みくちゃんときさちゃんのドレス、まぁワンピースなんですけどね。
ひとまずひとり4着ずつ作成しました。
そのうちの3着は同じ生地で、同じレースを使った双子コーデ。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3102.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3103.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3107.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3106.HEIC
後1着は撮影前にフクとハクから出せ出せコールがあって撮影不可だったので、とりあえず2着分の写真だけ。

うまく構図を考えながら写真撮りたいなぁ。背景とか気にし始めたらドールハウスまで作成したくなりそうで怖い。
でも、床に鉄板張って背景に壁紙シートとかやりたくなっちゃう。
狭い部屋に趣味のものがいっぱい。
それにキューポッシュの皆々にも服を作成したいし、製図していっぱい考えなくちゃ。

さて、やっとお披露目出来ます。
我が家に迎えたあまむすちゃん達
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3094.HEIC
きゃる〜ん♡
1日違いでお姉さんになったスノーメティちゃんかわいい💕お上品✨むちゃくちゃ素敵です。名前はハク、フクつながりで、みくちゃんにしようと決めていました。
これからよろしくね。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3095.HEIC
こちらが妹ちゃんスノーバニラちゃんです。も〜ぷるぷる身悶えするほど可愛い💕です。愛らしいです。
名前はきさちゃんです。

実は姉妹の名前は漢字なのですが、当て字でDQNなので、ひらがな表記しておきます。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3096.HEIC
いらっしゃいませませ。
のお写真。表情も角度によって色々変わります。でも、おそるおそるお触りしてるので、今日はこれが精一杯。
で、も

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3099.HEIC
作成しました。
ウェルカムドレス
みくちゃんには白いドレス、雪の肌と髪の色にあわせました。
今の私の腕ではこれが会心の出来です。
今後もっと腕を磨くので、これで許してね。


_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3100.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3101.HEIC
こちらがきさちゃんのドレス。
瞳の色に合わせて、青い小花模様のドレスです。
いらっしゃった時がピンクのドレスだったので、ちょっとイメージ変わりますね。

襟ぐりの処理がいまいちですが、許してね。もっと頑張るから。

という事で今日は写真多めでした。

文鳥達と違ってドールはじっくりと写真が撮れるのが良いですね。

そもそもこのブログをはじめて、ドールの事ばかりしか書いてないけど、私にはドールと同じくらい大好きなものがある。
それが白文鳥、フクとハク

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3089.HEIC
2羽のラブらぶチューのシーン

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2273.HEIC
この娘がフク超美形のメスの白文鳥。
私の手元に来た2番目の文鳥。
フクが来てくれるまで、私は毎日絶望感にとらわれていました。
フクが来る一年前我が家に迎えた初代の白文鳥のハク(この娘もメス)を私のうっかりで外へと逃してしまったからだ、やっと1才になったばかりの可愛いハクは1羽で飼っていたので、いつでも私の後にくっついて来るコでした。あの日、来客の時自分の側を離れる事は無いだろうとの過信で玄関のドアを開けてしまった失敗をやり直せるなら、

だけど、あの日ハクは飛び立ってしまった。そして探してもその姿は小さくて私には見つけることが未だに出来ていない。

今でも、探している、後悔している。でも待ってる毎日が辛かった。
そんな時、白文鳥を逃してしまい落ち込んでる私の元に縁があり来てくれたのがフクだった。
フクが来てハクと過ごした1年をまた1からやり直した気持ちでいたが、初代ハクとフクは同じメスでも性格がちょっと違ってて、同じ事の繰り返しにはならなかった、フクはフクとして私の気持ちに寄り添ってくれた。
そして、少しずつ私は泣く時間が減っていった。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3011.HEIC

その後、もしかして、ハクじゃないか?と思い引き取ったコが我が家やって来た。
結果としてそのコはオスだったので、初代ハクでは無かったが、ハクに似てたのでそのままハクと呼んでいた。
今はその2羽の文鳥が仲良く我が家で過ごしている。
はじめての文鳥のハク
2番目の文鳥はフク

つがいになったこの白文鳥達からもし子供が生まれたら、
次の小鳥は
ミクかな?

なんて考えていたけど。
未だ、小鳥は生まれていない。

↑このページのトップへ