さあさあ今年もこの季節がやってまいりました!

各ジャンルのエセ評論家たちが自分の知り合いやウチワや推しをなんだかんだ偏った理屈コネまくって、それがまさに日本の代表のように発表しだす季節です!

なので笹口も極私的なヤツ、今年もヤルよ〜極私的といいながらもオレがヤル方も聴く観る方も超一流プロの日本代表じゃ〜🇯🇵


・ベストアルバム

笹口騒音
『わたしのうたはどこいった』

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1863.JPG

まあいわずもがな、自分でいうのもアレですが名曲しか入ってないよ。もう名曲然とした名曲って笹口しか作れないんではないの?かって思うくらい最近ってコレは!って全員が口を揃えていえる曲ないよね?
ちょっといいかも?って曲もすぐに忘れさられてく…
なんでだろ〜歌とメロディーの強度とか?まああとは単純に歌う人も歌も多すぎるんだろうね〜🤔




↓ボツMVまだ消してない…笑(笹ベスト2MVコンペ開催中なので是非😉

(まあこのベストで笹口が1番いいたかったのはコレ↓)



曽我部恵一さんのローズレコードより収録曲『海おやじとオレ』の7インチシングルもリリースしていただきました🎣
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3715.JPG


・ベストソング

水中、それは苦しい
「ホタルイカの光」

ベストとかって大体、その年のベストといいながら最初の方は忘れちゃってるよね…😅
忘れちゃいけないこの名曲…ジョニーさんはひたすら歌詞の表現を更新しし続けてる。
深くておもろい…コレに勝るエンタメがありますか?…いやない


円庭鈴子
「水の声」

みなまでいいません…笹えに結婚カセット聴いてください😭↓




・ベストライブ

呂布カルマ@大阪難波ベアーズ

映像ないので他のヤバイの↓

GWの笹ジャンに出演してもらって、もはや勝手にマイメンと思ってる呂布カルマ氏…❣️メチャクチャライブやってるし、テレビも出てるし、全部目撃したいくらいなんだけど、11月にも大塚よいまちと大阪で2度対バン。
よいまちももちヤバかったけど、メンバーの結婚式終わりで泥酔したまま新幹線で大阪向かって、死にそうになりながらやった自分のライブも今年ベストくらいよかったんけど、そのあとの呂布さんのライブとんでもなかった…新曲が当たり前のように旧曲を超えた輝きを放っててマジで新アルバム楽しみです🔥

そんな呂布カルマ氏、来年も2/28笹祭、3/21笹ジャンとどちらも出演してくださいます!
笹口、呂布さんリスペクトし過ぎ問題…😅

笹カルマも然るべき時に🎤

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4560.JPG



・ベスト映画

首藤凜監督『なっちゃんはまだ新宿』
岩切一空監督『聖なるもの』

詳しくはこちら↓

洋画は該当なしです。(お嬢さんはよかった)


・ベストお笑い

和牛


M-1サイ&コーでした。あえてまなみちゃんに頼らず、しかも、予選から全部違うネタ…その気概…そして、あの伝説の去年の3連チャンネタを軽く凌駕、更新するネタ…もはや名人の域…漫才の歴史に残る教科書レベルのネタばかり…スゴ過ぎます😂
とろサーモンもミキもおもしろかったんだけど、やはりネタの鮮度が落ちずに何回みても楽しめるのは和牛ですね😋
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4965.JPG


・ベストゲーム

スーパーファミコン

どうしても欲しくてたまらなくなり、メルカリでソフト18本付き4000円で購入したところ、夫婦の夜の生活が潤いました❣️🎮❣️

なんてすばらしい夢の機械…こんなものが小学生の時に出てたなんて…人間ってすごい…😭




・ベストモーメント

結婚しました💒

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3904.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4970.JPG
円庭鈴子さん作↑


免許合宿で免許と友だちができました
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4443.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4495.JPG




では皆さんお楽しみワーストの発表でーす❣️


…ワースト

・ベストアルバム

該当なし

アルバムは例によって、アルバム然としたアルバムなくない?聴いてないだけ?誰かこのアルバムは最初から最後まで丸っと流れですばらしいみたいのあったら教えて。聴くから。


・ワーストソング

ミ👀メ- エスパー

え、そもそもなにがエスパーなの?

