月別アーカイブ / 2019年01月

人間関係においても男女の関係においても重要なものって…やはり価値観かと…。。。

好みが似てる、共通の趣味がある、一緒にいて落ち着く❤️

と言うのはとても大切な要因です。

が、

それを平気で一瞬で

ズッドーーーーン!!!!!と、ぶち壊せるのは

価値観かなと。

年収がいくらあるのか分からない若い男性と一緒にお話をしていると一本の電話が📱

丁寧な受け答えながらも…どこか物憂げ。

通話を終了して第一声が「まじかー…」

どうしたの???と聞くしかないので聞きました。

「給料35万マイナスだって。」


もちろん、私にとって給料35万マイナスされたら

生きていける気がしないし、仕事辞めるしかない気がする金額です。

ただ、この人の感じだと…月100〜500万くらい貰ってそうに見えなくもない。

全身スポーツブランドだし小物はハイブランドだし。その財布売れば???とも思う。

この場合「それは辛いね!!!大丈夫なの!?」と言ったら

『お前、貧乏だろ???35万もマイナスされたら残るの????』って思われかねない。男性のプライドへし折る。

かと言って

「それくらい気にするなよ。次がんばろ!」

と言ったらこっちの金銭感覚やばいやつになってしまう。そしてお前にとっての35万は大した事ないかもな!!!!なんて思われたら男のプライドへし折る。そもそも私にとっての35万はすごい金額。

🤔

「…やばい…ね…?」

と言いました。どちらともつかない若者に大人気のコミュ力ゼロの発言!!!!

「いや、35万だよ!?普通の人の月収だよ!?」

と、言われました。その通りです。

あれ?私…大した事ない金額なノリの「やばい」に捉えられたの!?

どっちとも取れる「やばい」を敢えて使ったのに!?

そして、「普通の人の月収」と言う事は、やはり、、、

余裕でそれ以上貰ってる人の発言ですよね。

ここからどう挽回する!?えーーーーと、、、

「すごい金額だけど…いっぱい稼いでるんでしょ♪」と笑顔で

「いや、だってバッグ1個買えるよ?」

どっち!?!?これは…ダメージ受けてる人の発言なの!?それとも

バッグ1個買わなければ済む話。って気にしてない人のセリフなの!?

えーーーーと、えーーーーと…

「つらい。。。」

捻り出したのが語彙力0な発言でした。

響かなかったらしい。

その後、終始不機嫌でした。

何が正解なんだろう。。。

そこに友人から着信が来てそれに対して

本人「35万減給なんだけど!!!まじヤバい!!!」

友人「お前すげー稼いでんじゃんwww」

本人「でもデカくない??ウケるwww」

あ、、、、なるほど。

ウケれば良かったんですね。真面目に返したのが良くなかったのですね。

「35万減給だって。。。」

「ウケるwww🤣」←正解。

…いや無理でしょう!!!!!

私35万減給されたら…笑えないですよ!!!!?

ううう。。。ご友人様にご指導頂きたい…

まず、年収、支出、生活リズムなどを把握してその上での減給のお話なら…

最初に知ったのが減給じゃベストアンサー出るわけがない!!!!!!!

ここで、どうしよう。私の服全てH&Mな事がバレたら…

お前だったら死ぬレベルwwwと言われるなら良いけど…

あ、なんかゴメン。ってなったら…。つらい。

価値観は大切です。。。

見た目の派手さ、性格の不一致などはどうにかなりそう。

実際、会った瞬間

その男性の来ていた服が

白のファーロングコート。ダルメシアン…とまではいかない程度に黒いドット…の様な…まるで

白豹🐆。

オーバーサイズで。

いやいやいやいや…まじかよ。一緒に歩きたくない…と一瞬思いましたけど

触り心地が地持ち良くてずっともふもふしてました。

そこはギリセーフ。かなり際どいけど。

だけれど…価値観は…

私に合わせろ。とは言えないし、

私が合わせられる訳がない。末長くは一緒に居られないよ?負担が大き過ぎそう。

ファーのロングコートは

勝手にすれば良い。着たいもの着なさいよ。

私は横でH&M着ますけど。

もし、プレゼントあげたり貰ったりってなったら…

凄いもの貰っちゃったら…

えっと…手作りで良いですか????となりそう。

お返し出来ません。

やはり、価値観て大切だし

何よりも…多分、、、何をどう勘違いしたらそうなるのか…

私の方がお金持ちだと思われている様な時があります…。。。

格段に下の生活ですよーーーー!!!!!!!

