月別アーカイブ / 2018年09月

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1703.JPG

トゥールーズ=ロートレック
1864 (11/24〜1901 9/9)
南仏アルビで生誕  伯爵家の嫡男
8歳の時母とパリへ。  13歳の時に大腿骨を骨折して脚の発育が不良となり、上半身は普通だが身長は大人になっても150センチメートルちょっとだった。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1673.JPG
ゴッホより十一歳年下だがコルモン画塾のアトリエで知り合い、パリでのよい画家仲間となった。
印象派の画家ではなく印象派と交流を持ちながらも同時代のパリを独自に描いた。
ゴッホがレストラン・シャレで仲間の展覧会を開催した時にはベルナールやロートレックの絵も飾っている。
雑誌『パリ・イリュストレ』に掲載されたミシュレの文章の挿絵四点はロートレックの作だがゴッホは「見事なものだ」と褒めている。
また手紙の中でもロートレックの名はしばしば出てくるが女性音楽家の肖像をはじめいずれも「驚くばかりの見事さで感動して眺めたよ」とテオ宛に書いている。
またゴッホにアルル行きを勧めた。

ロートレックはゴッホの人柄を愛し彼の肖像画をパステルで描いている。
g0kPp2z0ef.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1704.HEIC
二人は互いに画家仲間として尊敬し、筆使いや色の使い方を学びあった。
友情は長く続きアルルでゴッホが発作を起こした後も厚い友情を示している。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1700.JPG
ムーラン・ルージュのポスターはポスターを芸術の域にまで高め 「小さな芸術家」「偉大なる芸術家」と呼ばれるようになった。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1696.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1697.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1694.JPG
         (いずれもインターネットからの画像)
ロートレックは踊り子や娼婦、ゴッホは農婦や炭鉱夫等いずれも社会的マイナーな人々に目が注がれていて、彼等に対する愛情が絵の題材に選ばれていたのも二人が共感するところだったように思う。
またゴッホは炭鉱での生活時代を忘れることなく靴の絵も描いている。
C_GUgSHmsV.jpg
ロートレックは自転車や疾走する馬の絵を描いている。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1701.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1702.JPG
個人的見解だがゴッホには恋愛や炭鉱での布教活動の挫折、ロートレックには伯爵の嫡男であったにもかかわらず病の為にそれが叶わなかった苦渋の思いが二人を惹きつけあっていたのかもしれない。
題材の靴と馬にもそれが表れているように思う。

ロートレックはアプサン(アルコール)中毒に、ゴッホは絵を描きながら心のバランスを崩した。

二人が酒場でどんな話しをしていたのか?絵画の技法や色彩について、浮世絵なども……。
失恋や女性の不可思議さについて……。
時代の流れについて……。
「あー、生きていくのはなんて難しいことか」と共感していたのか?

話しは尽きなかったことだろう!!!  


#ハンナのゴッホ

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1665.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1664.JPG
(インターネットからの画像)

エミール・ベルナールはゴッホより十五歳年下のポスト印象派の画家。
1868年北部フランスのリールに生まれ十六歳の時コルモンの画塾に入る。
ロートレックと知り合うとともにブルターニュへ旅した時にゴーガンとも知り合う。

ゴッホとはタンギー爺さんの店で出会う。

二人の交友は長く続きゴッホがアルルへ行ってからも往復書簡を交わした。  ゴッホの死後、最初の展覧会を組織したのもベルナールである。

ゴーガンとともにサンテティスム(印象派の解体的・分析的手法への反動として生まれた主観と客観の総合主義) とかクロワゾニスム(太い輪郭線による装飾的画風) の主唱者となった。

パリ時代以降のゴッホにとって彼だけが一貫して親友であり続けた。

  ゴッホの絵はいたるところ貴重で堅牢な耐久力のある質を備えていて、それは表現の狂暴さで操作されてはいるが未来の横暴な錆をを防ぐに違いない   ……    目に映ったものや物の実態に即して描かなかったのである。

  ゴッホは自然と思想とが結合した文化のうちに清澄な人々が示したあの長閑な完成よりも、むしろ平易で抒情的な印象派の自由な想像のうちに、よりよい道を見いだしたのであった。

  「落ち着きのある筆使いよりも我々は思想の強さを求めている」  彼の絵に対するこの言葉は、難解のうちにも少し無分別でだらしない短気なところが気になると付け加えておく。  我々はこの中に思想を感じ、真の生命を見いだすべきである。落ち着きのある筆致はないが、なんたる烈しさだろう。

  ゴッホの態度や言葉・絵に対してベルナールはこのように書いている。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1666.JPG
石垣に座るブルターニュの女たち  ベルナール
(インターネットからの画像)

絵を描くことに真剣な人はゴッホの特異な個性を容認し、その情熱と才能を認めていたようです。

ゴッホも絵画の技法や色の使い方については画歴や年齢に関係なく謙虚に学んでいたように思います!


#ハンナのゴッホ

周囲の人間にとって特異に映っていたゴッホ。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1619.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1660.HEIC

タンギー爺さんです。
弟テオと同じくゴッホを支えた人でした。

テオの妹への手紙
  兄の中には、まるで二人の人間がいるようだ。 一人は素晴らしい天分があり敏感で穏和なのだが、別の一人は利己的で無情なのだ。この二人がかわるがわるに現れるので、兄はある時はああいうかと思うと、又ある時はこう言うしいつも賛否両論をとるのだ。
  兄が自分自身の敵だと言うのは情け無いことだ。なぜなら、兄は人の生活をみじめにするだけでなく、自分の生活もみじめにするからだ。

  これに対し妹は兄に自活させるように忠告するがテオはこう答えた。

  兄が芸術家であることは確かだ。  今描いているものが時には美しくないことがあっても、後には兄のために役立つだろうし、おそらく卓越したものになるだろう。
  とすれば、兄が絵を描き続けることを不可能にすることなどは恥ずべきことだ。

HQPT7XcN2T.jpg
テオは画商として新しい絵画の画家たちを支え、タンギー爺さんは画材屋として新しい運動を支えた。

タンギー爺さん
  ペール・タンギーはブルターニュからパリに出て一時鉄道会社に雇われていたが1860年に絵の具職人となり、その後独立して店を開いた。
  モネ・ドガ・ルノワール・シスレー・ピサロなどの名の知れた(大通りの印象派)画家からゴーガン・スーラ・シニャック・ベルナール・ロートレックやゴッホ(裏通りの印象派)などを支えた。

  彼は貧しくても謙虚であった。裏通りの印象派の画家たちに同情し新しい絵画運動に味方した。
  人道主義的な思想の持ち主でパリ・コンミューンに参加、二年ほど刑務所暮らしをする。
  ずんぐりした体型、やや濁った青い目、獅子鼻、丸顔、短く刈った頭髪そして穏やかな表情と人のいい無邪気さ。
  特にセザンヌとの親交は深く熱心な支持者になっていた。

  ゴッホはクローゼル通りにあった狭苦しい店を「美術に捧げられた小さな礼拝堂」と呼んでいた。

  タンギー爺さんは僕の尊敬できる人の一人です!





#ハンナのゴッホ





↑このページのトップへ