音を外してるのがとにかくキモ…あえてやってんだろうけど、その意図も意味も全く感じんし、あったとしても伝わらん…何年か後に聞いてハズカシーなるやつやでコレ…

そうでなくても一瞬もメロディーも歌詞も頭にも耳にも残らないけど私のキヲク力が悪いだけ…?🙄コレ若い子とかが口ずさんだりするの…?

(あともうなんかメンバーが街にたたずんでるのをいろんな場所、角度から映す系MVいらんくない?あと雰囲気いい感じの女の子だすのも…)


(とにかくこのシティーポップ(笑)カイワイはほんとにすべての面でハキを感じない…うるさいとか静かとかいう話でなくて…とにかくハキが足りない…すべておきにいってる感)


というか最近宇多田さんでさえなんとなく歌が調子っぱずれに聴こえるんだけど、皆気持ち悪くないんかな?

笹が耳よすぎ、歌うますぎなんかな🤔


↑まずしょっぱなから「あなたぁ〜の」のたぁ〜がめちゃ気になる…なんか不自然に感じるの笹だけ?もちいい意味でじゃなくて…なんか気持ち込める系の曲なのに機械っぽく聞こえるんだけど…👂


あとこれ↓

ロス?バートバロン
ダイングフォー?


またきましたこのバンド…

笹口なんかはもうもはやバカ丸出しで今さらロックだパンクだなんだいってるのにはもう何もいう気はないし、岡崎体育氏とかヤバTとか逆にちゃんと芸人として自覚してヤッてる人はエライとおもてるんです。(お笑い好きだし)(自分はそこまでは踏み切れないし、作ったとしてもたまに…てかそういうの1曲でいいし、ずっとやろうとは思わない)

では何がワーストにするほど気に入らないかというと去年のアーケードファイヤーもろパクリ暴露記事でも触れましたが(こちら→
)、音は確かにその辺のモノマネとしても金かけて作り込んでるんでしょうが…


とにかく歌詞をみていきましょう↓


こうやっていつもはじまってく
(ん…どうやって?…いつも?どのいつも?)

僕らの長い長い夜が
(…ほ、ほう)

夢の中へ 甘い夢の中へ
(まず歌詞は夢「の」中へって書いてるのに、夢「ん」中へっていってるのが気になる…こういう雰囲気バンドはせめて夢「の」って歌った方がまだ雰囲気あるよね…)
(甘い?どう?どういう甘さ?ああもう…ムズムズムズムズ…)

このまま目を覚まさないでいよう
(ほんとにもう!ずっと永久にどうぞー!)





・ワースト映画

↓これの1点台のやつです

とにかく基本として、なぜ、今、そこに、その人がいるのか、いないのか、がしっかりしてない映画はその時点で映画としてダメです。

だって、それが自由にできるのが映画なんだから、そこがないがしろの映画が最近、特に洋画、ハリウッドに多い多い…💦


↑まあこんなようなこととか、単に力不足で表現ぼかしたりしてるのも深読みしてくれるとってもいい?リスナーとか視聴者がついてていいよな〜😅

笹は元からレベル高いから、マジなお客さんしかついてなくて、そういうとこすぐバレるから大変なのよね〜いつもありがとう〜❣️


皆さん来年もいろんな情報や声の大きい小さいに惑わされず踊らされず、自分の耳で目で心でいいものを選んで自分なりのダンスを踊りましょうね!

