0u6KZmJxZm.jpg

megane:
メガネにはそれぞれ「ストーリー」があります。
夜空にぽかりと浮かぶ月のように、フッと浮かんだイメージを元に、
写真を撮ったり、コーディネートしています。
ここではInstagramで撮ったメガネの別コーディネートや、メガネに対してもっと伝えたいことを、ゆるりと書いていきます。

Maison:KAMURO(カムロ)
宝石が大好きなSAKAIの店長が一目惚れしたメゾン"KAMURO"は、
ショップオーナーである禿 大悟(かむろ だいご)が「美・観・楽・遊」のコンセプトを軸に1996年に東京・銀座にオープンしたとても小さな眼鏡店が始まりでした。
試行錯誤を繰り返すうち、導き出された答えは、ヨーロッパ製の「楽しい眼鏡」をイメージし、
日本人の肌の色に合う色やトーン、そして骨格に合うサイジングの眼鏡を自分逹の手で生み出す事、ということでした。
幾つになっても女性は、可愛い物、綺麗な物が大好き!難しい理屈抜きで、とにかく「直感で!」女性の方に手に取って頂きたいメガネです。

Fashion:
ピンクの可愛い眼鏡フレームが、
どこか「蝶」のようだったので、
「可愛さ」をテーマに、ピンク系のポロシャツと、
赤い華やかなシャンタン生地のスカートを合わせて。

Book:京極夏彦「魍魎の匣」

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2046.JPG
「啼くのです。」
「啼く、と……?」
「懊悩が、啼くのです―――。」


祖母が亡くなったので、急ぎ帰省した。
白河夜船で昔の夢を見ていると
いつのまにか、
前の座席に、男が一人、
座っていた。

「ああ、そんなに長くはない。
それは、いい。
きっと、そうしよう。」

「ほう、」

「聴こえましたか。
誰にも云わないでくださいまし」

男はそう云うと匣の蓋を持ち上げ、
こちらに向けて中を見せた。
匣の中には綺麗な娘がぴったり入っていた。

「ほう、」

ああ、生きている。
何だか酷く、
男が羨ましくなってしまった。


冒頭、敬愛してやまない江戸川乱歩の押絵と旅する男を彷彿とさせるこの作品。
あの日、このアニメを観て、
「彼岸」へと旅立ってしまったわたしは、
京極ワールドに魅せられてしまい、
それ以来、還って来ていないように思う。
そして好き過ぎて、もはや、語り尽くせないこの作品。

脳髄の下りは、さながら、
夢野久作のドグラ・マグラのよう。

「幸せになることは、人をやめること。」

京極堂は、云う。
わたしも、何だか酷く、
男が羨ましくなってしまった。

Lip:エスティローダー

*メガネ:KAMURO(カムロ)
*福井県福井市の眼鏡店 face & wrist gallery SAKAI
福井県福井市春山2-5-20
0776-22-1728