今日1月13日はLUNA SEAのドラム、真矢さんの記念すべき50歳のお誕生日です🎊🎂🎉

最近の真矢さんは少しスリムになられ、ファッションにもこだわりを強く持つようになられた気がします💕

お話も軽快&絶妙さがさらに進化しています🥰
特筆すべきは、ライブのMCなどでメンバーそれぞれの話していることを綺麗にまとめてくれること✨

話したいことはあるのに、なかなか言葉がつむげず口下手なメンバー
近年饒舌になり、やや暴走気味なメンバー
話していることが難し過ぎて、聞いているこちらが「??」状態になってしまう頭脳明晰過ぎるメンバー
時々天然ぶりを炸裂させて意味不明な発言をする言葉の魔術師

そんな4人の話したことをとても分かりやすく、優しく丁寧に私たちに伝えてくれる真矢さん💕
さすがだと思います。

そしてなんと言ってもいちばん進化されたのはドラムですね🥁♫
LUNA SEAの最新アルバム「CROSS」のドラムは凄いことになっていて驚きました。
難しいことは分からないけれど、これまで耳にしたことがないような変則的なリズムを刻んでいたり・・
息つく暇もないほどに、超高速で常に忙しそうなドラミング・・
去年のライブでお披露目された能とのコラボ✨

LUNA SEAの奏でるサウンドを支えられるのは真矢さんだけです💕💕

_20200113_004440.JPG
_20200113_004641.JPG
_20200113_004539.JPG
_20200113_010022.JPG
_20200113_005425.JPG
_20200113_005445.JPG
_20200113_005339.JPG
_20200113_004251.JPG
_20200113_004356.JPG_20200113_083538.JPG
_20200113_005953.JPG
_20200113_083948.JPG
_20200113_083938.JPG

LUNA SEA 30th Anniversary LIVE LUNATIC X'MAS 2019

2019年12月21日(土)
OPEN 15:30  START 17:00
22日(日)
OPEN 14:30 START 16:00

さいたまスーパーアリーナにて行われたLUNA SEAのライブに参戦してきました✨
DSC_0775.JPG
DSC_0647.JPGPicsArt_12-21-02.56.52.jpg
DSC_0730.JPG
DSC_0653.JPG
DSC_0656.JPG
DSC_0659.JPG
DSC_0664.JPG
DSC_0668.JPG
DSC_0670.JPG

ライブ後、いつもならその日の内に覚えていることをメモるのですが、今回はメモを殆ど取れなかったので、あまりレポになりません💦
そんなわけで今回は2日分まとめて書きます😅

✧セトリ
_20191230_205842.JPG
_20191230_205903.JPG
✧座席(おおよその辺りをで囲んでみました)
12/21(土) 指定席 2階スタンド7列
PicsArt_12-30-08.56.00.jpg
12/22(日) SLAVEシート
アリーナA6ブロック3列
PicsArt_12-30-08.57.44.jpg今年最後のLUNA SEAライブ♪
席には予想していたより恵まれました。

21日はチケットの席番を見て「メッチャ後ろじゃん」と嘆いていましたが、実際に着席してみたら・・
センターブロックだったこともあり照明などの演出がバッチリ見れたし、スクリーンも良く見えたし、何よりスタンド席には傾斜が付いているので身長の低い私でも視界良好でした🥰
アリーナ席の後方になるくらいなら、ここの方が見やすくていいじゃんと・・
かなり満足しました😅

22日はチケットの席番とネット上のたまアリの客席図を照らし合わせて「3列めに惑わされてはいけない。メッチャ端じゃん」と嘆いていました。
実際に着席してみたら・・
想像していたほど端でもなくて、自分の左隣りにお一人いらっしゃって、通路を挟んだ左側ブロックはVIP席だと知り、ラッキーかも💕と思わず喜んでしまいました。
唯一気になっていたこと、この角度からJさんは見えるのだろうかという心配も稀有に終わりました。

ライブが始まるまでは、RYUICHIさんのスタンドマイクまではかなり距離があるな〜というのが率直な感想でした。
そこからさらに向こう側(下手)、JさんやINORANさんまで見えるのかと💧
でもいざライブが始まってみたら、絶妙な角度でRYUICHIさん越しにJさんが見えました。
RYUICHIさんがほぼ定位置から動かないのが幸いして(笑)、殆どの時間見えました。
RYUICHIさんを見ると、もれなく視界にJさんも入ってきて「なんて幸せなんだ💕」と・・😂

