月別アーカイブ / 2018年02月

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0234.JPG
  故枝雀師匠の話芸は神の領域に達していたがその根幹をなしていたのは「緊張の緩和」だった。
  笑いが起こるのは今まで緊張していた状態から緩和され、解き放たれた時に湧き上がってくるという理論。赤ちゃんに「いない、いないば〜」をすると最初は緊張していた赤ちゃん👶がケタケタと笑うのも同じ理論だと説明する人もいる。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0235.JPG
  
  笑いの理論、また「緊張の緩和」についてははっきり言ってよくわからない。人間についての考察がまだまだ不十分。自分はまだ精一杯生きて愛して悲しみや苦しみや痛みを背負っていないからだと思う。だからいまだに心から笑うことが出来ないでいる。

  枝雀師匠の高座での姿を思うと、身振り手振りで全身を使った後のとぼけた顔と絶妙な噺ははっきりと覚えている。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0233.JPG
  緊張の緩和は人生においても大切なことだと思う。走り過ぎてもよくない。とらわれ過ぎても苦しくなる。目標さえ見うしなっていなければ趣味の時間やスポーツも目標への活力になると思う。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0237.JPG
  最近あまり笑えなくなっている僕。色々な人のブログや音楽配信・動画を見たり、記事を読んだりして助けられてはいるが「緩和」が足りないようだ。

  突っ走るのが今までの僕の人生だった。おそらく今後もそうだろう。
  わかっていながらこのブログを書いている。


  もうすぐ3・11が迫っている。この日はコンビニに行って全国新聞の全紙を買ってきて読んでいるが、年々中身が薄くなっている。
  テレビの報道もしかり。
  良質な「緩和」となる記事や報道を期待したい。
  平然と震災の風化を記す記事を見かける。風化させない努力をしているのだろうか?メディアの強い反省を求める‼︎

  今も変わらなく奮闘中の被災地の皆さま
  豪雪地帯の皆さま
  受験生の皆さん
  闘病生活中の皆さま
         エールを送ります!


まとまりのないブログになりました。お許しください。



  


  
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0117.HEIC

  駅まで歩いて五分ほどのところが僕の棲家だ。幹線の国道からは離れているので比較的静か、近くには公園・小中高等学校・ お寺さんもある。

  阪堺線の駅が🚉一番近い。市営地下鉄と南海天下茶屋の乗り換えの駅となっており朝夕は会社勤めの人が忙しく往き来している。一日の始まり…。 

  次は登校中の制服姿の学生さん、たまに早練なのかトレーニング姿を見かける。朝は黙々と急ぎ足の学生さんたちだが、下校時にはお喋りに花が咲いて歩く速度もゆっくりして顔もほころんでいる。商店街には女子高生目当てのクレープ屋さんがあり三、四人がたむろする姿をよく見かける。

  次はママチャリの出番です。たくましいママさんたちが子供たちと会話しながら活気を溢れさせている。この光景、いつ見ても感動する。

  そして……。駅前のパチンコ屋さんに列ができる。パチプロもいるのだろうが少し残念。みんな勝つことを目指しているのだろうが楽しみとして欲しい。

  同じ頃商店やスーパーが開店、買い物客はお年寄りが多い。買い物カートを押したり杖をつきながらだ。所々で長〜いお喋りに夢中な昔の娘さんたち。通り過ぎる時に耳を傾けると病気やうわさ話が圧倒的に多いようだ。また少ない年金暮らしなので折り込みチラシの検討に夢中な姿も見られる。

  スーパーラグビー・Jリーグ・プロ野球オープン戦とオリンピックとは別にスポーツシーズンが始まった!(今年のサンウルブズは期待出来そうです。オーストラリアの強豪ブランビーズ相手に負けたとはいえ接戦を演じました)
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0223.HEIC


  中東で火薬の匂い、アメリカでは銃乱射、日本では豪雪被害とインフルエンザの流行、予算委員会の審議。
  
  やり切れないことが多いけど、多くの人々はまじめに日々の生活を精一杯生きている。今を大切に生きている。

  僕も後悔しない一日を送れるように努力したい。

  
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0218.HEIC
                      カフカ『断片』より

  
  皆さまにとって今日一日が幸多き日となりますように

  受験生・豪雪地帯の皆さま・難病と戦っている方々を応援します。

  


  本文内の「わがままに育ってしまったの?」と合わせてお読みください!
  子育てに悩むママさんはきっと元気がもらえると思います。

↑このページのトップへ