縁があって始まった三条の小屋番生活でしたが、また旅先での縁が繋がり
「東北の山麓でペンションを営む」という夢が実現することになり、山を下りることになりました。
FB_IMG_1604194856478.jpg
※社長と喧嘩したとか使えないからクビになったとか…はたまた歌の音程やリズム感が酷すぎるとかクレーム殺到とか ってわけじゃございませんからね!
円満退社です、僕の知るかぎり…

来年からは、宮城蔵王・遠刈田温泉「ペンション そらまめ」を3代目として引き継ぐことになります。
「三条の湯」同様に、お湯の柔らかさ、居心地の良さに、多くの方に愛されている温泉宿です。
IMG_20201120_005604.jpg

旅先の山小屋から旅先のペンション
何か真っ直ぐ繋がるものを感じますが、山に宿る神々の力を旅中に常々感じていた僕は、躊躇うことなく、その導きを信じて進みます。

3年間お世話になった山小屋で、宿業の基本姿勢をしっかりと学ぶことができました。

どういった気持ちでお客さんと接するべきか
どんな準備が大切なのか
どこで線を引くべきか

何よりお客さんの気持ちや求めていることを考えられる余裕を持つこと
それが1番大事マンブラザーズ

「まだまだ…」と木下社長には笑われますが、入社当初に比べると自分自身の偏りや欠点も見えてきたり、逆に自信を持てる部分も多少は出てきました。
FB_IMG_1604194828673.jpg

山でのシンプルな暮らし方には学び癒やし、そして感動も多く、貴重な「やま時間」を過ごすことができました。
1600031772791.jpg

温かい木下家のご家族と、通ってくださった皆様のおかげです。

※耳障りな演奏を聞かされた方、この場を借りてお詫び致します。大変申し訳ございませんでした!!

そして、新たに小屋番として三条に入る“山賀”さん
三条の贅沢な山暮らしをご堪能ください★
Xm9xjdcUAX.jpg

皆さん、三条に新たな魅力がプラスされますよ! お楽しみに★
FB_IMG_1604195749724.jpg