皆さん、こんにちは。
いつも温かい応援、本当にありがとうございます。

この度、僕は新しい環境で走り出すことにしました。
アミューズには10代の頃からお世話になっていて、まだまだ未熟だった僕を長い間支えて頂きました。
アミューズで活動し経験できたこれまでのことは紛れもなく僕にとっての財産です。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

日々、目まぐるしく変化していく世の中で、これからの自分のこと、大切にしたいもの、沢山のことを考え、もっと果敢に新たなことにも、より自らの意思で挑戦していきたいと思い、新しい環境でのスタートを決意しました。

もちろん音楽も役者も精一杯、今まで以上に頑張っていきます!
環境は変わっても僕が追いかけているものは今までと何も変わりません。
応援してくださる皆さんと一緒に見たい景色はずっと心に描き続けています。

そして僕は今、燃えています。
この先で皆さんにより楽しんで頂けるものを届けられるように頑張りますので応援して頂けたら嬉しいです。
これからもよろしくお願いします!

皆さんへ。

昨年6月30日(日)の夜、大切なぱんくんが家族に抱きしめられながら天国に旅立ちました。
13歳5ヶ月でした。
なかなかお伝えすることができなくてすみませんでした。

6月30日のお昼頃に実家から、ぱんくんの容態がよくないと連絡があり、何も考えず急いで実家に帰りました。

突然のことだったようです。
少し前に様子に僅かな異変があったようで、病院に連れて行きお薬を処方してもらい、その日はご飯と一緒にお薬も飲んでくれたようですが、次の日からはご飯も欲しがらなくなり、心配なのでまた病院に連れて行ったら症状が悪化していると言われ、すぐに入院させたそうです。
ですが30日、担当医からまた症状が悪化していると言われたので病院まで僕も一緒にぱんくんの顔を見に行きました。
その時に、今夜が山場かも知れないと言われました。
突然のことに頭が混乱する中、家族で話をして、ぱんくんが一番好きで落ち着く家まで連れて帰ることにしました。

そしてその夜、ぱんくんは家族に見守られ抱きしめられながら天国へと旅立ちました。
あまりにも突然で心構えもできないまま、息もできないくらい悲しかったです。

夢か現実かわからない中、誰からとなく、ぱんくんが赤ちゃんだった頃の話や若くてやんちゃな頃の話や最近の話など、沢山の思い出を話していました。
ぱんくんはみんなにとって本当に大切な存在だったんだと思いました。

次に僕が実家に帰った時には、もう嬉しそうに尻尾を振って迎えてくれないのか、柔らかい毛並みにも湿ったお鼻にもかわいい肉球にももう触れないのか、一緒に散歩にも行けないのか、ビスケットももうおねだりしてくれないのか、とか・・・情緒不安定な時もありました。

でも、大丈夫です。
ぱんくんと過ごせた13年5ヵ月、ぱんくんはこれ以上ないくらいの笑顔や幸せをくれたから、だからぱんくんのことを思うと、心が温かくなり幸せな気持ちになるんです。

今でも抱きしめたくてしかたがありません。
でもそれは、悲しかったり絶望的な感じじゃありません。

ぱんくんと出会えて、同じ時間を過ごせて本当に幸せだったなと、ありがとうと心が温かくなるんです。
ぱんくんはいつでもそばに居てくれています。

ぱんくんは、今までもこれからも何にも代えられない大切な存在です。

ずっとずっと、心の中で抱きしめています。



ぱんくん。
僕たちのところに来てくれて、数えきれないほどの幸せをくれて、本当にありがとう。
いつまでも、いつまでも愛してるよ。



そして、今日はぱんくんが生まれた日です。
今まで通り、いつものようにケーキでお祝いします^ ^
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9161.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9149.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9150.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9151.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9152.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9160.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9155.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9156.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9157.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9159.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9158.JPG

皆さん、こんにちは。

1st Album「FLUFFY HOPE」の発売が近づいてまいりました!

いよいよ発売するということで、かなりドキドキしてます。

なんせ、僕にとっては全く初めてのフルアルバムですから。


思い返してみると、このアルバム制作はほんと過酷だったな。

ミュージカル『刀剣乱舞』の稽古開始から千秋楽までずっと同時進行で作っていました。

移動中は常に、刀剣のことも考えながら、歌詞とか曲のことも考えてて、頭がパンクしそうになってました。

いや、パンクしてたんじゃないかな。。。

正直、ハードスケジュールに心折れそうになった時もありましたね。

休みは本当に無かったし、
稽古終わり23時頃からレコーディングに行って朝8時ぐらいに終わって、お昼頃からまた稽古に参加したこともあった。

やっぱりミュージカル『刀剣乱舞』は初参加だったし、それで精一杯に感じることも多々あった。

でも、ずっと一緒にいた刀剣男士のみんなに元気をもらったり、
ずっと応援してくれていた皆さんからのメッセージや、
舞台の本番中、声援を送ってくれたお客さん達から力をもらって頑張ることができました。

そして、僕の音楽をずっと待っててくれる方達や、力を貸して頂いた全てのスタッフさんの支えがあって完成した1st Albumだと心から思ってます。

本当にありがとうございます!

ほんとにアルバムのリリースが決定できて良かった(>_<)


アルバムの中には、2、3年前ぐらいから温めていた楽曲もあったり、

僕が今までやってきた音楽活動の集大成とも言える自信作になりました。

そして、あのハードスケジュールだったからこそ出てきた言葉もあったような気がします。
良い意味でね。笑

それぐらい、120%で現在の僕が残せたと思う。


沢山の人に聴いてもらいたいな。


"FLUFFY"


"綿毛"のように、楽曲達が羽ばたいて、広がっていって欲しい。


そうなるように僕ももっと頑張らなくちゃね!


皆さん、是非、楽しみにしていてください!!

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6175.JPG









↑このページのトップへ