月別アーカイブ / 2018年04月

  GW三日目。ホークスが敗れ気分は下降気味の僕。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0908.JPG
ネットからの画像

  教育テレビで養老猛司さんと老猫まる(14歳)のドキュメントを見る。まったりとした時間。

  今までの駆け抜けた僕の時間を振り返って反省と感慨。急ぎ過ぎは良くないよね!
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0911.JPG
ネットからの画像

  疲れた体を休めて横になっている時、胸をポンポンと叩くとゆっくりと歩み寄って胸の上で寝そべる愛猫マリ(茶トラ)を思い出した。

  構って欲しい時は顔の近くで寝そべる。おでこをさすり耳裏を掻き顔全体を手のひらでぐしゃぐしゃ。満足すると顎を落として目を閉じて眠りの姿勢。鼻息が顔まで届く。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0909.JPG
ネットからの画像  

「マリ」と声をかけると尻尾をゆっくりと左右に振るだけ。もう一度声をかけると顔を少し埋めて面倒くさそうに尻尾の先だけをちょこっと振る。
  僕もマリの重さが心地よい。

  至福の時‼️








_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0875.JPG
  イオはプロメテウスの言葉の意味を考えています。さらに彷徨い続けなければならないのか?行きつく先は何処なのか?私にゼウスの子どもが……?

  プロメテウスはイオに呼びかけます。
  『貴女に必要なのは怯えながら逃げまどう力でなく、貴女の内に宿る生きる力を信ずることだ。ポセイドンの助けによってイオニア海を渡り行きつく先はナイル川の河口エジプトの大地カノボス』
  『そこでヘラの許しを得たゼウスが貴女を元の姿に戻し手を愛撫して愛児エパポスを産む。その子は長じてエジプト王となりやがてその子の子孫が英雄ヘラクレスとなり私の鎖を断ち切ってくれる』


  その頃アルゴスの地ではイオの父イナコスと母はこんな思いでいました。

  私たちの娘への愛の時間が無為に流れてもうどれほど経ったのか?
  私たちの娘イオ!  今、どこを彷徨っている?

  クロノスからその座を奪い取った僭主ゼウス!そのよこしまな欲情はとどまるところを知らぬのか?
  尽き果てぬ嫉妬の化身女神ヘラ!ゼウスの咎をなぜ私たちの娘イオに課するのか?

  今、洞窟の中で座し娘を案じる。あなたの疲れた心を父イナコスの河の流れの音で慰め、痛みの疾る体を吸い込む勢いが強くて乳首が痛かったことを懐かしむ母の涙で鎮めてあげられたら……。
  
  たとえ白い牝牛の姿で戻ってきても河の流れで洗い清め、その体をくし梳ってやりたい!
  早く戻っておいで!  私たちの娘!
  


  鎖につながれたプロメテウスはイオにこれからの道程を教えました。

  イオよ!貴女には気の毒だが死の神ハデスの支配に降ることは許されていない!
  なおも艱難の道が残されている。 コーカサスの頂きから南へと旅路し、マイオティスの海峡を通過しエウローパからアジアへ、イオニア海を渡り泳ぎナイルのデルタ地帯カノボスへとたどり着く。
  故郷遠い異国の地、そこが貴女の住まいとなる!
  


  イオはカノボスに辿り着きました。広大な河は父の支配する河よりもさらに大きく旅路の疲れを河岸に佇んで癒します。ゼウスの手によって元の姿に戻されますがその時にゼウスの子を宿します。ヘラもゼウスの立っての頼みにより虻を取り払いました。


  イオのエジプトの地での感慨です。

  プロメテウス様の言われた約束の地にようやく辿り着いた。
  この河に身を潔めて父の流れと同じように今、抱かれている。
  私は今まで生きてきた苦悩を乗り越えて、喜びを生み出す新しい命の愛に今目覚める!
  

