東日本大震災から8年、

3月11日は、何気ない日常が当たり前ではないことに、改めて気づかされる日。

私にできることは少ないと思うけれど、
でも、作品を通して、多くの皆様の心に寄り添うことができるように、力になれるように、表現することに向き合っていきたいです。

被災されたすべての皆様にお見舞い申し上げます。