月別アーカイブ / 2020年05月

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2946.HEIC
IstfFzkYml.jpg
浪速の空は灰色に覆われ、今にも雨が落ちてきそう。

その前に、薬局と郵便局へ。

マンションの横にはセブン
サンドイッチと夕飯を買いに入る。


店内を物色している時に 「あっ!」あった。

ブログ內で話題のa~jolieのバスケットショルダーバッグ  ٩ʕ•͡וʔ۷

夏場が近ずきジーンズから綿パンの季節
今までは荷物の多い時は
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3007.HEIC
財布だけで済む時は
SohuD2ZpSZ.jpg
ただ型が意にそわない。
文庫本や通帳を入れると歪んでしまう。
前々から夏場に手軽なものが欲しいと考えていた。

思い切って購入  ꒰ᐢ⸝⸝•௰•⸝⸝ᐢ꒱
クロ

Yf6AXg2Asz.jpg
Y3Pp1UaQTR.jpg
唇の赤の鮮烈さにまず戸惑う。

B5サイズの本がジッパーが邪魔して入らない!
J4U7Txn0ci.jpg
仕方がないから詩集・文庫本を収めることに。
KXYaCVdZCQ.jpg
3oQTyzFwFI.jpg
lw4br_cXFb.jpg



火付け役のあーさんや愛すべきブロ友さん達を恨みます   ( ᵕ̩̩ㅅᵕ̩̩ )

街中に出た時唇を表側に向けるか、隠すか思案中。


久しぶりに楽しい思いに耽りました  (*^_^*)


_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2999.HEIC緊急事態宣言が全国的に解除されます。
自粛生活の中でも様々な創造が行なわれていたようです。   o( ^_^ )o

働く場所で、家庭生活の中で、頭や心の中で……。

生き延びる工夫
  働き方改革・新しい販売方法
  家族関係の変化  夫婦・子供たちとの新たな共同作
  業・信頼の絆の回復と構築
  芸術活動  強いられた制限の中できっと絵画や小説
  音楽に創造の芽が育ちこれから生まれる筈

不自由や苦難も悪くは無い!!
願わくば生活や心が追い詰められて自死する人が出ないこと   そして無能な政治屋と経営者、利権漁りの悪党共が滅びることを!

いちょうよもぎさんの作品をご紹介させてください。

ブログにしては長い作品ですが30分ほどで読めると思います。
その文章とリズム、展開に一気に読めます。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2988.HEICいちょうよもぎさん、リブログ無断ですがお許しください。


私的には2011年に芥川賞を受賞した西村賢太さんの『苦役列車』『竿灯』を思い浮かべました。

どうしようもない庶民のドタバタとそんな彼を見つめる冷静な視線、自虐的でなくカラッとしたユーモアとペーソス!   

一気に読むことが出来て心地よい余韻が残りました。深刻な内容ではありますが良作です。

皆さんにもぜひとも読んでいただきたい作品です。

辛い月日がまだまだ続きますが
耐えて素晴らしい日常生活や作品を創造しましょう!

いちょうよもぎさん  ありがとうございます。


_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2949.HEIC

5月15日は午後からほぼyoutubeを見ていました。衆議院内閣委員会の中継です。
検察庁法改正に関する委員会審議です。
NHKが中継しない為私の見ているtuberへのアクセス数は一時6万件を超えていた。異例のことです。

数日前からツィッター内て#検察庁法改正に抗議します!のツィート数はこれも異例の1千万件を超えていました。これもかつてないことです。

一部のメディアでも話題になりました。
私もツィッターデモに参加しました。



今年の1月から検事長の定年問題を巡り違和感を感じていました。
メディアの報道に注目し私なりに検察庁法や国家公務員法についても調べました。
安倍政権が何故この問題を拙速にかつ強引に推し進めているのか?
もう一つ腑に落ちない主張や一面的な意見が多い中で心揺すぶられ得心する意見が15日に法務省への意見書という形で公開されました。
三権分立は厳格に守るべきもの!!

少し長いですが全文を紹介します。引用が多いブログですが[意見書]だけはお読みください。
お願いします。
全文を読み胸の閊えが無くなり感動しました。黒川検事長の定年延長が内閣の恣意的判断でなされたことは疑いのないことですが、この【意見書)】は将来の日本が独裁者の出現を許さない為の法治国家としてあるべき姿をも展望しています。


改正案が提出される以前の定年延長問題の推移です。
検察庁法改正でもたらされる検察トップの人事権について、







当事者の検察官をはじめ法曹界に携わる多くの方々が今回の検察庁法改正について、将来三権分立が内閣の恣意によって損なわれることを危惧しています。


安倍晋三はコロナ禍よりも自己保身の方が大事のようです。
背任罪をはじめ公職選挙法・政治資金規正法等で起訴されることを恐れています。

森友・加計・桜を見る会など数々の疑惑が国民の前に明らかにされていません!


検察庁法改正に抗議します。

週明けの19日に武田大臣の不信任決議が本会議で否決され、強行採決が内閣委員会でなされようとしています。

私達の未来、子供達の未来を暗くしたくないです。

検察庁法改正
に抗議します!!





↑このページのトップへ