qLYmtpg6ed.jpg

8d1j0TlvSH.JPG

メガネ:
メガネにはそれぞれ「ストーリー」があります。
夜空にぽかりと浮かぶ月のように、フッと浮かんだイメージを元に、
写真を撮ったり、コーディネートしています。
ここではInstagramで撮ったメガネの別コーディネートや、メガネに対してもっと伝えたいことを、ゆるりと書いていきます。

Maison:KAMURO(カムロ)
宝石が大好きなSAKAIの店長が一目惚れしたメゾン"KAMURO"は、
ショップオーナーである禿 大悟(かむろ だいご)が「美・観・楽・遊」のコンセプトを軸に1996年に東京・銀座にオープンしたとても小さな眼鏡店が始まりでした。
試行錯誤を繰り返すうち、導き出された答えは、ヨーロッパ製の「楽しい眼鏡」をイメージし、
日本人の肌の色に合う色やトーン、そして骨格に合うサイジングの眼鏡を自分逹の手で生み出す事、ということでした。
幾つになっても女性は、可愛い物、綺麗な物が大好き!難しい理屈抜きで、とにかく「直感で!」女性の方に手に取って頂きたいメガネです。

Fashion:
三日月をイメージして作られたモデル、麗-Rei-。
月といえば、しっとりとした、どこか、女性的な神秘的さがありますよね。
フロントのゴールドに合わせて、アクセサリーのネックレスもゴールド×パール、カットソーもゴールドラメのボウタイニットを選んでみました。
パールは、金色夜叉より、お宮と貫一の涙をイメージです。
リップは、黒に合わせて、赤です。
黒赤の組み合わせこそ、大人の女性!という感じ。
しっとりとした、大人の色香漂う雰囲気に仕上がるメガネです。

Book:尾崎紅葉「金色夜叉」

Rxts0bIecS.jpg

尾崎紅葉「金色夜叉」より

「来年の今月今夜になったらば、僕の涙で必ず月は曇らして見せるから、
月が……月が……月が……曇ったならば、宮さん、
貫一は何処かでお前を恨んで、今夜のように泣いていると思ってくれ。」

月といえば、やはりこの名言!
尾崎紅葉の、金色夜叉!
といいつつ、画像は、文豪ストレイドッグスの尾崎紅葉です。笑
しかもポートマフィアだから、強いのなんの。
話を戻して。
尾崎紅葉の金色夜叉は要約すると、自分の許嫁がお金に目が眩んで、他の人と婚約してしまうお話なんですよね。
熱海の海岸で、お宮を足蹴にする貫一の絵が印象的でしょうか。
月に纏わる文学小説より、でした。

Lip:ANNA SUIレッド

このメガネの別コーディネートver.は、なぎさInstagramをご覧ください。
→→→

*メガネ:J.F.Rey / J.F.Rey BOZ
*福井県福井市の眼鏡店 face & wrist gallery SAKAI
福井県福井市春山2-5-20
0776-22-1728