_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1175.JPG


これだけ暑い日が続くと外に出ることや家事をこなすことさえ億劫になります。

やる気スイッチをどうやって押せば良いのか(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾❓
僕のスイッチはどこにある❓

ある種の危機感を感じながらスイッチを探す。
言葉に求めてみましたが僕の貧しい読書歴では見当たりません。
そんな便利な言葉があるはずがない‼️
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1166.JPG
避難所生活の子どもたちを思う。
                                                                           友達と遊べる機会を作って欲しい!    いくつかの避難所では子どもたちの心のケアをしたり遊びや勉強を指導するスタッフが配置された所もありますがあくまで一部です。


                                                                            僕自身が七十歳を超えてしまうといままでの人生から「どう生きるか」よりも「どう死を迎えるか」に気持ちが傾きがちです。 
冷房の効いた部屋は快適かも(28度に設定)知れませんが独居生活者には果たしてそうなでしょうか?                                                        精一杯僕自身を生きてきたというつまらない自負、もういいじゃないかと言うマイナスの諦観が支配してしまっています。    これは危険な心の病だ。



_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1172.JPG
避難所の高齢者を思う。    まず快適な環境を整えて欲しい。                                                                今までの築き上げてきた実績、田畑・家屋・幸せな生活や愛する人を失ない根こそぎ奪われた方々の落胆・悲哀・絶望感を想像するといたたまれません。                                                       避難所生活に人々の愛や慰めは溢れているのだろうか?

社会的弱者を思う。                                               障害者・外国人居住者・乳飲み子を抱えたお母さん。経験のある介助者・通訳・小児科医・相談員等のスキルを持った人も不足しています。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1169.JPG

獣医師の方も避難所を回っているようです。一方ではペットにたいする苦情も寄せられています。動物病院では一時預かりを引き受けている所もありますが数が足りません。


外出中に転倒して以来少し気持ちが萎えています。その後一度外出した時には過呼吸で動けなくなり道ばたで動けなくなりました。多分軽い熱中症だと思います。
幸いに下町なので三人の方が駆け寄ってくださり、わさわざわざ自転車を取りに行って買い物の荷物をカゴに入れて、お二人の方は両脇を抱えてマンションまで付き添ってくれました。  感謝です!

それ以来転倒した時のトラウマや歩けなくなった時の恐さがあり外出が怖くて引きこもっています。           以来食事も冷蔵庫の在庫整理をするようなもの!  最近は底をつき缶詰・冷凍食品・佃煮などがおかず。そうめん・パスタ・インスタント食品。                                トッホッホ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

ブログもいいねを押すか軽いコメントを書くぐらいで書きたい思いはあるのですが筆は重い🖌です。
       ♪───O(≧∇≦)O────♪

ブログは遅々としたものとなりますがお許しください。

最近の近況でした。


被災地のみなさんのご健康が支えられて復興が進み希望が失われないことを切に願います‼️

亡くなられた方々のご冥福と行方不明になられた方々が1日も早く見つかりご家族のもとへ帰られますように祈ります。


長い文章になりましたが最後まで読んでいただきありがとうございます。

良い一日をお過ごし下さい‼️
熱中症には気をつけてください。