お知らせ


すっかり年の瀬ですね。
皆さんどんな年末をお過ごしですか。

ゆっくりできる方もそうでない方もいると思いますが、さむいのであったかくして、健やかに良い年を迎えたいですね。

ちなみに私はもうほとんど納めてましたが、一応、昨日で仕事納めでした。

今年も色々な出会いに恵まれた一年でしたが、実は夏にすごくゆっくりな時間が取れて、人生最大の夏休みを過ごしてたりもしてました。

大学4年の夏休みが1番長いとよく言いますが、それよりもすごい長くて、これこそが人生最大の夏休みなんだろうな〜と思いながら日々を噛み締めておりました。むしろあんな長めのお休みはまたあっても不安なので、そうであってほしいです。

もちろん、分かっていることだけど、求めてもらえないと出来ないお仕事だということも痛感して、はじめは不安な気持ちで過ごす夏休みでした。

でも偶然のタイミングが重なって出来たお休みだし、生かすも自分次第、せっかく時間があるなら有意義に過ごそう!と前向きに考えることにしました。

中高は夏休みと言っても部活と勉強(と遊び)で忙しかったし、大学から社会人になってからも、ずっと休みは隙間でバイトを入れてたので、よく考えたら、4人生初めての本当に何もしない夏休みでした。

例年、今頃は焦って仕事の振り返りと来年の課題をノートにばーっと書いてる頃ですが、人生最大の夏休みのおかげか、今年は不思議なくらい穏やかな気持ちで年の瀬を迎えています。
いまだにノートは開いてませんし、いつも何十個も思いつく抱負もそんなに思い浮かびません。
むしろこんな気持ちで新年を迎えられるのだろうかと急に不安になってくるくらい。

なので突然ですが、年末ということを言い訳にして、今年の最後に超個人的な夏休みの思い出を振り返っていこうと思います。
名残惜しいけど、今年のものは今年に置いていきます。さよなら人生最大の夏休み。
そしてまた新たな気持ちで新年を迎えるぞ。

ここからは自己満にお付き合い頂けたらうれしいです。
あ、いつもか。



















まずは、長年の「ギャルになる」という目標を今夏は達成しました。うれしかったです。気恥ずかしいのでピンボケ写真多めで失礼します。私なりの最大限のギャルです。わーい。
旅先なのを言いことに、都会じゃ勇気なくてできないファッションで街に繰り出しました。好きなお洋服とか小物も身につけることができて、たのしかったなー。






あとは夏らしく、母のおさがりのグリーンのワンピースを着て、母とご飯食べたりもしました。
これもなんか気恥ずかしい。大人になったなあ。
あと髪色がギャルの名残ですごい色なのも恥ずかしい。気にしないでください。











そして、ダイビングのライセンス取得🦪🤿
これはインドア派の自分にとって、本当に大きな一歩でした。
きっかけは実写版リトルマーメイドの予告を観たこと。
あ、私、この景色を見てみたい!見るんだ!私はアリエル!と直感し、そこからは普段の自分からは考えられないほどの行動力を発揮してあっという間に海へ。
これぞ夏休みマジック…
勉強も実技もやっぱり難しかったけど、新しい世界に触れるのは、新鮮でたのしかったです。
うみだいすき!










 





あとは、保育園からの幼なじみの可愛い娘ちゃんと遊んだり、実家で元気なねこたちと遊んだり。
地元に帰ることもたくさんできて、家族や友達と過ごす何気ない時間が充実していた夏でした。


 




おまけ。

昨年の右に続き、今年は左の上下の親知らずを抜きました。
案の定1週間ほどムーミンの輪郭でした。
ちなみに抜歯は人生で8本目。
こどもの頃からめちゃくちゃな歯並びと付き合ってきたので慣れっこかと思いきや、わたしの親知らずは奥歯をかち割らなきゃいけないタイプの最後にして最強のラスボスでした。
小学生の時は、抜歯のたびにどうしていいか分からず、いつも歯医者の天井のシミの数をひとつずつ何十個も数えて耐えてたな。
そんなことすら思い出しました。