年末年始もよろしくね〜🌅


【🎅】

笹口サンタの音楽の贈り物
『sasaguchi's Xmas songs』

12/24日@UFOクラブの笹オリワンマン〜発売開始🎁

全曲のマスタリング前のネイキッド音源収録12曲入でなんと激安1000円🤑

さらに笹オリワンマンご来場で出血500円割引プレゼント…💸

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4959.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4960.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4961.JPG

なんでネイキッド版を収録するかというと、収録時間がもったいないのと、いい機会なので、マスタリングというものの仕組みとか、音量の揃ってない不自由とかを楽しんでもらいたかったからなの😉

ありふれたクリスマスソングとも悪い意味でキレイなだけの平坦で機械的な巷の音と一線を画す音源だを!

やっとこさすべての入稿が終わったのでうれしさのあまり収録曲を1曲公開してしまいました❣️

笹オリ版のXmasソング『22世紀のクリスマスイブ』のボツ歌詞ver.『いつかの誰かのメリークリスマス』↓ B'zと山下達郎を意識してます💝

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4962.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4963.JPG



↑割とこのボツバージョンもなかなかどうして気にいってる笑❣️

本チャンver.はこれにホーンが入ってさらにクリスマス感マシマシになります🎄

笹オケバージョンも笹の新機軸といった感じでとある㊙️JKシンガーに書いた曲を笹が歌ったバーが入ってます🎅

どちらもMVも作る予定だよ〜🎬

今年のクリスマスはコレで決まり!🎅🎁🎄


で、ムージックで映画熱がアガりまくったのと、今村昌平監督の自伝的映画本を読んで、作品も観返したり観てなかったのを観まくったりしてさらにアガりまして

D7CPt8Q8KL.jpg
(↑久々に漫画以外の本を読了。映画作りの、いやもはや人生のバイブルにしたいくらいのおもろいい本だった…🎞

天才は必要ない。

常識に縛られるな。

粘っこく人間を追求し、無人の曠野を走る勇気を持て。


か…すべての表現活動にあてはまるな…ヤルしかねー!🔥)


今村プロや水木プロに習って

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4055.JPG
(↑これもめちゃめちゃいい本ですた❣️)

笹口プロを作りたいのです🔥


笹口プロによる記念すべき第1弾作品↓😎


?(大きなクエスチョン)政見放送MV(字幕付き) / ロック笹口

笹口プロの部署は大まかには

🎸音楽関係→ヤナガワレコード(メイン)

🎬映像・映画関係→(ドトウの)笹口組

👘アパレル関係→笹ャネル?

👯アイドルプロデュース→SGC33?

etc

みたいな感じで事業を広げていきたく思っております。

つきましては各部署のメンバーを募集をいたします!🙋‍♂️🙋

とにかくまずはヤル気と笹口えの愛があればなんでもできる!❣️🔥

ライブに来てもらってもいいし、メールとかツイッターのリプとかDMとかでもOK🙆‍♂️なのでまずはお気軽に😉


でまず手はじめに↓

【🏆ササデミー賞🏆】

笹ベスト2『わたしのうたはどこいった』収録曲のMVコンペやります!🎬

我こそは笹口のMV作りたい!出たい!という人は連絡ください!😉

トレーラー↓

ボツMV↓


期限は今年いっぱいくらいで選曲は早い者勝ちです!💨

(ちなみにプロポーズと柳川下りは立候補済みで、あと11曲くらい急いで!❣️)

基本自由(やるからにはおもろいので😉)に作ってもらって、グランプリには賞品アリ㊙️🏆

あ…まあベストの曲でなくても…😉

あとドラマ仕立てとかもはや映画?みたいな感じでももち大歓迎ですよ🎬

どメジャーな笹口だからこそできるこの企画なのでいろんな表現の実験の場にしてもらえたらうれしい🌡


ちなみに第1回ササデミー賞グランプリはこちら🏆↓



こんなのとか↓

こんなのとか↓

もはやこんなのとかも↓

大歓迎💫

(…あと笹口騒監督2本目の映画をそろそろヤロうかと考えてるので、笹口組、笹口プロの従業員、バイトを探す裏目的もアリ…😂先立つものももちないのでパトロンも大歓迎マスカムです🤑)