そしてSUGIZOさんの定位置は、自分から見たらもっとセンター寄り(左側)だったのに、いつもそうなのか分かりませんが、やたら目の前でギターを掻き鳴らしてくれました✨
こんなにもSUGIZOさんをバッチリ見たことはありませんでした。
目の前にSUGIZOさんがいたら、さすがの私でもSUGIZOさんをスルーしてRYUICHIさんやJさんを見ることは難しいです🤣
この日はSUGIZOさんに近い席で良かったと、のちに感謝することになります。

RYUICHIさんやJさんが見えたということで必然的に真矢さんも良く見えました。
唯一、INORANさんだけは見えないことが多かったです。

肉眼でもギリギリですが、ある程度の表情までは見えたので、右上方には大型モニターがあり細かいところはそちらを見た方が良かったのかも知れませんが、ステージ上のメンバーを見ている方が幸せでした💕
時々ですが、JさんやINORANさんも目の前で立ち止まって煽ってくれたり・・
結果的に大満足の良席でした🥰

✧演出
今回のルナクリは照明や特効(炎が上がったりドライアイスによるスモークだったりする特殊効果)がとにかく凄かったです✨
特に21日、最初に目にすることになったオープニングの演出・・
ステージには大きなクロス(十字架)があって讃美歌が流れ・・
客席スタンド両側からは光の柱が現れて、あまりにも荘厳な雰囲気で・・
それだけで涙が出そうになるほど感動しました😭
これほどLUNA SEAにぴったりな演出があるだろうかと✨
_20191231_042500.JPG
_20191231_042546.JPG
✧感想
21日(土)
「FALL OUT」から始まったことにかなり驚きました。
セトリに入れてくることもですが、1曲めに持ってくるのは意外過ぎるというか、まったく想像もしていませんでした。

広い会場で、しかも後方ということもあり、音についてはあまり期待していませんでしたが、ベースなどの低音域の残響音がこもり過ぎていたこと以外はあまり気にならず。
むしろ思っていたよりとても良く聴こえて、たまアリってこんなに良かったっけ?と😅

アルバム「CROSS」の曲もたくさん織り交ぜてくるのかと思っていましたが・・
「CROSS」からは「宇宙の詩」「悲壮美」「THE BEYOND」のみで残念と思いましたが、少し経ってから来年ツアーがあるしアルバムは世に放たれたばかりだし・・
ということに気づき、敢えて他の曲はやらなかったのだと思いました✨

そんな中「beyond the time」もセトリに入れてくれたのは嬉しかったです💕
「CROSS」にも入れて欲しかったくらい好きな曲なので🥰
(beyond the timeの音源欲しさに、アルバムは初回限定盤Bを購入しました😅)

真矢さんのドラムソロは武道館に引き続き能とコラボされていて、本当にカッコ良かったです。
静と動の世界、空気・・
凄いコラボを思いついたよな~と😎


アンコールをかける時、最近定番になりつつある客席のスマホのLEDライト✨
そしてきよしこの夜の大合唱🎶
この日はさらにスタンド席、アリーナ席も交えての大ウェーヴまで発生し、アンコールをかけている最中も盛り上がりました。

アンコール1曲めに「HOLY KNIGHT」がきて、本当にルナクリの定番になったんだな~と感慨深いものがありました。
客席のスマホライトの光と相まって、きらびやかな演出にぴったりなキラキラした曲✯*☆✩‥~*☆✯✩‥~✧‥☆✨
いつもRYUICHIさんが言うように、まさに星空の中にいるみたいな感じでした✨

ラストはますますパワーアップをした「MOTHER」💕
LUNA SEAの曲は壮大なスケール感のある名曲がたくさんあって、ライブで演奏を聴くとLUNA SEAの進化を感じます✨

とにかく演出から演奏、何から何まですべてにおいて、LUNA SEAの進化を体感したライブでした✨


22日(日)
この日は「宇宙の詩」から始まりました。
ライブのオープニングに似合う曲だな~と思いました。
アニメ(機動戦士ガンダム THE ORIGIN)のオープニングテーマソングだったのだから当たり前かと、ブログを書きながら今気づきました😅
これまで「LOVELESS」「Anthem of Light」など・・
これから始まるんだという期待感に包まれる曲がありました。
私が初めてLUNA SEAのライブを観たり参戦した頃や、REBOOT後初めて観たり参戦した頃のオープニングに度々登場していた曲だから、そう感じるだけなのかも知れませんが・・💧
宇宙の詩も同じ雰囲気を感じました。