それを伝えるのも…。。。

早めに言っておけば良かった。。。

価値観…大切なんですね。

先日、お仕事前からとても体調が…優れなくて…

満身創痍でした。

「体調不良の為休みます。」と連絡したところ

「来れるならきて欲しいです。」

と。体調不良でも来いと…????

分かりました。ボロボロの身体でも来いと言うなら這ってでも行って差し上げましょう。

そのかわり…すっげーーーーー営業妨害してやる!!!!!!

と決意し、本当にフラッフラで出勤しました。

ギリギリの状態だったので…たまに視界が揺らぐ…

お客様にはそんな事関係ありません。お金を払って楽しく飲みに来ているのです。

フロアに出る以上、100%の接客をしなければなりません!!!!!

この日の営業はかなりお客様に気に入られてずっと場内指名で埋まりました。(自分のお客様には出勤している事を伝えてないので指名はありませんが)

見たか、私の気合!!!!!!!

女の子にもフラフラな状態を知られては営業に差し支えます…ので、

女の子とは楽しく💞

黒服の前でなんて気をつかう必要も義理もありませんので

お気に入りの黒服さん以外

全員無の状態で「はい。」のみで過ごしました。

社長に至っては無視しました。

体調悪いって言いましたよね。

お気に入りの黒服さんはとても優しく気遣ってくださるので…優しくされたら優しくお返しするのが当然です。お気に入りだからではなく

優しく気遣ってくれるから、お気に入りなのです。

この日も私が慌ただしく色々な席へ回されてる合間に「気持ち悪い…」と言ったら自分怒られる覚悟で私を裏に連れて行ってくれて胃薬をくれました。。。ありがとう…大好き😭

他の黒服さんとも普段普通にお喋りしてるのですがこの日は私から話し掛ける余裕もないしそんな義理はないし

日常会話を振られても最低限の無表情で済ませてたら

黒服さんたちが「やばい…リコさんブチ切れてる…」となったらしく

みなさん凄く

怯えていましたよ☺️

営業妨害成功🙌

体調不良で休みたいと言ったのに呼び出す方が悪いです。この程度で済んでありがたいと思え。

社長が特に怯えていたようで

本人は私に近付きません。

やたらと黒服さんが明るく

「姐さん!!お疲れさまです!!どうしたんすか!?今日なんか静かですね!?」

とわざわざ言いに来ました。(社長命令か?

私「ただの体調不良です」

黒「えー!なんか今日いつもと違いますよ!!不機嫌なんですか?!」ヘラヘラと

私「更年期障害だと思って流してください」

黒「いやいや!!まだ若いじゃないっすかー!!」

私「黙れ」

黒「…席お願いします」

私「…ちっ。」

などなどしていましたら

お一人様でいらっしゃってるフリーのお客様。お話ししていたらこのお店ができた当初から通ってらっしゃるそうです。でもフリー…🤔

指名が休みだとしたらお席に着く前に伝えられるはずです。聞いてません。

指名は取らない主義かなと。

場内指名は頂けてドリンクも頂けて楽しくお話ししてましたら

社長がサッと来て

「いつも御来店ありがとうございます!」

…あ、社長のお客様か。先に言えよ。しかもお会計終わってチラッときてすぐ逃げました。

なんて無礼な。

お客様がお帰りの際お見送りをするのですが

その時だけは一緒に付いてきて

私とお客様が少し会話をしていると会話に入ってきて

私は黙ります。お前と話す気はない。

それでも笑顔でお見送り☺️

深々とお辞儀をしてお客様が見えなくなってからもゆっくり3秒はお辞儀をしたままと決めています。

すっと顔を上げて隣にいる社長を完全スルーしてVIPフロアに居たので通常フロアへ戻ろうとした時

社長「リコさんありがとうございます!!」

社長が私を「さん」と呼ぶ事はなかった。ありがとうなんてお店に入りたての頃以来???

どうやら相当、お店にとって大切なお客様だったようです。場内も入ることなんてなかったようです。

が、知ったこっちゃねーよ。こっちは誰であろうと私の中の100%の接客をするまでです。

「いえ」

とだけ言ってスッとフロアへ戻ろうとした時

この場に私と社長しかいません。ある意味密室です

後ろから

社長「ねえ!!!なんで怒ってるの!?」


私「はぁ?????」…「いえ、怒ってません」と言いながら歩みを止めずフロアへ向かい

社長「怒ってるじゃん!!!俺なんかした!?」

もうかなり距離があったのでかなり大声で叫んでます。私と社長の間にフェンスの様なものがあったのですがその網を掴んで叫んでいます。

…こんな所人に見られたら完全に誤解を招く…。

私「体調不良と言いましたよね!?怒ってないですってwww」

社長「なんで体調不良なの?!!怒ってるじゃん!!俺がなんかしたなら言ってよ!!!!」

…お前は彼女ですか????青春してる彼女なんですか!?フェンス掴んで大声でよくそんな事叫びますね???アオハルなんですか!?

