m7XSjLvCLi.jpg

megane:
メガネにはそれぞれ「ストーリー」があります。
夜空にぽかりと浮かぶ月のように、フッと浮かんだイメージを元に、
写真を撮ったり、コーディネートしています。
ここではInstagramで撮ったメガネの別コーディネートや、メガネに対してもっと伝えたいことを、ゆるりと書いていきます。

Maison:KAMURO(カムロ)
宝石が大好きなSAKAIの店長が一目惚れしたメゾン"KAMURO"は、
ショップオーナーである禿 大悟(かむろ だいご)が「美・観・楽・遊」のコンセプトを軸に1996年に東京・銀座にオープンしたとても小さな眼鏡店が始まりでした。
試行錯誤を繰り返すうち、導き出された答えは、ヨーロッパ製の「楽しい眼鏡」をイメージし、
日本人の肌の色に合う色やトーン、そして骨格に合うサイジングの眼鏡を自分逹の手で生み出す事、ということでした。
幾つになっても女性は、可愛い物、綺麗な物が大好き!難しい理屈抜きで、とにかく「直感で!」女性の方に手に取って頂きたいメガネです。

Fashion:
濃紺のワンピースに、まるで長崎の五島で出逢った教会のステンドグラスのようなメガネを合わせてみました。
リップは、ANNA SUIの深紅のレッドを合わせて、
ハッと目を奪われるような、大人の女性の色気を演出してみました。

Book:楠本まき「Kの葬列」

qvGD0N7BUQ.jpg
丘の上で弔いの鐘が鳴っている。
夢の亡霊に、取り憑かれちゃったのよ。

時々ここでも取り上げることの多い、
敬愛して止まない、クリエイター、楠本まきちゃんの一冊。
後者の言葉は、文学がアイデンティティであるわたしが、
珍しく「大切な人」に選んでもらった言葉。
理性と感性の狭間で、
うつろいながら時を刻む彼の言葉は、
わたしが、まったく選ばない「言語」だった。
そうか、これがあの人の見ている世界なのか。
後にも先にもそれは、意味のある、新鮮な一文となった。

この本に出逢ったのは、わたしが10代の頃。
随所に散りばめられている、マザーグースの言葉、
そしてルドン、梶井基次郎へのオマージュを感じるその世界観に、一瞬で虜になった。
いつかまきちゃんの世界に住んでみたい。
そう思いながら、大人へとひた走り、
今に至っているように感じる。
ときどき思い出したように、何かに浸りたいときに、今でもKの葬列を開いている。
行間のなかに鬱々として息づいている、
10代の頃の「わたし」に出逢えるような気がして。

Lip:ANNA SUI

*メガネ:KAMURO(カムロ)
*福井県福井市の眼鏡店 face & wrist gallery SAKAI
福井県福井市春山2-5-20
0776-22-1728