それが!ついに!今年みんな抜き終わり、もうあんな思いをすることはない(はず)と思うと、なんとも晴れやかな気持ちで新年を迎えられそうです。

健康なひとより少ない歯ですが、これからもずっと好きなひとたちと笑い合って、元気な笑顔の似合うおばあちゃんになりたいな。
そのために来年もまた一年がんばるぞ!(無理やり締めました。)

ちなみに来年は、年明け早々新たな挑戦をさせていただいたり、やっと、やっと…というお知らせも、いくつか出来そうです。うれしいな。

私だけじゃ何も出来ないことを今年は特に感じることができ、改めてお世話になったすべての方に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

私は器用ではないけど、その分誠実な気持ちで、前を向いて精進していきたいです。

今日、たまたまツイッターで流れてきてふと観たレディーガガさんの動画に、たった30秒で心が突き動かされ、ひとつ来年の抱負ができました。
来年は毎朝ガガ様の動画を観て、ボーンディスウェイなマインドで日々を過ごしたいと思います。

でも、もちろん、謙虚さもわすれずに!がんばろう。



これを読んでくれてる皆さま、本当にありがとうございました。

あ、最近になってブログに動画載せれることに気付いたので、今日はここぞとばかりに載せてみました。
みれてるかな。

本当はブログに書きたいこともっといっぱいあったけど、ひとまず置いといて、2022年最後のごあいさつで締めます。
相変わらずマイペースですが、またすぐに更新するつもりなので、見てもらえるとうれしいです。



それでは。
良いお年をお迎えください。






#2022






新しいコートを卸した日。


いつも可愛いコートが欲しいと思っても、大きな買い物だから、もっといいのが見つかるかも、もう少し寒い時期が来たらでいいかも、と欲しい欲しいと思いつつ先延ばしにしてきました。

でももう24歳だし、例年10月中には売り切れちゃいます!という言葉に背中を押されて、今年はコートを人生最速で手に入れることができました。

最近の大人になったな〜と思えた瞬間でした。


大人になったなと思うことが、最近ふえた気がします。
そりゃ世間的には大人と言われる歳になって、さらに歳を重ねているので当たり前だけど。


ひとりだと足が重くて通学班に入るまでの数メートルすら家族に付き添ってもらってた私が、一人旅をして居酒屋にもふらっと入れるようになったりとか。

眠るのが苦手で、毎日目を閉じて時間も繰り返し聴いていた曲をぱたりと聴かなくなり、いつのまにか自然に眠れてることにふと気づいたりとか。


そんなとき、大人になったなとしみじみ思うし、全部の感情をその一言で括ってしまうようになったのも、また大人になったんだなとか、ややこしいことを思います。

本当はその気持ちには嬉しさも寂しさも、いろいろな感情が複雑に混ざっているし、人に言われても自分で思ってもなんかむず痒さがあるから不思議ですよね。


大人になるということがずっとわかんなかったけど、最近は、すべてが因果になって、積み重ねてきたことも、一瞬の行いも、良くも悪くも全部が自分を作り上げてゆくのが大人なんだな、とか考えるようになりました。
だからこそ、一瞬一瞬頑張ってゆきたい!です!



そんな感じで、ひさびさのブログで、まるで年末みたいにしみじみとしたことを書いてしまいましたが。
どうやらコートを早く卸したら気持ちもちょっと先取りできるようになったっぽい。


ちなみにこの日はお墓参りに行った日で、ちょっと涼しいところだったので、冬物コートがちょうどよかったのです。
おじいちゃんとおばあちゃんは、今の私に大人になったな〜とか思うのかな。聞いてみたいな。


みなさんも、冷え込んできたらたくさん着込んで、あったかくして過ごしてください。




























🐣🐥🐤










しばらく更新しない間にぐっと涼しくなってきましたね。不安定な天気が続いてますがおげんきですか。

わたしは最近、キディランドに通いつめてお目当てのものを買えてるんるんです。

そうです、今日は、ずっとあたためつづけてきたブログをついに更新します。
(※以下、文字も写真も多めになります。)






