_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2755.JPG

yMUYqt3DS4.jpg

fjMXcKjl3U.jpg
megane:
メガネにはそれぞれ「ストーリー」があります。
夜空にぽかりと浮かぶ月のように、フッと浮かんだイメージを元に、
写真を撮ったり、コーディネートしています。
ここではInstagramで撮ったメガネの別コーディネートや、メガネに対してもっと伝えたいことを、ゆるりと書いていきます。

Maison:KAMURO(カムロ)
宝石が大好きなSAKAIの店長が一目惚れしたメゾン"KAMURO"は、
ショップオーナーである禿 大悟(かむろ だいご)が「美・観・楽・遊」のコンセプトを軸に1996年に東京・銀座にオープンしたとても小さな眼鏡店が始まりでした。
試行錯誤を繰り返すうち、導き出された答えは、ヨーロッパ製の「楽しい眼鏡」をイメージし、
日本人の肌の色に合う色やトーン、そして骨格に合うサイジングの眼鏡を自分逹の手で生み出す事、ということでした。
幾つになっても女性は、可愛い物、綺麗な物が大好き!難しい理屈抜きで、とにかく「直感で!」女性の方に手に取って頂きたいメガネです。

Fashion:
濃紺のレースのカットソーに、ピンク×パールの女性らしさを演出してくれるメガネを合わせて、
リップは秋を意識して、葡萄色のリップを選んでみました。
アイラインも少し長めで、猫のように気まぐれでミステリアスな女性像を演出です。

Book:谷崎潤一郎「春琴抄」

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2756.JPG

お師匠様。
私は「めしい」になりました。
もう一生涯、お顔を見ることは、ござりませぬ。

佐助、それはほんとうか。

ほんとうの心を
打ち明けるなら
今の姿を、
外の人には見られても
お前にだけは、見られとうない。

それをようこそ
察してくれました。

ここでも繰り返し書いている通り、わたしは谷崎作品が大好きだ。
共とすれば、単なる日活浪漫ポルノになり得ない世界観を、
きっちり文学作品として昇華させる谷崎の手腕が毎度ながら素晴らしいと感じる。

春琴抄は、盲目の三味線奏者・春琴に丁稚の佐助が献身的に仕えていく物語。
ふとしたことがきっかけで、熱湯を浴びせられ、
顔に大やけどを負ってしまった春琴。
その春琴の顔を「一生涯見ないため」に自らも「盲人」となる生を選択する佐助。
マゾヒズム小説と名高い。

自らも「盲人」の生を選択する佐助の姿に、
「幸せ」の価値観は人それぞれ、と感じる。
春琴と佐助の間には何人か子供が出来るけれど、
亡くなった後も、少し離れたところに別々のお墓を持つ二人。
結局、死後も、師匠と弟子という関係性は変わらなかった二人。
ここでもまた人生の価値観は「結婚」と「子育て」だけではないということを感じる。
愛する人が例えどんな姿になったとしても、その人を一途に愛し続ける。
盲人になった佐助のまぶたの裏には、いつまでも綺麗なままの「春琴」が存在している。
「佐助」のひたむきな姿に、わたしは心打たれるものを感じた。



Lip:ANNA SUI

*メガネ:KAMURO(カムロ)
*福井県福井市の眼鏡店 face & wrist gallery SAKAI
福井県福井市春山2-5-20
0776-22-1728