Xn8JGxDnVC.jpg
長年、髪を担当させて頂いている山崎丈路君。


日本人初のNFL選手を目指してついに、クラウドファンディングをスタート。


夢に向かって、行動している人は本当にかっこいいですね。


彼は本気です。


そして、実力も本物です。


記事を読んで、応援したいなと思ったら是非、支援をよろしくお願いします。


夢は1人では叶えられません。


どれだけ多くの人を巻き込むかだと思っています。


心を打つぐらいの熱意を持った人には自然と巻き込まれますよね。


僕も改めて本気で生きようと思いました。


クラウドファンディングの登場で、夢の見える化ができ、支援者との距離も縮まり、温かく優しい社会が少しずつ広がっている感じがします。


みんなが夢を気軽に語れて、みんなで助け合う。


そんな社会を必ず作ります。


日本はまだまだ捨てたもんじゃない。


先のビジョンでは、美容院にカットしに来たお客様の夢を叶えるサポートをやっちゃうみたいなことも考えてます。


あなたの夢はなんですか?




町づくりの仲間募集中です↓↓


_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5611.JPG


『モチベーションが低いから行動できない。』


よく聞きます。


モチベーションをアップさせる方法や、やる気が出る方法を知りたいなんて方はたくさんいると思います。


僕自身、モチベーションが上がればやる気が出て行動できると思っていました。


でも、年々生きていて思うことがあります。


それはモチベーションを何とかしようとしている時点で、間違った努力をしているんじゃないかと今は思っています。



なぜなら、モチベーションは行動の原因ではないからです。


『えっ?!』


と思うかもしれませんが、モチベーションが低いのは行動できない理由になりません。


行動できないのは、モチベーションに問題があると考えている人に、


『行動できないのは何で?』


と聞くと「モチベーションが低いから」と答える人も多いんじゃないかな。


つまり、モチベーションをアップさせることができれば、行動できると考えているわけですよね。



もし『モチベーションが低いってなんでわかるの?』と聞かれたら何と答えるんでしょうか?


多分ですが、


『あまり行動できていないから。』


と答えるような気がします。


つまり、

行動できないのは、モチベーションが低いから。

モチベーションが低いと判断したのは、行動できないでいるから。


お互いが原因になってしまっているわけです。


何が本当の原因なのかよく分からないですよね。


行動できないでいる自分の状態を見て、その状態に『モチベーションが低い』という名前を付けているだけなんじゃないかと思っています。


モチベーションは行動の原因ではありません。


モチベーションが必要だと感じてしまうのは、そもそも『やれないことをやろうとしている』からです。


やれること、やりたいこと、やりやすいことをやろうとすると行動するのは簡単になります。


そうすると今度は行動できている自分を自覚して、モチベーションが高いと思えることでしょう。


モチベーションに問題があると感じているなら、解決するのは簡単です。


普段できることや、やりたいことに集中すればいいわけです。


行動力がある人や継続できる人は、モチベーションが高いわけじゃないんです。


ただ単に行動することができるから、モチベーションが高く見えるだけです。


だからモチベーションを高める方法を探す暇があるんだったら、今やらなければならないことを当たり前に行動するにはどうすればいいかを考えた方がいいと思うんです。


大切なのは行動すること。


モチベーションが上がったらやると考えてる人は遠回りをしてしまいますよ。


また何かあればシェアします(^^)♩

_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5503.JPG

今日も思い立ったので一筆書き。


文がおかしかったらごめんなさい(笑)


最近ふと思ったのが、また一緒に仕事したいなと思わせる人っているなーと。

また一緒に仕事したいと思った人の共通点は何かなと考えた時に出てきたのが、

⭐️一緒にいて楽しかった。
⭐️めっちゃ助けられた。
⭐️人柄が素敵。
⭐️話がめっちゃ盛り上がった。
⭐️仕事がめっちゃできる。
⭐️笑顔がめっちゃ良い。

他にもあると思いますが今思いついたのはこんなもんです。


ただ、共通しているのは、相手が良い気分になれたとか、
相手が気持ちよく仕事ができたということだと思います。


自分も、そりゃあ、また一緒に仕事したいなって思われる人になりたいです。


そこで大切なのが、今の仕事で、それらを実践してますかということです。

 

身近なパートナーも喜ばせることもできなくて、お客様だけ喜ばせるっていうのはなかなか難しい。


気配りとか、心配りなど、やろうと思えば、年齢、キャリア関係なく誰でもできるけれど、めっちゃ差がつく部分でもあります。


気づけるかどうか。


そして、気づいたら『すぐに』行動できるかどうか。


どんな仕事をしていてもこれは共通してるんじゃないかな?


まずは、身近な人の役に立つことをしっかりと意識することが大切です。


絶対にまた、あなたと一緒に仕事がしたいと思われるようになった方がが良いし、そう思われるように努力した方が良い。


また一緒に仕事したい人ってつまりは、また会いたい人ってことなんだと思う。


そんな自分になりたいな。


また何かあればシェアします♪(´ε` )



町創りの仲間募集中↓↓

↑このページのトップへ