月別アーカイブ / 2018年02月

こんばんは白鳥です。

沖縄遠征から帰ってきました。
遠征っていつも堪え切れない気持ちが溢れてしまうんですよ。

遠征先で待ってくれてる方がいて、
一緒に遠征に行ってくれる方がいて、

いつもみなさんは「ここに連れてきてくれてありがとう」「来てくれてありがとう」と伝えてくれますが、
みなさん1人1人の応援があるから、私たちも東京を飛び出して色んな場所へ行けるんです。
なので、みなさんの認識は実は逆なんですよ。

そんな事を考えたらね、東京と変わらないくらいにキラキラした世界を遠征先でも私たちに見せてくれるみなさんへ
感謝する以外何もできないです。
遠征先の対バンでのおなカマのパワーすごいんですよ。

きっとこの先も、ずっとずっとこの気持ちは溢れ続けるので。
あの遠征行ってたら良かったな、とか
次もまた絶対行くぞ!と思わせるような遠征にしたいと思ってます。

そんな事を沖縄についてからずっと考えて居たら、

「ハクちゃんのパフォーマンスは、
かっこよく"しよう"とか、苦しそう"にしよう"とか、見られてる事に意識がいきすぎ。
"見た目だけ"かっこいいのは、私たちではないよ。」
と、ミキさんに言われたのを思い出しました。

意識をする事自体は、正しい事だとは思うんです。パフォーマンスを見せつけたいんですもん。
でもたしかに、意識しすぎていたなって反省しました。
360度どの角度から見ても白鳥白鳥でいたいがために、全力ではなかったんだと気付かされました。
そこからちょっと心を入れ替えたんです。
とはいえ、すぐにはなかなか上手くいかなくて。

どうすれば遠征に行ける感謝を伝えられるんだろうと考えていて、
沖縄でやっと頭と心と体のバランスがとれました。
ちゃんと声を歌をダンスを表情を全力で届けてやるー!って気持ちになれたなと思ってます。

でもまだまだなので、殻を破ったねと言われるくらい全力でやろうと思ってます。

今はまだやっとスタートラインくらい。笑

毎秒かっこつけマン白鳥白鳥よりも、
1秒も見逃したくない白鳥白鳥になるぞー!
今度の遠征は絶対行くぞって思ってもらえるようになるので、
これからを楽しみにしててください。

ね。

《白鳥白鳥》

「今日好きになってくれる人もいるかもしれない。」
そう考えると出番の直前に鼓動が早く早くなっていくのがわかりました。
久しぶりの対バン(10日ほど)で、めちゃめちゃ緊張してました。

おなカマの皆さんはもちろんのこと、他のアイドルさんのファンのお客さんもあたたかで優しかったなと思いました。
先のブログでぺいちゃんが書いてくれてたように、どんどんみなさんがのってくれてるのが伝わってきました。

いつも様々な理由をつけて、ダメだったことに対して言い訳をしたくなるけれど、

今日はとても楽しくライブができて、もっとよくなるために課題が見えました。がんばろう。

やっぱり毎回めちゃめちゃ緊張してます。
緊張癖も取れるといいなあと思いながらも、
この緊張が無くなるのは嫌だなとも思います。

また更新します。では。

《白鳥白鳥》

『DDD』

【セットリスト】
マイノリティーサイレン
ネコの恩返し
まるもうけ
三原色カタルシス(ショート)
若くない者のすべて
耳をすませば

8日ぶりの自主企画じゃないライブなんか出番直前緊張した。
影ナレしたら、ステージの向こうからおなカマはじめ大きい声が返ってきた。嬉しかった。緊張が一気に楽しみに変わった瞬間。

楽しかった!どんどん笑顔、挙がる手が増えてくのが嬉しかった!ありがとう!

後半バテてしまったことバテて歌が雑になってしまったことが今日の反省点。

2月18日。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5199.JPG


《ぺいにゃむ》

↑このページのトップへ