              完



イシス
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0889.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0877.HEIC
  イオはその後エジプト王テーレゴノスと結婚、ゼウスの子どもエパポスを産む。ここで又ヘラがクーレースたちを使ってエパポスを隠す。
  プトレマイオス朝に於いてはイオとイシスは同一視される伝説もある。
  イシスはエジプトの母神、オシリスの妻で妹。太陽神ラーの力を盗み女神となる。夫オシリスよりも力を持つとされている。

オシリス
  エジプトの救世主。死を司る神で太陽神ラーに対抗する神。イシスの夫でもある。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0876.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0887.HEIC
エパポス
  イオとゼウスの子ども。ヘラによって隠されるがのちに救出されエジプト王となりナイルの娘メムピスと結婚。この子孫がヘラクレスを産んだ。



           参考にした本
『歴史』  ヘロドトス 著      『歴史の父 ヘロドトス』 『ギリシア神話の世界観』  藤縄 謙三 著
『縛られたプロメテウス』  アイスキュロス 著
『ギリシア・ローマ神話』  ブルフィンチ  著       『ギリシア神話』  呉 茂一 著
ギリシアの神話 『英雄の時代』 『神々の時代』 カール・ケレーニイ 著
『イーリアス』  ホメーロス 著
『ギリシア・ローマ神話辞典』 高津 春繁 著
『世界神話辞典』  アーサー・コッテル 著
    その他ヘシオドス、オウディウス、ケレーニイ、シュヴアーブなど二十点ほどの本を参考にしていますがあくまでも僕の創作ですので神話について自由な解釈をしています。
  特にエジプト神話についてはさまざまな解釈や言い伝えがありまだ充分な評価が定まってないように思います。僕の勉強不足もあると思いますが……。

ギリシア神話全般を頭に入れるのにはブルフィンチの『ギリシア・ローマ神話』が岩波文庫であり手頃で求め易いと思います。呉茂一さんの『ギリシア神話』はすこし古いですが学術的に良く検証されたものだと思います。
山室静さんの『ギリシャ神話』は物語調なのでとても読みやすい本です。
  文学好きな方はホメーロスの『イーリアス』『オデュッセイア』、アイスキュロスの一連の悲劇は是非お読みください。西洋文学を読む際に理解を深めると思います。


長い期間がかかり途中で視点の人称や時制の変化があり読みづらくなってしまいました。深くお詫び申し上げます。     m(__)m
また神話には諸説ありどの方の説を選ぶかでも悩みました。
このブログはあくまで僕の創作であるとご理解ください。

長い期間、そして最後までお付き合いくださり本当にありがとうございます。
感謝します‼️




#ギリシャ神話

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0899.JPG
  四月二八日はサンフランシスコ講和条約によって本土は独立を果たしましたが沖縄・奄美・小笠原諸島(1968.6・28に復帰)は本土から切り離され復帰までの27年間基地問題なのでさまざまな差別と屈辱を強いられました。

  沖縄住民は{沖縄住民]として本土の国籍を持つ[日本人]とは区別されていました。

  四月二八日は沖縄の人々にとって『屈辱の日』とされています

  僕の大学時代に沖縄から医学部に入学した同級生がいました。その人から入国ビザを見せられて初めて沖縄の置かれている立場を認識させられました。ドル💵と右側通行!基地問題。婦女暴行などのさまざまな差別‼️


  本土復帰後に会社の慰安旅行で沖縄を訪れた時に観光バスガイドさんが名所案内や民謡のほかにさまざまな機会を利用して沖縄の歴史、特に沖縄の激しい地上戦について熱く語ってくれたことを覚えています。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0902.JPG
沖縄戦の結果です。人的被害者の数
  県外出身者  死者・行方不明者    65,908名
  県民死者・行方不明者              122,228名
                     内、民間人死者  約  94,000名
          計    188,136名
   戦闘期間    3/26〜6/23
4Pebkla9aM.jpg
  

GtvRxRXQU1.jpg
UGM5oErVM1.jpg
なお沖縄の施政権返還は
    1972年5月15日に佐藤政権のもとで行われました。

大阪の大正区には沖縄出身の方が多数住んでおられます。たまたま知り合った人にお名前を聞いて沖縄によくある名前なので「沖縄出身の方ですか?」とお聞きしたら「それがどうかしたんか!」と睨まれました。本土の人間に対する「うちなんちゅ」の方々の複雑な思いを感じました。

  沖縄出身の友人に戦争教育について聞いたことがあります。「本土の教育と違って半端じゃない教育をしている」と自慢げな顔をしていました。
  昨年住民の防空壕ともなっており住民83人が集団自決した『チビチリガマ』が中学生によって荒らされました。当人たちは歴史的背景を知らずにやってしまったと言い、あとで管理している方にお詫びの手紙を書いたそうですが教育はどうなっているのでしょう?全国と比べて広島や長崎の原爆教育が徹底しているのと同じように歴史教育は徹底して欲しいと思います。

  少しでも沖縄問題を考えるきっかけになればと思いブログを書きました。

最後まで読んでいただきありがとうございますm(._.)m


↑このページのトップへ