こんな所誰にも見られたくありません…勝手に青春に巻き込まないで!!!!

「なんでと言われても体調不良です。知りません。…と言うか…ウザい!!!!!!!」

と、もうかなり遠かったので睨みながら叫んで

バタンっとフロアへ入りました。

社長の唖然とする顔…ウケるw

でもフラフラ…。。。叫んだせいで余計に頭痛が…

フロアに入ったところにお気に入りの黒服さんが。

黒「リコさん♪体調大丈夫ですか?☺️次のお客様行きますよ♪」

私「ありがとう…結構ダメ☺️💦」

と、黒服さんが裏へタタタッと入っていって

チラッと顔だけ出して、おいでおいでと手招き

ん??👀✨💗

タタタッと尻尾振りながら付いていったら

黒「一服してください☺️」とお茶をグラスに注いでくださいました…まじ愛してる…。

タバコに火を付けお茶を飲んで

私「まじ大好きありがとう。」

インカムで多分、もう席ついたかとか色々来てたと思うけどスルーして私を見守ってくれました…

なんていい子なんだろう。なんて優しいんだろう…この子の為になら這ってでも来る。

這って来てこの子が居なかったら帰る。そんな気持ちです。来週のシフト聞いたらシフト表に書いてあるので見てください☺️と言われました。

写真撮っておきました。←本当はやっちゃダメ

「ありがとう☺️もう大丈夫、お仕事頑張るよ♪」と伝えて接客。



閉店後、また一服してると社長がチラッと顔だけ出して

「リコおつかれー♪体調は!?」

私「悪い!!!!!!」と顔も見ずに

社長「あ…悪いよね…そうだよね…ハハっ…」

スッと消えました。

お気に入りくん、吹き出しそうになっているのを堪えてました。可愛い。

声だけで社長「リコ、送り来たよお疲れさま…」

無言で帰ろうとその場を去ろうとしたら

お気に入り君「リコさん♪お疲れさまでした☺️」

私「I君もお疲れ様💗」

他の黒「おつかれさまっすー!」

私「おつかれ」

他の黒2「おつかれ!」

私「はい」

体調不良の人間を働かせてはいけない。

働かせるなら渾身の優しさと気遣いが必要です💋

あの音が聞こえない。私の安らぎの時を告げるあの音が…

まるで時が止まったかのように書き出しましたが…

ただ、時計が止まってるってだけの話なんですけどね。

とても怠惰な人間なので…そして時間にルーズな面もあるがルーズかと言われると頑なに時間に厳しい側面もある。これぞO型!!!

という事で私の部屋には掛け時計が3つあります。何故かと聞くまでもなく

全ての壁に時計があって欲しい。すぐに時間を確認したい。そして

時計のカチカチカチという音がとても安らぎます。電波時計とかでスーーーーって動くやつは邪道です。あいつ絶対ちょっと早く動いてる。

なので壁掛け時計3つと置き時計1つです。

まるで時間に神経質な人ですね。

違います。

そして怠惰が故に…

壁の時計止まってる…ま、いっか他にもあるし。

あ、もう一個遅れてる…ま、いっかまだあるし

あれ?壁掛け全滅してる…どこを見ても全部時間が違う!!!!!

いやーーーーー!!!!!

…ま、いっか置き時計あるし。スマホ見ればいいし。

そんな日々が続いていました。

スマホで時間確認が意外と面倒くさいということに気付きました。

そしてデジタルよりもアナログの方が見やすいし予定を立てやすい。

デジタルが登場してもずーっとアナログ時計が愛される理由がもともと知ってたけどより一層、

へー。

って程度に体感しています。

適当なんです。今時計は12時近くを指していますが…夜の?昼の?そもそも12時ではなさそうな感じです。

やはり、時計がないと絶対お仕事遅刻する気しかしないので今から一斉に電池を入れます!!!全て直します!!!!!

↑普通の事を言っている。

若干めんどくさいし…今じゃなくても良いかなぁ…なんて思ってもいますが…

本当にナマケモノ。

時計くらいちゃんと直さなくちゃ…(電池入れるだけ)めんどくさい…。。。

hey shiri!!!時計に電池入れて!!!!💋

↑このページのトップへ