_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6425.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6426.JPG

メガネ:KAMURO(カムロ)

メガネにはそれぞれ「ストーリー」があります。
夜空にぽかりと浮かぶ月のように、フッと浮かんだイメージを元に、
写真を撮ったり、コーディネートしています。
ここではInstagramで撮ったメガネの別コーディネートや、メガネに対してもっと伝えたいことを、ゆるりと書いていきます。

Maison:KAMURO(カムロ)
宝石が大好きなSAKAIの店長が一目惚れしたメゾン"KAMURO"は、
ショップオーナーである禿 大悟(かむろ だいご)が「美・観・楽・遊」のコンセプトを軸に1996年に東京・銀座にオープンしたとても小さな眼鏡店が始まりでした。
試行錯誤を繰り返すうち、導き出された答えは、ヨーロッパ製の「楽しい眼鏡」をイメージし、
日本人の肌の色に合う色やトーン、そして骨格に合うサイジングの眼鏡を自分逹の手で生み出す事、ということでした。
幾つになっても女性は、可愛い物、綺麗な物が大好き!難しい理屈抜きで、とにかく「直感で!」女性の方に手に取って頂きたいメガネです。

Fashion:
帽子:Hirata Akio
ブラウス・スカート:Jane Marple

いつも仲良くして頂いている、メガネcafeのあゆみちゃんが、なぎさちゃんに似合うと思う!
と、Hirata Akioのレディライクなお帽子をプレゼントしてくれた!
10代の頃から今まで変わらず大好きなJane Marpleのお洋服で、中世の貴族をテーマにコーディネートしてみました。
手持ちの、初期のVictorian maidenのワンピースにも似合いそう!
メイクはピンク系で統一して、
メガネは、お帽子に合わせて、プルメリアを選んでみました。
カムロは、上品で知的、そしてどこか、貴族的な雰囲気に仕上がるメガネですね(^ ^)

Book:花物語 / 吉屋信子


10代の頃に、友人の薦めで読んだ一冊。
カムロは、お花や自然をモチーフにしたメガネが多いので、あえて花物語を選んでみました。
友愛関係、が主題となっている本作ですが、後半の方は、少女同士の恋愛模様が色濃くなっていたように記憶しております。
10代の頃の恋愛観は、まだ憧れの延長にあるようなものだったりします。
「マリア様が見てる」がお好きな方なら、吉屋信子の世界観を受け入れられる方が多いのでは、と感じます。


Lip:YSL No.13
めがねに合わせて、ピンク系でアイシャドウも統一。

このメガネの別コーディネートver.は、なぎさInstagramをご覧ください。
→→→


*メガネ:KAMURO
*福井県福井市の眼鏡店 face & wrist gallery SAKAI
福井県福井市春山2-5-20
0776-22-1728