こんばんは、白鳥です。

アンハッピーバースデーのMVはもうチェックしました?
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1643.JPG

私ね、この曲を聴くたび聴くたびもっと好きになるの。

"家族とも離れて暮らして
一人の時間が増えすぎて
誰も私を見透かさない"

地元の兵庫県を飛び出して
はじめて東京で一人暮らしをしはじめた頃、
まだ加入も決まっていなくて
明日どう生きていけばいいのかもわからない毎日を過ごしていました。

私、こう見えて「思い立ったが吉日」みたいなところがあるので何にも決めずに東京に出てきたんです。

全てを捨てる覚悟で来たので、ただ過ぎていくだけの毎日がすごく苦しかったのを覚えています。

"わかってくれない 信じてくれない
なんて嘆く相手もいない"

本当にそうだったなあ。
なんだか二丁魁に入る前から今現在の私に照らし合わせて聴いてしまう。

みなさんも二丁魁の歌に、歌詞に、
自分自身を当てはめることあると思うのですけど
私は「アンハッピーバースデー」が特に顕著なんです。

あとね、アクター白鳥白鳥はいかがでした?
この棺に入っての撮影!
少し寒い日だったので、少し寒かった!
写真や映像にして残すと不思議な感じ。
私なの?というような。


みなさんも色んなことを感じました?
感想もどんどん聞きたいです。

《白鳥白鳥》