梅雨、こうも雨が続くとお客さんも来なければ急ぎの仕事もない

IMG_20190708_173256.jpg
蛾の羽模様を観察するのが最近の小屋番ブーム(あまり理解されないけど…)

たまの晴れ日には土運びや石積み、草刈りはするけれど、雨となれば諦めがついて小屋のなかの普段やらない大掃除、木工、修繕ができる
received_316712635886361.jpeg
line_330749892427581.jpg

line_352169674067540.jpg


春から6月までの忙しい時期が終わって、のんびり三条が戻ってきた

received_584268782082098.jpeg

こだわりの珈琲豆を挽いて、お客さんがくれたお土産を頂きながら美味しい時間を過ごせば充電完了。晴れた日は、やったるスイッチが勝手に入って半日は仕事のモチベーションが保てる

received_395949810937323.jpeg
強い雨の影響で登山道が崩れることも…

そして、僕らのフリータイムもこの時期わりと多い。

外仕事ができない雨の日や、お客さんの居ない朝夕は、小屋番もお手伝いさんも各々気ままに山小屋を愉しむ。

こういう時間に楽しもうと持ち込んだものがある

IMG_20190714_181041.jpgこちらは炭酸メーカー(発泡酒づくり)
IMG_20190712_111506.jpg
※たまにこんな小屋番企画もやっている

フリータイム

買ってきた本や小屋に長年置かれていた本を読んだり、プレーヤーに入れてきた楽曲を聴いたり、ダウンロードした楽譜でギターの弾き語りをしたり、持ち寄ったレシピを見ながら料理したり、、

僕は沢登りシーズンに向けてホームセンターで買った藁ロープで草鞋を編んだり…と


line_330716972109357.jpg
line_330727965657793.jpg
received_2196893030553681.jpeg

IMG_20190715_065721.jpg

IMG_20190715_065822.jpg

それから、小屋の中から雨模様を眺めるのも悪くない

received_448665679297911.jpeg外の雨とは裏腹に僕は暖かい小屋の中でコーヒー…こういう時に、あえて感じる安堵感も贅沢に思える

雨は憂鬱なもの、洗濯も布団干しもできないし…そう捉えてしまえばその通りだけども雨だからこそ落ち着けるというのもある

received_417538102170964.jpegなんでも捉えよう、  次第で雨の日も愉しい山行にできるだ