そして「闇火」
とにかくRYUICHIさんの魂を込めた熱い唄声と姿が圧巻でした!
これまでに観たどの「闇火」よりも胸が熱くなりました🔥
肺腺がんとポリープ切除の手術を乗り越えた人の唄声なのだと思うと涙が止まらなくなりました😭😭

そしてこの日のライブ、最大の出来事が起こりました。
SUGIZOさんの機材トラブルです。
「THE  BEYOND」のあと、SUGIZOさんがRYUICHIさんのところに来て何やら耳打ちをしていました。
その後すぐにRYUICHIさんがJさん、INORANさん、真矢さんにも何やら二言三言話しているのが分かりました。
その姿を見た時はまさか大きなアクシデントが起こっていたとは夢にも思いませんでした。

あまり間を空けずにRYUICHIさんが話し始めたのでMCで話すことを急遽変更することにでもなって、簡単に話していたのかと思いました。
途中までは何事もなかったようにRYUICHIさんが話されていたので・・
話していたことを覚えていません💧
しばらく話していたところで実は・・
と話し始めた気がします。

機材トラブルが発生して杉ちゃんのギターの音が出なくなってしまったので、今スタッフ総動員で対応しています。
杉ちゃんのギターの音を出すスピーカーの1つがダメになってしまって、ディレイが出なくなってしまいました。
「ヤッホー! ヤッホー-! というやつです」みたいなことを話されていて、RYUICHIさんがディレイについてやまびこを例えに出して残響音のようなものだと説明していました。

そこからはぶっちゃけトーク、本人たちいわく「トークライブ」が始まりました😂
スタッフさんたちが必死に対応してくださって、約20分間でなんとかライブ再開へとこぎつけたわけですが・・

その20分間がまさに「神対応」「神回」などと、のちにマスコミで報道されました。
にも先にも無いような・・
のちにLUNA SEAの伝説となるような感動的な場面に遭遇💕
しかも目の前で繰り広げられて忘れられないライブになったと思います✨

5人で和気あいあいと仲睦まじくはしゃいでいる様子を見ていると、こちらが幸せな気持ちになれました。
話していたことは他愛もないないことだったと思います。

今日がトークライブだったっけ?
(翌23日がスレ限トークイベントだったので)
ここからテレビを見た人がどう思うか、演奏しないでトークライブやってるって思っちゃう
先にメンバー紹介やっちゃおうか
でもSUGIZOギターなしだよ
エアギターでいいじゃん
(SUGIZOさんがふざけてエアギターの真似事をしてギュイーンと叫ぶ😂)
エアギターの世界大会とかあるけど、杉ちゃんならイケると思う
いっそ、アコースティックライブにしちゃう?
などなど・・

こんなに仲の良いメンバーの姿を見ることができるなんて・・
しかも生で、目の前で😭😭
SUGIZOさんがいちばん悔しい思いをしていたであろうことは想像がつきました。
どんな時でも完璧を目指される方なので・・
でもそれ以上に5人の強い絆を感じることができて、SUGIZOさんには申し訳ないけれど本当に幸せな時間でした🥰

結局SUGIZOさんギターのディレイはなしでライブを続行するという結論を出したようで・・
「BLACK AND BLUE」へ🎵
途中、ギターを弾くSUGIZOさんの元へRYUICHIさんとINORANさんが寄り添い、その姿を見るだけで感動ものでした(←しかも目の前😭😭)

ラストに「LUCA」を持ってくるところがLUNA SEAらしいと思いました。
アルバム「CROSS」のラストナンバー
1曲めです!!💦💦
肝心なところで思いっきり間違えてるし・・😭😭
「LUCA」を聴いたら、ますますツアーに参戦したくなりました。

このブログを書いている時点で、夫からライブ参戦の許可は下りていないです💧
LUNA SEAのライブは、これが見納めになるかも知れないと思うと・・
ライブ中、度々悲しい気持ちになりました😭😭
でも、もしかしたらラストになるかも知れないライブが今日で良かったと・・

✧今回は諸事情があり過ぎて、会場ではグッズを購入できませんでした😢
22日のSLAVEシートのお土産と、
銀テープ、2本ゲットできました✨
DSC_0903.JPG
DSC_0906.JPG
DSC_0896.JPG
DSC_0900.JPG

