_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1283.HEIC
ミレーの落穂ひろい
ゴッホが惹かれたバルビゾン派の画家。この作品のほかに『晩鐘』『羊飼いの少女』等の作品が有名です。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1398.HEICウージェーヌに失恋してからのゴッホの行動を追ってみます。
1873年20歳  ロンドン支店に勤務する。  失恋
1874年21歳  一時パリ本店に勤務(10〜12月)
            第一回印象派展  パリ
1875年22歳  5月パリ本店に転勤  支配人や同僚との   
                    関係悪く、孤独癖強く聖書に読み耽り17
                    世紀オランダ絵画とバルビゾン派の作 
                    品に惹かれる。 10月父エッテンへ赴任。
1876年4月  グーピル商会を解雇される。
                   英国の私立学校学務補助の職につく。
                   学校の移転でロンドン近郊アイズルワー 
                   スへ移り貧民街の生活に心を打たれる。   
                   メソジスト派の牧師を知り説教補助員に
                   なる。  学校休暇で帰郷したまま戻らず。1877年1〜4月オランダ・ドルトレヒトの書店に勤務。
                  5月大学で神学を学ぶ為アムステルダム
                  へ。入試勉強を諦めてエッテンへ戻る。
1878年  試験勉強を放棄。8月ブリュッセルの伝道師
             養成所に入学。3か月勉強したが資格は得ら
             れず、ベルギー・ボリナージュの炭鉱で臨時
             説教師となる。
MKu_UaxZqy.jpg
IHo7zGBnsi.jpg
1879年  26歳  献身的な活動を行うが度を越している
             として伝道師委員会から承認されず。

経歴を見るとゴッホの場合真っ黒に塗り潰されそうです。
ゴッホは人を愛し過ぎたのかもしれません。それも報われない愛だったようです。  女性(この後愛する寡婦ケー・娼婦シーン)しかり、農民しかり、鉱夫しかり。  

XGhYJR_TG3.jpg_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1428.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1426.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1424.HEIC
この人としての魂の原石が絵画として表現されていくのはもう少し時間が必要でした。

次は絵描きを目指すゴッホの姿を追ってみたいと思います。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1422.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1421.HEIC絵画への情熱と苦難の道は本格的に始まります。

まとめるのに苦労しています。文章の未熟さと絵画の知識不足が読みづらくさしています。
御容赦下さい。m(._.)m

次回は頑張ります。

みなさんの健康が支えられて充実した一日となりますように‼️