それは、、、







(๑´•.̫•`๑)















cojicoji 💫🪷🐠🌱☁️♡♡
(愛を昇華してコラージュにしました)










じつは、遡ること5月。





コジコジ万博に行ってまいりました。♡









コジコジたべた。
美味しかったです。 


















コジコジ万博の写真、ずっと載せたかったんだけど、もう4ヶ月も前のことでした。

なんだか私はとってもスローなのです。
夏休みの宿題は新学期が始まってもおわってなかったし、返信しようと思ってた言葉は時が経ちすぎて返すのがどんどん億劫になってタイミングを逃しちゃうし、抜こう抜こうとおもってた親知らずは一年半経ってようやく抜いたし、投稿しようと思ってたお気に入りの写真はいつも季節がひとつもふたつも変わったころにのせる。

いつも考えて考えて吟味して、気づいたらタイミングを逃してしまう。そのくせ極端なところにスイッチがあって、そこが押されると周りがなんにも見えないくらい衝動性がつよくなったり、急に行動も言動もスピーディーで突拍子もないひとになります。
自分でも説明ができないくらいでこぼこです。

でも、コジコジやメルヘンの国の住人に出会って、自分のきらいな部分すら、あ、この子のこんなところに似てるな〜とか思うと好きになれる気がしました。

やかんくんの気持ちが抑えきれなくて沸騰しちゃうくらい感情の起伏が激しいところは愛おしくも自分にそっくりで恥ずかしくなるし、ハレハレ君の対人(?)関係が苦手で、ひとりで笑顔の練習をする健気なすがたは子供のころの自分を見てるてるよう胸がでくるしいし、そしてなんてったってコジコジは、超漠然としてるけど、尊敬とともに、なんだか不思議なシンパシーを感じます。
笑えるとぼけっぷりも、笑えないくらい辛辣なところも。
そして私はきっと次郎くんのようなすてきなともだちに恵まれてるんだなとしみじみ思いました。


そして、不思議なことを言ってしまうかもしれないけど、1話で先生が言うメルヘンの国の教えって、暗黙の了解のようにこの世界で求められているものと重なって、コジコジの解答には、今までの違和感とかもやもやがぽろぽろ剥がれ落ちてくような感覚でした。

「キミはえらくなりたくないのか 
立派なメルヘン者になりたくないのか 
世界中のひとに愛されたくないのかっ」
に対するコジコジの返しが本当にだいすきで。

メルヘン者はさておき、えらくなりたい!愛されたい!愛されたい!(脳内再生:モーニング娘。さん)って私も思ってました。だからこそ、コジコジの秀逸な返しは、私の心に深く突き刺さりました。

私は私ですとか、コジコジの名言さながらの啖呵切りブログ書いたりも何年か前はしましたが、そんな気持ちもシューってしぼんで、自分の思ってることを発信することすらわからなくなってしまっていた近頃でした。
もちろん、ありのままの自分に情けなくてはずかしくてたまらなくなることもたくさんあるけど。
だからこそせめて、たまには心にコジコジを呼び起こして、私は私だよって思えたらいいよね。


あとは最近だとほかに、チェンソーマンを1日で一気読みしました。読めなかった長編漫画が読み切れるになってきてうれしいです。
この期間でコジコジとマキマさんって同じなんだなってところに行き着きました。あらゆるものを超越した底知れない存在。コジコジとチェンソーマンを読了してるすべてのひとと共有したいこのきもち。
(余談)

かわいくて、おもしろおかしくて、でもすごく鋭くたまに心の深いところをついてくるコジコジ。ぜひ、まんがでもアニメでも、眠る前に一話ずつとか観てほしい。ぷぷって笑って気が抜けて、じんわり心があたたかくなって、明日も良い日になる気がします。さくらももこ先生、ほんとうにありがとうございます。


そんな感じで、最近のわたしの頭の中はコジコジなのでした。どうりでブログの文がいつにも増してめちゃくちゃだけど、それでいいや〜コジコジはコジコジだもん〜
びゅーん





























コジコジポシェット、おきにいり。







(๑´•.̫•`๑)   



また更新します。

↑このページのトップへ