冒頭にも書きましたが、今回はMCで話されていたことを殆ど覚えていません。
ライブ後にいつもならメモるのですが、色々なことがあり過ぎてメモを取る余裕がありませんでした💧

プロのライターさんたちが詳しくレポされているので、良かったらどうぞ😅

LUNA SEA 機材トラブルはね返す“神対応”…ギターアンプが故障し/デイリースポーツ online
 5月に結成30周年を迎えたロックバンドのLUNA SEAが22日、さいたまスーパーアリーナで2DAYSライブ「LUNATIC X’MAS 2019」の最終公演を行い、機材トラブルをはね返す“神対応”で、1万5000人のファンにメモリアルイヤーのX’MASプレゼントを贈った。 12曲目の「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」記念テーマ曲「THE BEYOND」が終わると、ボーカル・RYUICHI(49)のMCが長々と続いた。「LUNA SEAの30年の奇跡は5人が変わらずにここに立っていること。さらに高みに向かって走っていきたい」などと話したが、実はSUGIZO(50)のギターアンプが故障し、本来の音が出なくなってしまっていた。
www.daily.co.jp
LUNA SEA、30周年のクリスマスミサ2daysが大盛況!「やっぱり音楽が好きなので、もうちょっと生きたいなと思って」(RYUICHI)
■真矢が、Jの物真似で爆笑を巻き起こすなど、LUNA SEAの通常のライブではあり得ない展開も。「神回だよね(笑)」(J)結成30周年のアニバーサリーイヤーを迎えているLUNA SEAが、12月21日・22の2日間にわたって、さいたまスーパーアリーナにて『LUNATIC X’MAS 2019』を開催。5人の奏でる音楽、十字架を成す巨大LEDスクリーンに映し出される美しい映像、物語性を感じさせる照明とが三位一体となった圧巻のステージを繰り広げた。「毎年ここに帰って来てる。僕らのライブハウス、さいたまスーパーアリーナ」(RY...
www.m-on-music.jp
LUNA SEA、『LUNATIC X’MAS 2019』で30周年の絆を提示 | OKMusic
結成30周年のアニバーサリーイヤーを迎えているLUNA SEAが、12月21日(土)・22(日)の2日間にわたり、さいたまスーパーアリーナにて「LUNATIC X'MAS 2019」を開催。5人の奏でる音楽、十字架を成す巨大LEDスクリーンに映し出される美しい映像、物語性を感じさせる照明とが三位一体となった圧巻のステージを繰り広げた。「毎年ここに帰って来てる。僕らのライヴハウス、さいたまスーパーアリーナ」(RYUICHI/Vo)と初日MCで呼び掛けたように、クリスマス近辺に同会場でライヴを行うのは恒例。しかし、年始にRYUICHIが肺腺癌の切除手術を経て生還、2019年の今回は特別な意味を帯びていた。
okmusic.jp

タイトルだけ見たら、なんのこっちゃって感じですね(笑)

ルナクリやZeppで行われたSLAVE限定トークイベントのレポを書かなければ、という思いもありますが・・
なぜか、なかなか手をつけられずにいます。

LUNA SEAの新しいアルバム「CROSS」を聴いていたら、無性に書きたいことが出てきました。
だからここは一つ、突如湧いてきたこの思いを先に書くことにしました。

前置きが長くなりましたが・・
タイトルにある、
「たかが」と思っているのは夫です。
「されど」と思っているのが私です。
そう言われても、なんのこっちゃですね😅

これには深い深い、とてつもなく深い意味合いがあります。

私がLUNA SEAや友達について固執している理由を一度夫に伝えたことがあるのですが・・
なかなか分かってもらえません。

「LUNA SEA」「友達」に振り回されて、夢中になったり落ち込んだり。
そんな私の姿を見て夫からは呆れられたり、見捨てられそうになったり・・
ちなみに今は、来年以降LUNA SEAのライブに参戦することを禁止されてしまいました😭

時々すべてを諦めそうになってしまう弱い自分がいます。
でもその度にLUNA SEAにパワーを貰って、なんとか踏ん張っています。
いつの日か分かってもらえるように・・

夫はLUNA SEAに対しては何の感情も持っていません。
特に好きでもないし嫌いでもないし、どうでもいいと思っているので・・
なぜ私がこんなにもLUNA SEAに執着しているのか・・
きっと理解できないはずです。

