少し前から、時間をかけて部屋の整理をしています。

2つ前のブログでもちらっとのせたけど、
整理していたら3〜4歳の時に描いた絵がたくさん出てきました。

昔から絵ばかり描いてたなあ。
友達がいなかったから。

でも、母いわく。
私が絵ばかり描いてた理由は、
周りのみんながまだ何も描けない時に、私は誰よりも早く◯を描けるようになったらしくて。

そしたら、周りの子やそのお母さんとか、
みんながすごーい!と褒めてくれて、

それが嬉しくって、いっぱい描いてたんだよ。
と教えてもらいました。

セーラームーンかいてーって言われて
難しくてまだ全然描けないのに、
次の日までに一生懸命に何回も練習して描いてたらしい。

その話だけでも、昔から性格とかあまり変わらないのかなあと思いました。

ちなみに、私には、お芝居をするうえで
致命的なくせがあって、、

それは、ペンの持ち方が変なこと。
(お箸も少し、、)

一般的にもきちんと綺麗に持てた方がいいので、
今は直してます。意識してる時は。

他のしつけはきちんとしてくれた母だけど、
ペンの持ち方だけは、私があまりにも楽しそうに熱中して絵を描くから、
それを注意するのがどうしてもできなかったらしい。

でも本当に、
小さい時はずーっと絵を描いてた記憶。

家にはいつも大量の白紙があっていつまでも描けたし、
それを保育所に寄付してたくらい、家でも外でもずーっと描いてた。

だからなんだか、映像研の浅草氏は
すごく他人とは思えない。
自分みたい。笑

そして、そんな落書きたちを母は全部きちんと綺麗にとってくれていて。


k8FbsqW1CR.jpg


D2ALFKsR8X.jpg


jAyExS_AlT.jpg


mAwCVE5Qyn.jpg


_var_mobile_Media_DCIM_139APPLE_IMG_9508.JPG


123NHjW4pd.jpg


L1GfF2z_k0.jpg


RTE3lPbnG9.jpg


_var_mobile_Media_DCIM_139APPLE_IMG_9511.JPG


iwRixmtwc_.jpg



gL45rBugi4.jpg



_var_mobile_Media_DCIM_139APPLE_IMG_9504.JPG


_var_mobile_Media_DCIM_139APPLE_IMG_9494.JPG


_var_mobile_Media_DCIM_139APPLE_IMG_9491.JPG


これがセーラームーン(せらむん)


_var_mobile_Media_DCIM_142APPLE_IMG_2369.JPG


ふふふー。
パブロ・ピカソのよう。
自画自賛。

母のメモがおもしろくて嬉しい。
「お絵書き大好き」。
とっておいてくれた母に感謝。

あ、今日母の日ですねー。
みんなは何かしますか?

_var_mobile_Media_DCIM_142APPLE_IMG_2427.JPG

小学生の時の日記も出てきたので。
母のことばっかりー。
仕事をして、勉強をして、家事もしながら私を育ててくれた母のことを、心から尊敬します。

一番身近で一番敵わないひと。

ちなみに我が家は、
母の日はあえて何もしないという取り決めがおばあちゃんの代からあります。
特別な日じゃなくても、日頃から感謝せねばね。
ということかな。

でも、最近はずっと絵を描いてなくて。

今は、描く時にかなりの集中力が必要だから疲れてしまい、、

もう一度子供のときみたいに、
上手く描こうとか考えずにただ楽しく描いてみようかなあ。と思い、

勢いで深夜に描き始めて夜明けまで一発集中しました。

まだ下書きだけど、
この先失敗したら悲しいのでここに残します。笑

今まではずっとてきとーな予備校の合格祈願えんぴつとかで描いてたけど、
しばらくこんな状況なので、せっかくだから初めてデッサン用の鉛筆を買ってみました。

描き進めることができるでしょうか。
また描けたらのせます。

たのしみだー。

何だか、今日は色々な情報が入ってきて、
すっかり目が冴えてしまって気付いたら空が白んでる。

やっぱり、こんな状況だからこそ明るいことを考えて、
気が滅入らないように日々をすごしたい。
それでも、今日明日を生き抜くことすら不安な世界なんて、そんなのはおかしくて、
ましてやもっとおかしいことには、どんな立場だって、ちゃんと知り、怒りを、声を上げたい。

と、強く思います。


なんだか深夜のテンションだけど、
こういう時こそ、このテンションのまま投稿した方が良いー。
不吉タイムになる前に、ぽちっ


それでは、おやすみなさい。

祈りと怒り。


_var_mobile_Media_DCIM_142APPLE_IMG_2313.JPG