最近は、眠れない夜にお絵描きしてます。
今日はトトロを観たのでメイちゃんを描きました。好きなシーンのひとつです。




ちらっと映るとなりの絵は、昨日何も考えずに描いた不思議ないきもの。宇宙とか細胞分裂の動画をYouTubeで観てたので、たぶんそんなイメージです🪐適当に好きな要素を重ねていったら生まれた女の子。すでに愛着わいてます。










久しぶりにコピックを使って描いたらたのしかった〜
子供の頃母がクリスマスにくれたもので、ずっと大切に使ってました。サンタさんのシールが愛おしくてお気に入りです。





でもついに好きな色から掠れてきてしまい、実はメイちゃんのワンピースが謎のカラーリングに。笑
月日を感じで大人になったな〜と思った24歳の夏でした。


トトロは子供の頃から何回も観てるけど、大人になった今ひさしぶりに観ても、なんて素敵なんだろうと本当に感動、、
子供の頃の気持ちを思い出す懐かしさはもちろん、メイとさつきをどこかお母さん目線で見てしまい心配になったり、自分でもびっくりするようなはじめての感情が溢れました。


でもメイちゃんが寂しくて学校に来ちゃうワンシーンは、一瞬で涙腺が決壊して、気付いたらメイちゃんと一緒に泣いてました。あのサイレント泣きはずるい〜!愛おしさ〜!
今まで忘れてたような小さな場面だけど、わたしが大人になるまでに育んできた心の琴線のどこに触れたんだろうか。見るたび新しい感情が生まれるから、ジブリは本当に不思議です。


ちなみに私は夏に金ローでジブリを観ると、吉澤嘉代子さんのストッキングという曲の最初の一節を思い出します。
"金曜ロードショウ なんとなく観てしまう 魔女の宅急便に泣いた十三歳の夏にはもどれないことを知る"
はじめて聴いたのは高校生のときで、当時もすごく印象的だったけど、今聴くと何倍も心にしみます。脆くて強くて美しい、とても好きな曲。

色々思い出してたら何重にも懐かしんでしまうけど、音楽とか映画って、それだけ記憶と強く結びついてるんだなと思います。











最近はこんな感じで眠れない夜が続いてましたが、絵を描き終わるころには真っ暗だった窓が白んでゆく光景は綺麗でした。
コジコジはずっと気持ちよさそうに寝てて、本当にうらやましいです。


今日こそは、トトロを観ながら母が送ってくれた薬膳カレーを食べたので、身も心もほっこりあたたまってよく眠れる気がしてます。
(あれ、日の出まであと1時間、、)

久々に日記っぽい投稿しようとしたら、夏休みの作文みたいになりました。



それでは、また更新します。
おやすみなさい。


🌜