方は是非作ってみてください。

そして、元々参考にしていたレシピはこちらなので、ちゃんとしたパスタを作りたい方はこちらを参考にしてください。よろしくお願いします。
#青春高校3年C組
#料理 

どうも。佐藤諒です。
最近はもう、ご飯を作って食べる時間が一番の楽しみです。
朝ご飯を食べて、そんな時間が経っていないのに、この後の昼食、夕食は何を作ろうかを考えています。
全然上手くなっていませんが、やらされてるのではなくて、自分が「やりたい!!」と思ってやっている分、成功しても失敗しても自炊は楽しいです。
それでは最近自炊して、浮かれて写真に撮ったやつを載せます。
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7131.JPG
豚キムチ定食。自炊したのは実質豚キムチのみで、それ以外はフリーズドライの味噌汁、カット野菜とミニトマトと、めちゃくちゃ手抜きなのにめちゃくちゃ手が込んでるように見え、そして主役の豚キムチもめちゃくちゃ簡単で白米が進みまくる定食。
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7132.JPG
お昼ご飯の先取り朝ごはん✌️
これも実質作ったのは、ベーコンと目玉焼きのみなのに、カット野菜様のおかげでめちゃくちゃ手が込んでいるように見えて、トーストと目玉焼きが2枚ずつあるのに、食卓をヘルシーに錯覚させる魔法のような朝食。
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7134.JPG
フライパンひとつでできる焼き鳥の缶詰と玉ねぎのパスタ。
不器用な自分でも、おそろしく短時間で完成できるパスタ。またフライパンひとつでできるので、洗い物が少なく済むのも嬉しいです。こちらはChef RopiaさんのYouTubeの動画を参考にして作りました。気になる方は是非、YouTubeで「チキンマヨパスタ」と検索してください。
HZJtXRTMXV.jpg
水多すぎてベチョっとなったたけのこご飯。
失敗しました。たけのこのみでも味は問題ありませんでしたが、正しい手順が米→水→たけのこ&調味料なのに、米の次に、たけのこ&調味料をぶち込んだせいで、水の量が分かりにくくなり、適当に入れた結果、ベチョっとなりました。
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7144.JPG
2合分で多かったため、残りはラップに包んで、おにぎりに。
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7143.JPG
鶏肉としめじのクリームペンネ。
器にギリギリ載せることができました。
これを作ろうとして、バターが切れていたことに気づいた時は絶望的でしたが、ネットで調べたら、案外バター抜きで作っている人も多くて、心が救われました。あった方がいいですが、バターがなくても牛乳とコンソメとピザ用チーズが味付けの要を担ってくれたので、十分美味しかったです。あと、これもフライパンひとつで作れたので洗い物も楽に済みました。
こんな感じで、最近はご飯を作って食べることが唯一の楽しみです。これからもマイペースに自分で作って食べていきたいと思います。
それではまた。
#料理 #青春高校3年C組 

↑このページのトップへ