笹口プロマスカム!🐼


ムージックラボとは笹口も2012には竹内道宏監督×うみのて『新しい戦争を始めよう』、昨年2016には伊藤祥監督×笹口騒音オーケストラ『愛のマーチ』に音楽で参加させていただいている映画と音楽の祭典でありまして、毎年、その年を代表するであろう新進気鋭の映画監督とミュージシャンがシノギをけずりまくっているのであります。



そして、今年は円庭鈴子さんが音楽で参加するとのことで、自分が関わってる年より全然気楽にまず村田唯監督×円庭鈴子『デゾレ』(女子3人のみしかいない秘密の花園…禁断の世界を覗いているようでゾワゾワする佳作です。えにりんの女優デビュー&音楽にも注目❣️)

を観にいったのですが、その併映の『聖なるもの』にとにかくドギモを抜かれ…そして立て続けに観た『なっちゃんはまだ新宿』にもまたドギモ…(コーフンでここからなぜか時々タメ口…💦)で今年のmoosicはどうなっているのだろう…と思った…大げさでなく、この二本に匹敵する映画が今の日本で、いや世界でも作られているのだろうか…というくらいの衝撃だった。

これは今年はとんでもないことになるぞ…と思い、もはや全作品観よう!と自分が音楽で参加させてもらった時よりなぜか熱をもって(逆に客観的にフラットに観れたというのもある笑)観まくっていたら審査員をさせてもらえることになったので僭越ながら1番客席に近い人間として審査させていただきました。


ムージックラボ2017とはこちら(なぜかサイトがリンクできないのでまとめネバー…💦)↓



笹口の審査はこちら↓


長編

グランプリ
首藤凜監督『なっちゃんはまだ新宿』

準グランプリ
該当なし

審査員特別賞
岩切一空監督『聖なるもの』

ベストミュージシャン賞
該当なし

ミュージシャン賞
POLTA(なっちゃんはまだ新宿)

最優秀女優賞
池田夏海(なっちゃんはまだ新宿)

女優賞
小川紗良(聖なるもの)
菅本裕子(なっちゃんはまだ新宿)


最優秀男優賞
岩切一空(聖なるもの)

男優賞
今泉力哉(Groovy)
河西祐介(なっちゃんはまだ新宿)


とにかく『聖なるもの』と『なっちゃんはまだ新宿』がズバ抜けていた。そして、これがふつうの映画祭だったら『聖なるもの』を僅差でグランプリに推していたかもしれない。
実は凖グランプリと審査員特別賞はどちらも『聖なるもの』にしていたのだが、そこは別の作品にしてほしいとのことで、『聖なるもの』は審査員特別賞のみになったが、ではなぜ『なっちゃんはまだ新宿』をグランプリにしたかというとそれはこれがムージックだからである。

『なっちゃんはまだ新宿』はコラボアーティストが最初からストーリーに重要な役で登場し、歌詞とストーリーも寄り添いあっていた。
それに対して『聖なるもの』は最初に監督自身がコラボアーティストを紹介したのみで、それがもうムージックの責任は果たしたのでここからは好き放題やります!という宣言にみえた。(そして、ムージックを利用?する形でとんでもないものを作ったのが痛快なのだが…あくまで私見です笑)

それにしても全体を通して映画の熱量や深さに対して、音楽が基本薄っぺらく感じた…音楽もがんばらないと映画においてかれるぞー!
(なので評価が映画よりかも…)



『聖なるもの』

岩切監督の前作も観せていただいたのだが、そこで登場する「映画っぽい」ものに対する回答が『聖なるもの』だと思う。
どなたかがツイッターに「画面の中に宿る"スケール"を信じる人だけが撮れる映画」と書いていたが、まさにそうで『聖なるもの』を観ている時に本当にスクリーンや時間軸が伸び縮みする感覚を覚えた。
目に映ってるものが信じられないような映画と女子えの有無をいわせぬ狂気のエネルギーアングル…エミールクストリッツァの『アンダーグラウンド』に似た感触を確かに感じたのですよ!

