おひさしぶりです。

最近は、お仕事も再開して、気合の入る毎日です。
がんばるぞー。

さっそく近影でも。

このあいだのインライと、そのときのつめ。
次の日の有言実行したアップルパイ。
読んだまんが。
ひまわり。部屋にあるだけでパッと明るくなります。夏だねー。



TInqZ3fX7e.jpg



4PLFu0vKzz.jpg



_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7446.PNG




つめは質問いただくけど、いつも自分でやってます。適当に、、

近影なのに、すごい時差があってすいません、、

じつはかなり前に、
もはや3日おきくらいに作ってしまったのです。
たのしくて。

でも近影と名付けてしまったばかりに、
すこしずつ間隔をあけて投稿してました。笑

仕事もはじまったので、少しずつ、
新しいお知らせもできたらいいな。

それでは、おやすみなさい。





一気に夏めいてきて、暑さにおどろく日々ですね。

そんな今日は、朝からサザンオールスターズの無料放送みてます。
#四六時中もサザンを聴いて

母がすっごく好きで、小さい頃からいつも聴いてました。

気分はすっかり夏ですねー。

そんなサザンを観ながらの本日二度めの更新は、
近影シリーズ。はやくも3。


これまた最近のつめ。
ウォーターネイルしてみたかったけど、むずかしくて夜通しやった。

ソーセージパイと、シナモンロール。
オーブン調理(ほぼ焼くだけ)にはまってるのです。

母のカレー。
いつも色んな野菜たっぷりでおいしい。

そして、すごく久しぶりにのびのびだった前髪を切りました。✂︎
ゆでたまごをいただきながらの、切りたてをおさめた近影です。


LKibZiM47D.jpg

TcN1ZNLC0r.jpg

7ybv9tkzzV.jpg


以上。
そんな感じでありました。

一応お話すると、近影シリーズは、この期間、なにかしたいなとおもって、セルフポートレートとして、お家にあるものや、お家のなかの写真だけで作ったものです。

でも、始めるのがすこし遅かった。笑
たのしいので、これからもきっと、飽きるまでは作るはず、、。

みなさん暑いので、体調にはきをつけて。

おやすみなさい。







懐かしい写真とともに、
ふと思い出した、懐かしいおはなしでも。

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7296.JPG

この日は、友達と映画を撮ろうとしていて。
学校が舞台の、短篇の自主映画。
私の友達が脚本で、監督も。私は出演。

結局、この日は心臓が飛び出そうなくらいどきどきして、心の底からわくわくした1日になりました。

もちろん先生には許可を取ったけど、完全な自主映画だったから、撮りたい映画を撮るために、少しだけ、無茶をさせていただいたり、、

先生の足音が近づいて来るのを聞きながら息を殺して机の裏に隠れたり、みたいな。
まるで映画のようだった。
いや、映画よりどきどきしたなあ。

それからすこし経った、いつかの推し(ともだち)が出ていた、好きな映画のトークショーの話ですが。
その監督が、映画のラストで突入する話を作ってしまう、突入系の話が好きなのかもしれないと話していて、私は激しくうなずきました。
(うろ覚えだから、ニュアンスが違ったらごめんなさい)

中止になった公演の劇場しかり、東京のライブのステージしかり。
夜の校舎に忍び込んで、天体観測したり服のままプールに飛び込んだり。挙げたらキリがないけど、突入する物語って、無茶苦茶だけど、どうしたってわくわくするから好き。
青春映画の象徴的なシーンのひとつだと思う。

もちろん、映画や物語のそれに比べたら現実の私たちははるかにかわいいものだったけど、それでも強烈に覚えてる。

ひとりだったら絶対しないことでも、周りを巻き込むほどの強い熱量で何か仕出かしてくれる友達がいるっていうのはなんて刺激的で面白いんだろうなー。

そんなことを、「映像研には手を出すな!」を観ていたときには、たくさん思い出したのでした。

それだけの熱量で作りたいものがあるって、それだけで無敵だ。
もはや私にとってあの頃は過去なんだなあって、切なくなったりもしたけど。

あ、実写映像研の劇場版では、まさにその当時を思い出すようなさらにわくわくな展開なので、楽しみにしていただきたいです。



そして、そんな私の友達とは、ついこの間、なんと再び、今度はちゃんと、とある長編映画の現場で一緒になりました。

その現場も、すごく映画愛にあふれていて素敵で、そんなところでまた一緒に映画を作れるなんて。

本当に想像もしてないことだったから不思議だけど、すごくすごく嬉しいことでした。

なんの映画かは、また公開が近付いたらお話しできたらな。
はやくまた劇場でお会いできるようになることを願うばかり。

ちなみにだけど。
その当時学校で撮った映画というのは、いまだに完成を見せてもらってなくて。納得いかなかったとかで、、笑

こちらは果たしていつか観れる日がくるのか。


そして最後に、その学校は当時はなくなってしまう直前で、今ではもう跡形もないんだけど、あらためて、ご迷惑をおかけしました。

でも、最後の最後に不思議な思い出と一緒に残すことができてよかったなあ。

そんな、懐かしいはなしでした。






↑このページのトップへ