##################################

何かを始める時に1から勉強して、
習得してからやり始めるって人は成長するの遅くなるよね。



頭でっかちになってしまって、やらない理由も考えがち。



理屈はあとで!!

とにかくどうすんの?? 

どうしたら上手くいく??



っていう人の方が最終的に教科書的な知識の習得も早くなるんじゃないかな。



机上だけでなく、経験と知識が伴ってこそ自分の本当の力になるんじゃないかな。



先日のカットのレッスンを見ていて感じたことです。
_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4838.JPG
休日にわからんなりにレッスンしてたりするみたいです。



わからんけど、なんか楽しい!!



すごくいいよね!!



その感覚すごく大切です。



なんか昔の自分を思い出しました。



わからんけどやってみる。



そして、答え合わせ。



とりあえず行動を起こすこと。



その繰り返しが成長なんじゃないかな。



最近多いのは、
『OOがわからないんです。』


以上!!みたいな感じ。



『じゃあ、どんなアクションをしたの?!



ってのが大切だと思う。



人生上手くいかない大体の人は、

わからない
      ⬇️
行動しない
      ⬇️
思考停止


こんな感じになってるんじゃないかな?



とりあえず勇気を出してやってみて!!



行動を起こそう╰(*´︶`*)╯



必ず応援してくれる仲間も集まるから。





町創りも試行錯誤中ですがまだまだ仲間募集中です🎶来年は動くよ!!
詳しくは過去ブログをご覧下さい⬇️


社会に出てから、【一貫性】って言葉を一度は聞いたことがありますよね?



僕は人間ウォッチングが好きなので、無意識に人を観察してしまいます(笑)



最近、仕事もプライベートも含めてなんですが、上手くいってる人と、上手くいっていない人の特徴の差に気づきました。



それは、冒頭に書いた一貫性のある、なしです。



一貫性がないと、見た目が良かったり、単独でのスキルがいくら高くても信頼されないということ陥ります。


一貫性がない人の特徴

🌟言う事とやる事が一致しないので

    体と心がバラバラ。

🌟自分の失敗を素直に認めず、他人の

     せいにする。

🌟その場の雰囲気に合わせて、簡単に

     自分の意見を変える。



周りの人からは、いざという時に逃げ出すような印象を与えてしまいます。


こう言った事はすべて信頼を損ねる原因になります。



一貫性のない人はどんなに自分をアピールしたところで、「どうせ口だけだ」と思われてしまいます。

 


一貫性のある人の特徴

🌟言葉や行動に一貫性がある。

🌟普段は無口であっても約束は必ず守る、

🌟出来ない事は出来ないと言う。

🌟調子を相手に合わせない。

🌟悪口を言うなら、表でも裏でも一貫して

    言い続ける。


こんな人と僕なら仕事もプライベートも付き合いたいと思います。



一貫性のある人は、
別にコミュ力が低くても良いんです。



極論を言えば、悪口を言う人でもいいんです。



有吉さんとかマツコさんとか良い例かもしれませんね(笑)

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4856.JPG
その悪口に一貫性があれば、その人はある一定の信頼を受けます。



彼らは環境によって態度を変えることはしません。



職場に限らず、人間はどうしてもグループを作ります。



自分の仲間と、そうでない人を分けてしまい、自分の言葉や行動を仲間に合わせるようになります。



でも、言葉や行動を仲間に合わせるという事自体が、一貫性を失う事につながります。



どういう人間関係の中にいても、常に自分の意見をはっきりと口にして、自分の意志で行動することが大切なんだと思います。


こう言う人が、敵味方の区別なく信頼されるのではないでしょうか。



自分自身もまだまだな部分はあります。



まずは少しずつでも意識して、自分の行動と発言に不一致はないか、自分を観察することから始めたいと思います。



一貫性のある人間になって、もっともっと信用される漢になりますよヽ(´▽`)/



それにしても、キンコンの西野さんの一貫性は、ほんとすごい!!!!




町創り続行中╰(*´︶`*)╯♡

共に成長しましょう!!!!

詳しくはブログをチェック↓↓


体調を崩し、ブログの更新怠ってしまってました。



だいぶ元気になったのでまた更新していきます。



さてさて、今日は最近身に染みることについて書きます。



「人生は道路のようなものだ。一番の近道は、たいてい一番悪い道だ。」
_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4757.JPG
というフランシス=ベーコンの言葉。




人生を楽して楽しもうと色々取り組んでみても、なかなかうまくいきませんよね。



改めて、考えてみると、「急がば回れ」と同じようであって、微妙に伝わるものが違うことに、自分自身気づかされました。




多くの人は、何かに取り組むとき、だいたいは
をしようとして、近道や整備された道へ行こうとしてしまいます。





その結果、なぜかうまくいかなかったり、逆に遠回りになってしまうことはありませんか?




僕の場合は早くスタイリストになりたくて、テストに受かることを目的にレッスンをしてしまって、結果早くスタイリストになれたのですが、お客様を喜ばせるところを目的にしていなかったので基本をやり直したという苦い思い出があります(笑)




 
をしようとして、近道や整備された道へ行こうとして、すでに多くの人が通っている安全な道を選んだ場合、画期的な何かを発見できることが少なくなってしまいます。




あえて厳しい道を選択し、たちふさがる壁を越えることができれば、その中で、問題解決能力が高まり、今までにないヒントを発見して、自分にしかない大きなチャンスを手に入れることができます。




今、あなたが通ってる道はどんな道ですか?




小学生の頃に、あえて遠回りして帰ったことは誰でもあると思います。



大人から見れば、何でもないことも、その時は大冒険だったはずです。




そして、何か新たな発見があったはずですよね。




大人になり、社会人になり、同じことの繰り返しのような生活をしていればしているほど、楽な方、楽な方を選んでしまいがちです。




結果、周囲と自分との差別化が何一つできなくなり、その他大勢の1人として埋もれてしまう・・・。




ベテランの社員が、新人でも出来るようなことしかできない・・・。




ゾッ としますよね(笑)



『今、あなたが通ってる道はどんな道ですか?』



町創りの仲間をまだまだ募集中🎶
詳しくは過去記事見てね↓↓




↑このページのトップへ