こん〇〇は❣️サロン・ププルのゆかりです😊
今日は久しぶりにガッツリ妊活ネタを✨🌈

妊活にもいろんな段階がありますよね。
病院にかかる前に自分で出来ることで
体質改善を試みる事やタイミングを取る事など。

サロンで歪みを整えたり、血流を良くしたり。
サロンの利用を導入する段階も
人によって様々だったりします。

そして、自分の事を知って行くために、
病院で検査を受けてみる。
タイミング指導を診察で受ける。

これもね、「検査」という言葉にどうしても
引っかかりがあって、受けることを躊躇してしまう方が意外と多くいらっしゃいます。

検査=どこか悪いから=ダメな自分
のような概念が、世の中に常識として
根付いてしまってる部分がある気がします😌

検査を受けることは、
自分にレッテルを貼る事ではなく
スタートラインに立つことです✨

妊活においては特にそうで
自分の「今ここ」を知るためです。

なので、私は検査を受けてみるといいよ✨😊
とお伝えしてます。

サロンでも、妊活サロンの多くは、
「病院にかからず、自然妊娠を」謳っている所が
かなり見受けられますが、
私は病院を否定しない派です。

血液検査を受けることや超音波などの診断や
検査などは病院にしか出来ないことです。

サロンが
「病院にかからず、自然妊娠を」と掲げるのは
それをサロンのウリとしているからで、
お客様のためのようなマジックである事も多々。

サロン側がそういう結果を出しそうなお客様を
選んでいるから、その結果が並んでいるだけという場合も結構多くて、
実際は病院にかかった方がいいのに、
本当のことを教えてくれない所も多くあります。

お客様がなるべく早く望みを叶えられるのが1番
だと、やっぱ思いますよね〜💕😌

検査結果は自分をジャッジする為のものじゃなく
これからどうしていくか方向性を決めるもの。

妊活に今後時間をかけて取り組んでいいのか
急いだ方がいいのか。
どんな取り組み方をすればいいのか。

タイミングを取るのか、ステップアップか。
人工授精なのか、体外受精なのか。
体外でも、ふりかけなのか顕微なのか。

サロンでやる、血流をよくしたり、整えたりは、
どの段階でも必要だったりはします。
基礎ですのでね🍀 血流はマジ必須です✨

検査も、ホルモンの値を知るもの
時期によって内容も違うものになりますから、
低温期(卵胞期、月経後)と、排卵期、
高温期(黄体期、月経前)で、
病院によっても、個人差見つつ検査も違います。

後は、AMH(抗ミュラー管ホルモン)の値を調べる
血液検査
これは保険適用外なので2〜3万しますが、
まずはやっておくといいものです。オススメ。
AMHの値が全てではないのですけど、
妊活を急いだ方がいいのか?の指標になります。

卵巣年齢や更年期などもそうなんですけど、
一般論が強く定着し過ぎてるんですよね。

卵巣年齢が落ち始めるのは40歳手前から、
更年期は50歳前後から、とか
ほんとに個人差も大きいものなので、
30代で閉経される方もいらしたりします。

一般論で自分の人生設計を見積もらないで、
検査をしてみるのは、本気でオススメです。
気づいた時には遅かった、とか嫌じゃないですか

結婚時に身体検査する方もいると思いますけど、
あれは、良い事だなと思っています✨
これからの人生を考えていく上でとても有益❣️

あ、話逸れましたけど、検査の種類ね。
あと、卵管造影はされるといいです✨

検査によって卵管の詰まりが解消することも多く
検査後は受精しやすいゴールデン期間に💕

卵管の詰まりがかなり強固な場合などは、
体外受精を勧められることもあります。
(=タイミングや人工授精で可能性が低い場合)

この辺の検査をまずされるといいかと思います🍀

今日のオススメは

『自分の「今ここ」を知る。検査を受けてみる🍀』

です💕
よかったらぜひ✨

先日、妊活って最初どうしたらいいのか
何からやったらいいのかわからない、という
お話をうかがって、

確かにそうなのかもなー、
そーいう基本の話を知る機会って
意外と少ないのかも、と思い
今日はちょっと書いてみました😊

こんな話を、サロンでは沢山しています😄
_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4328.HEIC