私の中ではLUNA SEAと夫は、かなり深い繋がりがあります。

何度もブログに書いているので聞き飽きた方もいらっしゃるとは思いますが・・💧

幼少期から思春期までの殆どの時をイジメられて過ごしてきた私は、しょーもない大人になっていました。

特に男性が苦手で苦手で仕方がありませんでした。
小学校5~6年生の時にクラスの男子全員からイジメられていました。

具体的には「カバ」となじられ続けてきました。
なぜ「カバ」だったのか、私には分かりません。
見た目がそうだったのかも知れません。
こればかりはイジメていた人間に聞かないと分かりませんが、分かりたいとも思いません。

小学3~4年生の時に同じクラスだった数人の男子が言い出したことが始まりで、5年生に上がる時にクラス替えがありました。
本格的なイジメに発展し、地獄の日々が始まりました。
来る日も来る日も、毎日毎日、登校時、休み時間、下校時・・
私に出会うと教室だろうが廊下だろうが通学路だろうが・・

私を見る度に「カバだ!」と言い続けるのです。
言われるばかりではダメだ!
言い返せ!!
大人はそう言います。
もちろん言われっぱなしだったわけではありません。
言い返しました。
何度も何度も何度も、数え切れないくらいに・・

でも「私はカバじゃない!」と言い返す度に、私に対するイジメは更に激しくなってゆきました。
「カバがしゃべった」
「カバのくせにしゃべるな」
「カバだよ」
そんな言葉が延々に跳ね返ってきたり、急ぎの用で廊下を走っていると足を引っ掛けて転ばしてきたり

6年生のある日のこと、休憩時間が終わるので教室へ戻ろうとすると、教室の入口ドアの前で廊下を塞ぐようにクラスの男子数人が並んでいました。
教室へ入らなければならないので仕方なく近づくと
「カバがきた!カバだ!」の大騒ぎ。
無視して横をすり抜けようとしたけれど、行く手を遮るように目の前に立たれ「カバは教室に入らなくていい」
「カバをここから先に通すな」
から始まり・・

「カバなんかじゃない!私は人間だもん!」と言い返したら・・
徐々に教室の中から男子が出てき始めて結局最後にはクラスの男子全員が廊下に出てきて私の前に横に通せんぼするように並び
「カバだよ!人間じゃない、カバだ!」
そこからは
「カバ!カバ!カバ!」
「カバ!カバ!カバ!」
「カバ!カバ!カバ!」
の大合唱が始まりました。

授業が始まる少し前に担任の教師がやってきたけれど見て見ぬふり。
「もう授業が始まるから中に入れ」で終わりでした。

そこから私の人生は更に転落していきました。
小学生の時はクラスの女子数人が気にかけてくれて「大丈夫?」と言ってくれたりもしましたが、中学校に上がると状況はさらに悪化しました。

中学生になると私を気にかけてくれていたわずかな女子も含め・・
クラスの生徒全員から無視をされるようになりました。

今思えば・・
中学生ともなれば男女間で色恋沙汰が始まる頃です(←少なくとも当時は)
私の味方になってくれていた女子も、男子に嫌われたくなかったのかも知れません。

無視されるということが言葉の暴力以上に辛いということを知りました。
学校というところは、何をするにもグループ分けがついて回ります。
修学旅行、文化祭といった行事や日々の授業でも・・
体育、家庭科などグループや組み分けを求められます。

クラス中から無視をされている私は当然どこのグループにも属さないし、私と一緒に組んでもいいと言う人たちもいません。
必然的に最後に自分1人が残るわけです。
そんな時に担任教諭のとった対応は、それぞれのグループの代表にジャンケンをさせ、負けたところのグループに私を入れなさいという・・
今なら大問題になりそうな担任教諭の対応ですが、当時はそういったことが世間に認知されることもなく、私のような人間は泣き寝入りをするだけでした。

そんなこともあり・・
中学生、特に3年生の時には毎日が地獄で、来る日も来る日も死にたいと思いながら登校していました。

当時はどこにも逃げ場はありませんでした。
今のように「そんなに苦しい思いをしてまで学校に行く必要はない」とか、保健室で授業を受けるとか、フリースクールに通うとか・・
そのような選択肢があったのかは分かりませんが、少なくとも認知はされていませんでした。