これまでの映画というものを踏まえた上でそれを表現として突き抜けなければ「映画っぽい」でなく「これは映画だ!」とはならない。
もはや映画の新しい表現、領域をこじ開けようとする気概を感じました。
次回作は是非このままの熱量で完全フィクションの作品が観てみたい!

予告もヤバ…❣️



『なっちゃんはまだ新宿』

よく知らないはずの誰かがずっとトゲのようにひっかかっていること…それをここまでカクシン(犯)的一大叙事詩として描くとは…ヒロインふたりの存在感も不思議な魅力に溢れてて惹きこまれまくり…

セリフ回しやラストシーンの長回しに監督の才気を感じまくる。
市川凖の『BU・SU』を思い出した。あと『ファイトクラブ』…笑

首藤凜監督もまた画面の中に宿る"スケール"を信じている監督だと思う。

いるはずの人がそこにいないのは当たり前で、いないはずの人がなぜそこにいるのか、それこそが映画だからこそできることで、だからこそそれを決してただ物語を進めるご都合主義のためだけにやってはいけないのだ。
(いい映画とダメな映画というのは大体そこで7.8割決まってくる)

なぜそこにいるのか、いないのか、それをこんなにも映画的必然的に表現した作品を他にしらない。



やはり観たあとにどんな気持ちでもいいから「これは映画だ!」というカタルシスを感じさせてくれる映画が好きだし、そうでなければそれはもはや映画ではないと思う。

なので凖グランプリは該当なしにさせていただいた。

でも『Groovy』と『少女邂逅』はこれからが楽しみな感触を得れた。



短編

グランプリ
該当なし

準グランプリ
該当なし

審査員特別賞
該当なし

ベストミュージシャン賞
該当なし

ミュージシャン賞
白波多カミン(意味なし人生ちゃん、宇宙(そら)へ)
円庭鈴子(デゾレ)

最優秀女優賞
清瀬やえこ(GREAT ROMANCE Ⅱ)

女優賞
葉媚(デゾレ)
村田唯(デゾレ)

最優秀男優賞
該当なし

男優賞
グレイトロマンスの人形(GREAT ROMANCE Ⅱ)




短編はとにかくこういうの↓
が観たかった。
個人的には短編なのだから1テーマ1オチ的なものがもっと欲しかった。それも斬新な手法で。
企画意図として、長編を喰うくらいのすごいものを15分で作ってほしい!というものだったと思うので、個人的にそう思えたのはなかったので、申し訳ないが作品賞は該当なしにさせていただいた。


あとがき

今年のムージックにアツくなり過ぎたせいか、ちょっとキビしい評価にもなってしまった各作品評は基本的に監督だけに読んでもらえればいいので(知り合いにはより厳しくいってしまったかも…澁谷くんがんばれー!🔥意味なし人生ちゃん〜スルメ映画です🦑)、審査員をやらせていただいた手前、逆宣伝になるかもなので、ひとまずここでは控えておきますが、とにかく今年のムージックは次世代感新世代感がバリバリすごかった…!

観た人とムージック呑みして語り合いたいので、また観れる機会に全国いや全世界の皆さん是非マストウキウキウォッチング!

(映画を観た後にアツく語り合ったり、ツイッターやフィムマークスとか見たりするのはとても楽しいですが、本当に感想は人それぞれ千差万別で驚きや新たな発見がありますよね。笹のフィルマークス↓



ムージックという企画は、極端な事を言うと最初にムージックのロゴを入れて、最後にプロデューサーである直井さんの名前がエンドロールに入ってれば、変にムージックという枠組みを考え過ぎずに、なんでもやっていいんだ!と気づいた?監督の勝ちだと思う笑

だって映画と音楽どちらも共鳴しあってるならそれは自然と絡み合うものだし、映画はそもそも監督のもので、結局あとは観る人にゆだねられるわけだから。

あと今回思ったのはタイトルとタイトル出しのタイミングとフォントとキャプチャー画像と予告にもすべてに監督の才覚が現れるなてこと。


とにかくムージックってやっぱりほんとにおもしろいですねサヨナラサヨナラサヨナラ🎞

↑このページのトップへ