イジメはこれだけにとどまらず、近所の同級生たちからも散々な目に遭っていました。

数あるイジメの中でも私のその後の人生に多大な影響を及ぼしたと思われるイジメが、この男子たちから受けたイジメとクラス中から無視をされたことです。

高校ではイジメられることは無かったけれど完全に人嫌い、特に男子が嫌いになりました。

社会人になってからは男性恐怖症(そんな病気はないと思いますが💧)になりました。
とにかく男性がイヤでイヤで仕方がありませんでした。

当時、カリスマ美容師などと取り沙汰されて男性の美容師が急激に増えていた時代でした。
美容院に行くと高確率で男性美容師に当たるので美容院へ行くのも苦痛でした。

そんな状態だから男性を好きになることなどあり得ませんでした。
初恋などなく、恋愛経験もないまま20代後半へ。

その頃に河村隆一さんがきっかけでLUNA SEAを好きになりました。
彼らの音楽や生き様を見聞きしていたら、恋愛に憧れを抱くようになりました。
そして少しだけ、本当に少しだけ3人ばかりとおつき合いをして・・
でもそれは恋愛とは程遠いもので、相手は誰でも良くて、ただ私と普通に接してくれるだけで良くて・・

でもちょっとしたことですぐに不安になって、とにかく捨てられたくなくて嫌われたくなくて・・
完全に相手に依存していただけでした。
だから長続きするわけもなく、2~3ヶ月、もって半年が限界でした。
私が重荷になってみんな去ってゆきました。

それでもLUNA SEAのパワーは偉大で、私は捨てられては捕まえ、捨てられては捕まえ・・
そんなことを繰り返していた時に、4人めに出会ったのが今の夫です。

それはとても不思議な感覚で・・
それまではとにかく捨てられたくない一心で、どこかで相手に無理やり合わせている自分がいたけれど、夫との出会いは全く違いました。
頑張らなくても大丈夫な自分がいました。
思ったことを話すことができて、黙っていても全然苦じゃなくて・・
自然体で接することができていることに気づいた時に漠然と、結婚するとしたらこういう人なのだろうかと・・

その後結婚に至るわけですが、知り合ったきっかけは出会い系サイト、出会って1ヶ月ほどでプロポーズをされて、さらに3ヶ月後には結婚していました。いわゆる超スピード婚というやつです。

友達についても似たようなものです。
LUNA SEAを好きになってライブに参戦するようになったら、自然と友達が欲しくなったのです。
友達の方は未だに悪戦苦闘の真っ只中ですが・・

初めてLUNA SEAが好きな方たちの輪の中に入れてもらえて、すごくすごく嬉しくて・・
大切にしたかったのに、それなのに・・
自らの手でキズをつけてしまって、後戻りできなくなって

少しだけ具体的に打ち明ければ、みんなが楽しく仲良くやり取りをしているさなか・・
私は時々ついネガティブ根性丸出しで、本音を語ってしまったわけです。
自分としては信頼していたからこそ、本当の気持ちや悩みを打ち明けたかったのかも知れません。

でもそれは周りからしたら迷惑な行為だったのだと知りました。
指摘されるまで気にも留めていませんでした。
苦しい心の内を吐き出すことで、少しだけ自分の気持ちが楽になれて・・
一方的に吐露しているだけだと分かっていても、それでも誰かが聞いていてくれる、見ていてくれる・・
ただそれだけで、やり場のない気持ちが救われていたのだと思います。

結局そこには居辛くなって、自ら輪の中から出ることしか思いつかず・・

それでもやっぱりLUNA SEAが与えてくれるパワーは偉大で、私の背中を押してくれました。
こんな私でも良いと繋がり続けてくれる方がいてくれて・・
以前の私なら間違いなく、自らその手も離していたはずです。
でもその1本の糸は手放さずに大切に育てていきたい、そう思っています。

そしてその様子を薄々感じながら心配してくれていた方が存在してくれていることを知ったり、
輪の中にはいなかったけれど、ずっと外で繫がっている方もいたり、
また新たな出会いもあったり・・
今度は友達になれたらいいな~と思っている自分がいます。

友達が欲しい
その思いが消えることはなくて・・
心の中奥深くに芽生えたその気持ちは、間違いなくLUNA SEAからの贈り物です。


長くなりましたが・・
LUNA SEAが居なかったら
出会わなかったら
今の自分がいないわけです。

夫にもこの思いがいつの日か伝わるといいな~
_20191226_033406.JPG
_20191214_101359.JPG
_20191127_144053.JPG
_20191102_082558.JPG
DSC_0625.JPG
_20191127_144151.JPG

↑このページのトップへ